ロックフェラーとソトメイアーはイルミナティ・ユダヤ人か?  by Willie Martin

ロックフェラーとソトメイアーはイルミナティ・ユダヤ人か?  by Willie Martin July 29, 2009

c0139575_2225278.jpg

ほとんどの人々によって見過ごされていて、主としてユダヤ人社会内で販売するために出版された一冊の本が、ロックフェラー一族は(スペインとポルトガルのユダヤ人たちを意味する)セファルディ・ユダヤ人の子孫であると述べている(訳注:下のコメントで重要な疑問提示あり)。その作品は数年前に、ユダヤ人たちだけのために出版された。その作品はユダヤ人の歴史家マルコム・H・スターン[Malcolm H. Stern, 1915-1994]によって編成され、『ユダヤ子孫のアメリカ人たち[Americans of Jewish Descent]』という題名が付けられた。

c0139575_2341338.jpg

その本は10ポンドの重さがあり、25000名のアメリカのユダヤ人個人の歴史を与えた。その本はほんの550冊が印刷され、そして各々に連番が付けられていたことは、非常に興味深い。

c0139575_22251648.jpg

(ジェイ・ロックフェラー)

その本は、取引を行い、「マラーノ」(彼らの社会で、キリスト教徒であると「装う」が、彼らの同類の中では、秘密裡に彼らのユダヤ信仰と人種を保持するユダヤ人たち)であるユダヤ人たちとコンタクトをとるときの彼らの個人的な参照のために、アメリカの高位のユダヤ人社会の指導者たちに届けられた。

スティーブン・バーミンガム[Stephen Birmingham]は、『貴紳たち[The Grandees]』のなかで報告している:

c0139575_23444035.jpg

「誰がその本の中でロックフェラー一族を発見すると期待するだろうか。」  ステルンの作品は、彼が 「ユダヤの貴族-スペインとポルトガルのその土地のプリンスとして住んでいたセファラディム」 と呼ぶものを追跡している。

何世紀も前に、そのユダヤ人たちは、大量にスペインに殺到し、高利貸しと密かなやり方を通して巨大な土地所有者たちになった。そのユダヤ人たちは、その国の財政上の独占を介して、スペインとポルトガル両者をコントロールした。 スペインのフェルディナンド王とイザベラ女王が、彼らの国から、そのユダヤ人たちを追放し、彼らの不正手段で得た富を没収したのは1492年であった。 (蛇足:フランスで、フィリップ王が、ユダヤ人を徹底追放し始めたのが1306年6月21日、テンプル騎士団を弾圧し始めたのが1307年10月13日)

ロックフェラー一族が、その当時はユダヤ人たちを、「哀れな迫害された人々」として歓迎したトルコ帝国に移住したのは、この期間中であった。我々の元副大統領ネルソン・ロックフェラーの祖父は、彼の家族がかつてトルコからフランスへ移住したことを認めた彼らがアメリカへ移住したのはフランスからであった

ジョン・D・ロックフェラー・シニアは、彼らの家族を世界で最富裕のものの一つにしたスタンダードオイル社を彼が乗っ取った以前でさえも富裕な人物であった。如何にしてこの家族が、フランスからアメリカに到着するやいなや、そのような富者になったのか、誰もかつて説明したことはない。如何にしてロックフェラー一族がフランスで巨大なマネーを受け継いだのかに関する知られた情報はない。

あるものは、彼らがロスチャイルド家から彼らのマネーを受け取り、そして彼らは元もとアメリカでのキリスト教徒のビジネスを買い取る彼らの代理人であったと考えている。「マラーノ」とは、彼らのビジネス取引においてキリスト教徒を騙すためにキリスト教に改宗することを「装う」が、秘密裡には私的な儀式でユダヤ教を実践し続けるユダヤ人たちのことである。


この理由故に、ロックフェラー一族のようなマラーノ一族は、何世紀にも渡って彼らの仕事を実行するために秘密の代理人たちを使ってきたフランスのロスチャイルド一族の完璧な道具となるだろう。

c0139575_23283474.jpg

c0139575_23333377.jpg

c0139575_23335383.jpg

c0139575_2329287.jpg

c0139575_23293013.jpg

c0139575_23295059.jpg

c0139575_2330458.jpg

c0139575_23385784.jpg

c0139575_23392239.jpg


c0139575_22265472.jpg

(エルサレムのロックフェラー博物館)


c0139575_0492169.jpg


『サンダーボルト』が、副大統領ネルソンロックフェラーのユダヤ人先祖について公的注目をもたらした最初の出版物であった。 この情報は、なぜ彼が常にユダヤ人の利益とそれほど密接に働くことが出来てきたのか、そしてなぜ彼のニューヨーク知事としての執行部が上から下までユダヤ人たちで満載されていたのかを、最終的に説明する。

