ウォールストリートを運営するユダヤ人 たち By Brother Nathanael Kapner

ウォールストリートを運営するユダヤ人 たち By Brother Nathanael Kapner November 10, 2010

c0139575_19284192.jpg


『ユダヤ人とマネー-定型概念物語』というのは、名誉毀損防止同盟のディレクター、アブラハム・フォックスマン[Abraham Foxman]による新しい本の題名である。

c0139575_19263763.jpg

c0139575_19295512.jpg


強力なユダヤ人たち、ロウズ社のアンドリュー・ティッシュ[Andrew Tisch]や、ニューズコーポレーションのルパート・マードック[Rupert Murdoch](母がユダヤ人)は、 「べた褒め」の書評で絶賛した

“Foxman’s books serves as an important wake-up call – alerting readers to continuing prejudice and stereotyping of Jews, both positively and negatively, which swirls around the mainstream of American culture. Jews and Money takes readers through an easy-to-digest and informative journey, documenting the origins and growth of bias and bigotry against Jews from the birth of Christianity through current time, focusing on the subtle as well as blatant forms of prejudice today, and the role of the media and the internet.”
-- Andrew Tisch, Co-chairman, Loews Corporation

c0139575_23153083.jpg


“Abe Foxman looks at some long-standing stereotypes about Jewish people that have no place in the business world, or any world for that matter. He provides important information that will educate others, combat bigotry, and promote religious and economic freedom.”
-- Rupert Murdoch,
Chairman & CEO, News Corporation

c0139575_23115629.jpg



もちろん、キリストを憎むユダヤ人、アンドリュー・ティッシュは、 貪欲な両替商としてユダヤ人たちを定型化する源であり加害者であるとして、キリスト教を攻撃した

フォックスマンの本の背後にあるすべてのこのまやかしは、不均衡な量の富とコントロールを所有しているユダヤ人たちについての「定型概念(固定観念)」が「虚偽で危険」であるとゴイムに納得させるためのものである

c0139575_4412162.jpg


しかし、ユダヤ人の片言(無駄口)に左右されない我々は、我々の顔面にギラギラ照りつける事実を単純に理解する。それは何気ない観察者でさえ、ユダヤ人たちが巨大な量の富を所有しており米国の億万長者の48%はユダヤ人たち)、そしてそれを政治家たち世論を買うために使っていると確信させるものである。 (訳注:もちろん、大元にイルミナティ金融詐欺がありますからね)

c0139575_7374755.jpg


この多頭のユダヤのマネー怪獣の蛇の巣は、モルガンロックフェラー、そしてメロンのような名前は、もはや見いだされなくなった*ウォール街で発見される。 (*訳注:はっきりとした「ユダヤ人」が前面に出てきただけで、米国では特にロックフェラー一族が指揮者の位置にあることは変わらないと思われる)

c0139575_1938146.jpg

c0139575_5302045.jpg

LLoyd Blankfein


「非ユダヤ人」(「」は訳者)銀行家たちのこの古い世界環境は、いまやブランクフェイン、ルービン、そしてワイルのような名のユダヤ人たちの新世界秩序で置き換えられつつある。 (訳注:大筋ではそういうことなのでしょう)

c0139575_5332281.jpg


ウォール街のユダヤ人たちは、ホワイトハウスと議会を運営しているのみならず、米国の納税者たちのマネーがどこに行くべきかも決定する:つまり救済を通して自分たちに、あるいは、以前の米国工場がいまや中国やインドに設置されることを支持する彼等の海外投資へと

c0139575_19405956.jpg


サンフォードと息子たち

ウォール街の 「ゴッドファーザー」として知られているサンフォード・ワイル[Sanford Weill]は、 ロバート・ルービン[Robert Rubin]、ジェイミー・ダイモン[Jamie Dimon]、ロイド・ブランクフェイン[LLoyd Blankfein]、そしてスティーブン・フリードマン[Stephen Friedman]を含む多くのユダヤ人の弟子たちを生み出した

ワイルは彼の銀行業歴を、1955年に、ベアースターンズの「運用者」として開始した。彼は1983年、アメリカン・エクスプレスの社長になり、そして買収を通して、巨大保険会社トラベラーズ・グループを作り出した

ワイルは、1998年にシティコープとトラベラーズを合併させた。その時、アラン・グリーンスパン及びロバート・ルービンとともに、ユダヤ的金融侵略に対して保護していた法律であるグラス・スティーガル法を廃止するようクリントンを「確信」させた

c0139575_20141358.jpg

c0139575_6242065.jpg

c0139575_6244664.jpg


その合併は、ワイルが名誉会長として支配し続けるシティグループと名付けられた世界最大の金融機関を作り出す権限を与えた。

c0139575_1951539.jpg


ホワイトハウスの中の彼の強引な駒たちを通して、ワイルはすぐに「ビル・クリントンを買い、グラス・スティーガル法を打ち砕いた銀行家」として札付きとなった

サンフォード・ワイルはまさに、コーネル大学で彼の富を投入することにより、友人を勝ち取り、学生に影響を与えるために、いかに彼のマネーを使うかを知っていた。 巨額のマネーが感謝されないことを許すことなく、コーネル大は、彼らの医学校を彼にちなんで命名し、彼らのユダヤ人後援者に報いた[Weill Cornell Medical College of Cornell University]。

c0139575_1853511.jpg

c0139575_18523042.jpg

c0139575_1985530.jpg


さらなる感謝さえ示して、その大学は理事会の会長にワイルを任命した

c0139575_1931460.jpg

c0139575_1933744.jpg


c0139575_1915069.jpg

AIDS Research Past and Future An Interview with Jeffrey Laurence, M.D.
Dr. Laurence in his lab at Cornell University's Weill Medical College


