イマジン

昨日久しぶりにおテレビ様をつけてみていたら、気持ちが悪くなって寝てしまった。

で、こんな夢を見た。

c0139575_21485278.jpg

ソーメン握手

c0139575_21493418.jpg


c0139575_21495131.jpg


c0139575_21501926.gif


c0139575_22583520.jpg

c0139575_449373.jpg

c0139575_22591439.jpg


c0139575_21504126.jpg

c0139575_21505873.jpg



想像してごらん 天国なんて無いんだと
ほら、簡単でしょう?
地面の下に地獄なんて無いし
僕たちの上には ただ空があるだけ
さあ想像してごらん みんなが
ただ今を生きているって...

想像してごらん 国なんて無いんだと
そんなに難しくないでしょう?
殺す理由も死ぬ理由も無く
そして宗教も無いさあ想像してごらん みんなが
ただ平和に生きているって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
きっと世界は1つになるんだ

想像してごらん 何も所有しないって
あなたなら出来ると思うよ
欲張ったり飢えることも無い
人はみんな兄弟なんだって
想像してごらん みんなが
世界を分かち合うんだって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
そして世界はきっと1つになるんだ

c0139575_428591.jpg


c0139575_2154996.jpg


c0139575_21542361.jpg


c0139575_21544998.jpg


c0139575_21555339.jpg


世界は一つって、仕切るのは911の首謀者たちだぜ。

c0139575_232181.jpg


c0139575_22334426.jpg


c0139575_21571998.jpg


c0139575_21573451.jpg


c0139575_21582172.jpg


c0139575_22145410.jpg


c0139575_22151796.jpg


<総括>

●徴兵の目的は脅迫によって政府は万能であるという確信を教え込むことにある
 
徴兵あるいは他の類似の制度のそもそもの目的は、脅迫によって、社会の若い男性に政府は万能であるという、いわれなき確信を教えこむことにある。彼はまもなく、祈りが時間をかけてやっていたことを、一発の弾丸が一瞬のうちにドンデン返しにしてしまうことをを教わる。<徴兵>

c0139575_2227298.jpg


●徴兵については次のように定義できる
 
【徴兵】(志願兵など)は、中年と老年が若年を公共の汚れた仕事に強制的につかせる目的をもって考案された、強制的集団犠牲と奴隷の制度である。それは若者を年長者と同じように有罪とし、若者による年長者批判を極力抑えつける作用を果たす(世代安定剤)。それは、「愛国的・国民的」サービスというラベルを貼られ、おおやけにマーケットに出され販売される。<徴兵>

c0139575_22473632.jpg


●徴兵の成功には脅迫が本質的に重要である

徴兵の成功には、ほかの人間社会機構のように、あれこれの形の脅迫(または刺激)が本質的に重要である。物理学の作用反作用の原理は、内的なサブ・システムにも外的なサブ・システムにも適用されなければならない。徴兵にあたって、確実に個々人を洗脳しプログラムに組み込むには、家族と同僚グループの双方ともを巻き込んで統制下に置かれなければならない。<実施のファクター>

●広告メディアは父になるべき男が尻に敷かれる存在になるように膳立てする
 
家族もちの男を、確実に息子に正しい社会訓練と態度を身につけさせて成長させるように躾けなければならない。広告メディア等は、父になるべき男が結婚する以前、少なくとも結婚するまでには、尻に敷かれる存在になるように膳立てすることにかかりきっている。彼は教えられる、自分は自分用に打ち込まれた社会のクサビに順応するか、性生活の両脚を縛りつけられるかであることを、そして、やさしい仲間づきあいはゼロになることを。彼は見させられる、女たちは論理的、原則的で尊敬に値する行動よりも安定を要求するものだということを。息子が戦争に行く時までに、父親(骨抜きにされてクラゲのようになっている)は、自分の同僚たちに非難の目を向けられないうちに、また、彼個人の意見や自尊心の殻を破って偽善者とならないうちに、息子の手に銃を渡すだろう。息子は戦争に行くか、父親が当惑するか。それでも息子は戦争に行くだろう、戦争の真の目的がどこにあるのかを知らずに。<実施のファクター>

c0139575_22373013.jpg

c0139575_22375175.jpg

c0139575_2240513.jpg

c0139575_22402122.jpg

c0139575_22403599.jpg


●順応性を植えつけるには育児センターを運営しなけれはならない

このような順応性を達成するためには、下層階級の家族を両親の共働きが増える過程で分解し、面倒を見る人間がいないみなし子たちを、政府機関が日常的に世話するセンターを運営しなければならない。<エネルギー>

c0139575_22435359.jpg

c0139575_22441035.jpg


●洗脳教育は早いうちから行うほど良い
 
生まれたての子どもをもつ女は、幸福で目が輝きすぎて、富者の大砲の材料も奴隷労働の安価な源泉も見分けがつかない。しかしながら、女は、遅かれ早かれやってくる「現実」の変移を受けいれることに慣らされなければならない。その変移にはどうにも処し切れなくなるほど、家族という単位をとことん破壊しなければならず、国家は公教育をコントロールし、国営の保育センターをさらに増設し、父母が子どもを早い時期からそこへ〝派遣〟させるよう義務づけなければならない。洗脳教育は早いうちから行うほど、子どもたちの変移の速度を(強制的に)上げることができるのである。<実施のファクター>

c0139575_0164836.jpg


c0139575_22153748.jpg

c0139575_22495029.jpg

c0139575_4584414.jpg


c0139575_4425971.jpg

c0139575_4431872.jpg

c0139575_4521227.jpg


c0139575_523351.jpg


c0139575_22515370.jpg

c0139575_22527100.jpg

c0139575_2364760.jpg


気持ちが悪くなって目が覚めた。
[PR]

by oninomae | 2010-12-09 22:00 | 戦争詐欺・紛争  

<< マドレーヌ・オールブライトの言... WikiLeaksを巡る疑念は... >>