彼の過去の政治的運動は常にユダヤ人たちによって指導されていたし、彼は常に、すべての彼の政治的選挙戦においてユダヤ社会の支持者であった。 通常、ユダヤ人たちは、政治的執務室へと、キリスト教徒の超富豪を支持しないだろう。なぜなら、彼らは選挙後に彼をコントロールできないことを恐れるだろうから。

ユダヤ社会の指導者たちが、長きにわたりロックフェラー一族は仲間のユダヤ人であったことを知っていたという事実は、なぜ組織的ユダヤ社会が常にロックフェラーの政治的野望を支持してきたかを説明するのに大いに役立つ。 

今や我々は、なぜネルソンとデイヴィッド・ロックフェラーが、彼らの仲間のユダヤ人ヘンリー・キッシンジャーをニクソン政権に押し込み、今度は順番にキッシンジャーが彼の地位を使って、彼の仲間のユダヤ人ロックフェラーを権力の座に就けたかを理解出来る。

c0139575_024726.jpg

c0139575_014198.jpg

http://www.israelect.com/reference/WillieMartin/NEWS-11.htm

------
身分政治: ソトメイアーはラテン人、それともイルミナティ・ユダヤ人? - 読者は尋ねる

c0139575_2229431.jpg

ソニア・ソトメイアー[Sonia Sotomayor]は最高裁判所に就任するように思われる;その女性は、カトリック教徒としてそだてられたが、しかし、彼女の大学生活の間、ラテン系の組織に所属し、彼女を除いて皆日曜日の礼拝に行っていた-これは言わせてもらうならば、もう一人のおしゃべりな女であるナンシー・ペロシ[Nancy Pelosi]の同類の部屋の中のエコーのように響く;イディッシュ語を流暢に話し、しかしこのイタリアの女はイタリア語を話せない-法王は知っていて、彼は笑顔を浮かべて15分のインタビューを彼女に与えた。

c0139575_22382218.jpg

http://www.fourwinds10.com/siterun_data/history/zionism/news.php?q=1258054347

c0139575_2247349.jpg

c0139575_22454497.jpg

c0139575_027346.jpg

ソニアの一族は、1400後半のスペインに由来し、そしてその後ポルトガルに逃がれた;その後、数百年以上に渡ってチリ、プエルトリコ、米国にいた。

世界のセファルディ・ユダヤ人のすべての名を挙げており、検索するだけでよい一つの非常に特殊なWebサイトhttp://www.sephardim.com/がある: Soto、Mayor、Sotomayor、そして彼女の母親のミドルネームであるBaez; 彼女と彼女の母親の写真における分かり易い見かけはいうまでもなく。

これは、すべての権力の重要な地位に人々を積み重ねている一つの悪魔的運動である。

c0139575_22352487.jpg

c0139575_22494994.jpg

このすべては、彼が実際に一人の[サバティアン]ユダヤ人であったと、最終的には、数年前に隠し戸から出てきたヒュー・ヘフナー[Hugh Hefner]と呼ばれた善きカトリックの男性を連想させる。

c0139575_22344068.jpg

See also "Sotomayor and the Crypto Jew"
http://www.badeagle.com/2009/06/07/sotomayor-and-the-crypto-jew/

c0139575_22392615.jpg


-----
もう一人の別の読者:

「ソトメイアーは、ポルトガルの強力な銀行家一族である・・・
すべてのソトメイアーは、何らかのやり方で、その銀行帝国に繋がっている。」


c0139575_22413057.jpg

(プエルトリコの女の子)

------
メイコウのコメント:彼女は子供なしで離婚した。 彼女は、イルミナティ(同性愛)ボヘミアン・グローブを手本にした女性だけの(レズビアン?)「ベリーズ・クラブ」の一員である。

-------
もう一人の別の読者: ティシャ・バヴ[Tisha Bav]、もう一つの古代のユダヤの休日は、最も神聖なサバティアンの祝祭である。なぜならそれはまた、ボヘミアン・グローブとと軌を一にして、サバタイ・ゼーヴィ(ツヴィ)の誕生日であるとも言われているからである。そして、ティシャ・バヴでのサバティアンの儀式は、様々なセックス儀式、夫婦交換、そして近親相姦を含むことが知られている。

アンテルマン[Antelman]は、多くが偶然だとは思わなかったが、しかしもし彼の主張が正しければ、我々は今日のイルミナティは大部分サバティアンによって構成されていることを期待すべきである。

c0139575_014492.jpg

これは、ロックフェラー一族がそうであるように、指導的家系はすべてあるいはほとんど隠れユダヤ人たちであることを示唆するだろう。私はまた、ブッシュ一族もそうであると疑っている。

c0139575_21341470.gif

あなたは、ユダヤ人名のサイトの一覧表に、「ブッシュ」を見いだすことができる。 そして、パイクは、彼の大憲章の中で、一人のサミュエル・ブッシュ[Samuel Bush, 1754Philadelphia-1826]が「威厳ある選ばれし完全で崇高な騎士、何とかかんとか・・・」であったと言及している。 (訳注:Mathias Bush, 10 MAY 1722 in Prague, Bohemia-29 MAR 1790 in Phildelphia, PA の息子の一人であると思われる)