言い換えれば、ユダヤ人とマネーの「定型概念」の信用を落とすことは、本を売る巧妙な方法である。

しかし、事実と名前の現実世界に生きている我々は、誰がマネーを持っていて、いかに彼らがそれを使うかについて、我々自身の意見を形作る。

c0139575_19541954.jpg

c0139575_6453545.jpg


営業中のいんちき弁護士たち

1966年にゴールドマン・サックスに参加しロバート・ルービンスティーブン・フリードマンの両者は、ユダヤ人ネットワークを介して、上方移動の経歴を保証された。

まもなく、ルービンとフリードマンはゴールドマンの会長職を共有し、ついで、国家経済評議会のディレクターとしての任務に就いた。ルービンはクリントン政権で、そしてフリードマンはブッシュ政権で

c0139575_2322650.jpg

c0139575_233218.jpg


彼らの並行した細道は、国政の上層領域に彼らをつれていくだろう。それは、ユダヤ人銀行ギャングたちが米国の政治生活を享受する基本的な権力を実証している。

c0139575_235124.jpg


2008年1月、フリードマンは、誰のところに納税者たちのマネーが行くかを決定する、ウォールストリートと密接に関係した支部、ニューヨーク連邦準備銀行の議長となった

c0139575_2003633.jpg


フリードマンが2008年から2009年ニューヨーク連銀の議長をしていた間、彼は同時にゴールドマン・サックスの取締役会に所属していた。

インサイド情報を介してゴールドマンサックスの株式50000株を買ったとばれた後、最終的に「二重国籍者」であると暴露されたとき、フリードマンは、「利害の抵触」を言い訳にして連銀を辞職した

しかし、2009年、いかなる法的結末にも免疫を持って(ユダヤ人たちは特別な法的地位を享受している)、ニューヨーク連銀の議長として務めながら、フリードマンはまた、オバマの外国諜報諮問委員会の議長をしていた

ユダヤ人の定型概念にもかかわらず、ユダヤ人の富裕なエリートたちのその名前と事件を知っている我々は、エイブ・フォックスマンが我々に強いるだろうようなユダヤ人の粉飾を購入したりはしない。

c0139575_440239.jpg


はい、確かにフォックスマンさん。

c0139575_4485071.jpg

c0139575_747870.jpg


ウォールストリートの貸金庫は、非常に高い地位を約束するようにとの彼らの影響力をもたらすユダヤ人たちのドルで溢れている・・・

c0139575_7472776.jpg


c0139575_4561878.jpg


c0139575_2332610.jpg


c0139575_01311.jpg


The simpsons code
http://www.youtube.com/watch?v=sILriBhJr2M&feature=player_embedded

UPDATE the simpsons code
http://www.youtube.com/watch?v=v_qbmgmg8MY&feature=player_embedded


For More See: Jewish Supremacism & The Death Of American Labor Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=553

And: Jews Wage War On The Middle Class Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=562

And: Obama’s Finance Reform - Jewish Bankers Win Again Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=497

And: Goldman Sachs Jews Do Greece - (America Too)… Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=482


元記事は

THE JEWS WHO RUN WALL STREET By Brother Nathanael Kapner
http://www.realzionistnews.com/?p=571


c0139575_2042012.jpg



関連

物々交換システムついに公開します
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-666.html エントリー666だって(笑)

くほほほほほ

本当に。本当に!!フォロー宜しくお願いします。

++

まあ、うちでもこんなのがありました。

カバリスティック 9.11
http://satehate.exblog.jp/9680666/


おまけ

世界に詐欺をぶちかましている人たち(実名付まとめ、 Q&A)

「Jews」 did 9/11
Israel did 9/11, ALL THE PROOF YOU NEED
http://jewishcrimenetworkdid911.blogspot.com/

http://vimeo.com/15502015

この新しいページは詳しい。今や、誰でもみんな知っている!?

ところで、

c0139575_0245112.jpg

何がゼロなの? 真犯人への言及? それとも、あなたの運命?


誤魔化しの「追究者」はこのページには触れないよね。たぶん。「デイリー・プラザよ永遠に」ってのを思い出します。 (あまり載せたくはないけれど、「マスコミ、金融界を経て、1990年から環境問題の解決をライフワークに。911事件をきっかけにグローバルピースキャンペーンを立ち上げ、米紙への全面広告やハリウッドへのビルボードを実現・・・」 うーーん?まあ、しょうがないか。立場もあることだし・・・他の「ゴイム」よりはましだということで)


「かれらは成功した。

多くの暗殺説に熱心な人々は、いまだデイリー・プラザに焦点を合わせている


このオリジナルページは突然消えました。Clifford Shackさんが心配です。
[PR]

by oninomae | 2010-11-22 20:05 | 金融詐欺  

<< イルミナティ・ユダヤ人たちがホ... 食料自己生産もゼロにしろ! >>