私が発見したものは:

「1761年、とあるスティーヴン・モーリン[Stephen Morin]が、パリで壮麗な秘密の崇高な王子たちの威厳ある宗教法廷によって任命された。その文書の署名者たちの中には、その後のオルレアン公爵であるシャルトル公爵、大東社とテンプル騎士団両者のグランドマスター、「フィリップ・エガリット」、そしてモーリン自身は、すべてのメーソン教団の、威厳ある完全な選ばれしそして過ぎ去りし崇高なマスター、云々。」

「今や、モーリンはユダヤ人であったと述べられてきたが、しかしユダヤ百科事典では、そのフリーメイソンについての記事で、この点は疑問があると言っている。確かなことは、モーリンがアメリカに到着したとき、確かにユダヤ人であった何名かの代理人たちに、彼が権力を与えたことである。だから、例えば、彼の代理の審査人ヘンリー・フランケン[Henry Francken]は、ボストンでモーゼス・M・ヘイズ[Moses M. Hayes]、そして今度はヘイズがブラザー・ダー・ドスタ[Brother Da Dosta]をサウス・カロライナの総代理審査人に、ソロモン・ブッシュ[Solomon Bush, 1752 Philadelphia-1795]をペンシルヴァニアの代理人に、そしてBM・スピッツァー[BM Spitzer]をジョージアの代理人にした。」

c0139575_21423220.jpg

(蛇足:やはり、カザール系ではないだろうか?東欧~中欧の「ユダヤ人」というのは)

私はしばしばそれについて怪しんでいた。なぜならハリマンもまたスカル&ボーンズにいて、私はいつも彼はユダヤ人だったと仮定していたからである。 だから、彼の一族のようなユダヤ人一族は、ブッシュ一族のような同類と何を跳ね回るのかを怪しんだ。

c0139575_239911.jpg

c0139575_23102292.jpg

c0139575_23114193.jpg

Bush of Prague, Bohemia
http://wc.rootsweb.ancestry.com/cgi-bin/igm.cgi?op=GET&db=mila22&id=I002

c0139575_21275675.jpg

----
ある読者からの手紙:

私の母は一人の引退したオペラ歌手を知っていた。彼女は、カルーソー[Caruso]とともに唱い、また、ヨーロッパに旅行したとき、ロックフェラー一族とディナーをともにした。彼女は、とりわけプラハ、ウィーン、ブダペスト、ミラノといった開催地で公演した。 彼女は彼らの家に招待されたと、私は推測する。なぜなら、この時はオペラのの全盛期だったから。

彼女は私の母に多くのことを語った。そして、彼女はグローバル・エリート主義者の問題に通じていた。

ロックフェラー一族はトルコ出身で、彼らの元の名前は(私はこれを発音出来るだけで綴れないのだが)、Raw-gen-muteであるとはっきり述べた。 それは彼らがトルコで使っていた名前のように思われる。彼女が言うには、その家の召使いたちが彼女にそのこと(とその他いくつかのこと)を告げた。

------
リンドン・ジョンソンもまたセファルディ・ユダヤ人である。
http://www.jfkmontreal.com/johnson%27s_hidden_loyalties.htm

LBJのイスラエルへの「情熱的な愛着」
http://www.jfkmontreal.com/lbj%27s_passionate_attachment.htm

サバタイ主義者あるいは「隠れユダヤ人」についての追加情報
http://www.nysun.com/opinion/ataturks-turkey-overturned/58997/

David Roggenfelder

Polytical Jews

---
もう一人別の読者が、これらの情報源に挑んでいる:

私はあなたのサイトで記事「ロックフェラーとソトメイアーはイルミナティ・ユダヤ人か?」を読みました。ウィリー・マーチンによって書かれたこの記事につて一つの興味深い話をしてみましょう。

約2年前に、マークが私にマルコム・H・スターンによる問題の本「ユダヤ子孫のアメリカ人たち』にちて教えてくれた。私がトロント公共図書館のウェブサイトをチェックしたところ、彼らが巨大なダウンタウンの関係支部にこの珍しい本の一冊を持っていた。

c0139575_2354115.jpg

私はある日仕事前にそこに行って、そこにユダヤ人ロックフェラーが言及されているかどうか見つけ出すためにその本を見渡した。 がっかりすることには、家系図のセクションと名前の索引で私が見つけることができたすべては、一人のロックフェラーに対する一つの一覧名簿で、私はその家系図中にそれを調べた。 それは私が聞いたことのないユダヤ人と結婚した、私がを聞いたことがない一人のロックフェラーだった。 ここには、明白な証拠はなかった。 私はその家系図、索引、そしてその本の表紙を複写した。 私は、マークに情報をe-メールした。

私はまた、その図書館でスティーブン・バーミンガムの『貴顕たち[The Grandees]』を借りた。 彼は多くを語るが、それを、「真実の」情報が書いてあるところまで何であれ実質的なもので裏付けすることがない。私は、なんであれ「陰謀的事実」情報に、疑問を持ち、自分自身の調査を行うことを学んできた。残念ながら、私は時間がないが、この場合には、私はスティーブンの主張に対する研究に数時間とれて嬉しく思う。

私が読んだ家系を取り扱っている最善の本は、フリッツ・スプリングマイヤーによる『イルミナティの血流』である。彼はロックフェラーについての一章をもうけているが、しかし私は彼が「ユダヤ起源」について何か言及しているとは信じていない。

私は、全国州権党(National States Rights Party :NSRP)による一つの出版物を見いだした。 彼らの出版物、一つの新聞は『サンダーボルト』と呼ばれていて、それは右翼の「陰謀」論紙であった。 ユースタス・マリンズは、頻繁な読者でコメンターであった。 副大統領ネルソン・ロックフェラーがユダヤ人の祖先を持つというその発行物の発見は、非常に困難で、おそらくそれはど正確ではないだろう。

全国州権党 Wikipedia (ご存じのように、それはバイアスがかかった記事である)
http://en.wikipedia.org/wiki/National_States%27_Rights_Party

ユースタス・マリンズと全国州権党 (ページの中央付近)。 私は個人的には、マリンズが好きである。
http://ernie1241.googlepages.com/mullins

ロックフェラー一族がユダヤ人起源であるかどうか、私は疑わないだろうが、私は証明を必要としている。

結局は、彼らがユダヤ人であろうがバプテスト起源であろうが誰も気にしない。 彼らは、嘘をつき、殺人を犯している貴族的詐欺師である。

c0139575_0184260.jpg

c0139575_0224380.jpg

c0139575_0233697.jpg

c0139575_0235166.jpg


元記事は

Are Rockefellers & Sotomayor Illuminati Jews?  by Willie Martin July 29, 2009
http://www.henrymakow.com/_jay_rockefeller_left.html

関連

ポルトガル貴族達が支配する中国共産党政府 オルタ

世界最大の金融街、英国ロンドンのシティ。ここが、ポルトガル貴族等によって支配されている事は、既報した。

昨年の、リーマン・ブラザース倒産に続いて世界中で拡大しつつある金融恐慌。その中で、経営危機に陥った欧米金融機関発行の債券・株式、欧米諸国発行の国債に対し、中国共産党が「事実上の最後の貸し手」として投資を継続し、「世界の金融王」として君臨し始めている。

これは、やがて欧米金融機関・国家の経済破綻による債務不履行=デフォルトに際し、中国が「一蓮托生」で滅びて行くか、あるいは逆上した中国と欧米諸国の間で、軍事紛争の引き金になり、米国の代理人である日本・台湾と中国との「戦争に発展する」、大きな火種となる。

とりあえず「最後の貸し手」となった中国共産党幹部達を、シティの「番人」ポルトガル貴族は、旧ポルトガル領マカオのギャンブル施設、サンズ・ホテル(近年、倒産)、ウィン・グループ、MGMミラージュに「招待」し、ポルトガル貴族=金融マフィアの母国ベネチアのベネチア・ホテルに「招待」する。

そこでは英国金融街シティの支配者からの豪華な接待が行われ、欧米の国債等々を購入してくれた返礼の「ワイロ」が手渡される。

このワイロは、そのままポルトガルの銀行、あるいはスイス、ケイマン諸島等々のオフショアの金融機関に預けられ、共産党幹部達の「個人資産」となり、やがて将来、中国共産党政府が崩壊し、中国が「純粋・資本主義国」となった暁に、元共産党幹部達が、「資本家として中国各地を割拠」し、分割支配する際の「資金源」となる。 こうして中国の「次の時代」が、準備されつつある。

++
「ポルトガル貴族」っていう意味・意図はわかりますよね。


++
トルコに生まれたサバタイ・ツヴィはスペインからか?それともカザールからか?それとも? 同様に、ロックフェラー家がトルコの前にいたところは本当はどこなのか?

c0139575_23231425.gif

c0139575_0493764.jpg

c0139575_0545744.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-11-14 22:58 | イルミナティ  

<< 人類は、悪魔崇拝者たちに人質に... 人口削減狂想曲 >>