「ほっ」と。キャンペーン

イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る by Henry Makow Ph.D. テクスト版3

イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る by Henry Makow Ph.D. その3(完)

イルミナティの弱点

Svali : 「 1. 彼らの傲慢(私はこの点については前に述べたと思うが)が弱点である。これらの人々は、彼らは不可触であると考えていて、これが彼らを不注意にさせる可能性がある。

2. もしある奇跡によって、十分に多くの人々がこのことを真剣に取り、何らかの形でイルミナティの乗っ取りを止める組織活動を、祈りと神の導きで、開始すれば、おそらく彼らは阻止される可能性がある。

私はそれを心の底から期待している。

ポルノや児童売春や麻薬の密輸や銃砲火薬の密輸入を阻止すれば、彼らの利益の巨大な塊を排除するだろう。彼らの歩みは遅くなるだろう。しかし正直に言って、上記のことを阻止するのはグループを阻止するのと同様に難しいだろう。


公衆の拒否機構

Svali :証拠はそこにあるのですが、私の意見では、普通の人は知ることを望まない そして、それに直面したとき目をそらしさえするだろう。

フランクリン[Benjamin Franklin, 1706-90]の場合がひとつのポイントです。どのくらいの証拠が出てくるのか?
--
訳者参考:
Benjamin Franklin and the Hellfire Club
http://www.illuminatiarchives.org/occult/benjamin-franklin-and-the-hellfire-club/

United States Presidents and The Illuminati / Masonic Power Structure. By: Robert Howard
http://www.theforbiddenknowledge.com/hardtruth/uspresidentasmasons.htm

ベンジャミン・フランクリンも「キリスト教会の柱」『米国建国の父」などと呼ばれてはいるが、悪魔教グループである『地獄の業火クラブ[Hellfire Club]」の一員だった。のちになって、子供六人と大人四人分の死骸が、ロンドンの、かつてフランクリンが住んでいた家の地下から発見された。これらはフランクリンの住んでいた当時のものと判定されている。(D.アイク『大いなる秘密』下 p110)

など
--

あるいは、解除されてきて、本物だと示されているMK -ウルトラ[Project MKULTRA]文書、そして人々はこれを無視する。  (訳注:ご存じ、イルミニストたちによって、「国家間の対立」を隠れ蓑にして進められた、人間ロボット化実験」

Confessions of a WHITE HOUSE SEX SLAVE, '81-'88 [CIA/DIA MKULTRA trauma mind control] author: Cathy O'Brien
http://portland.indymedia.org/en/2004/02/280183.shtml


わかりました大丈夫、私は演説をやめるでしょう。

しかし、私は、儀式虐待を軽視するメディアは、現実を知らない普通の人の深層の必要に栄養を注いでいるのだと信じている。

実際、いかにして人は人類における大いなる悪の事実に直面できるのか? もし彼らが神への強い信頼を持っているか、あるいは乗り越えられない証拠に直面するのでなければ。

われわれは人類としてわれわれの種の最善を信じたいと望む。最悪をではない。私に言わせていただければ。

私は彼らが知ってさえ、イルミナティについて何もしないだろうとは信じない。

皮肉な言い方で申し訳ないが、それは経験の一生涯に基づいています

イルミニストたちはこの資料内容を誰が印刷しようが、あるいはもし彼らが「暴露されて」も気にしない。なぜなら彼らは大多数のものはそれを信じないと当てにしているからである

メディアによる猛爆撃キャンペーンをもって、まったくいい仕事をしながらね。 (ニューズウイークでも、あるいはタイムでも、他ならぬこのことを笑うべき陰謀論と呼ぶ最近のどんな論文でも見てみれば? 誰がタイム・ワーナー[Time Warner]を持っていたのかしらね?

私は、5年前の指導者会議で、まさにこのことについて彼らが笑うのを聞いたことがある。そして私は彼らの態度がそれ以来ずっと大きく変化したと疑っている。

もし人々がこれを実際信じるならば、もし行動がとられるならば、私は非常に驚くしとても幸せだろう。」


「Svali」は、テキサス州で暮らしている登録看護師でフリーランスのライターである。


Henry Makow is the author of A Long Way to go for a Date. He received his Ph.D. in English Literature from the University of Toronto. He welcomes your feedback and ideas at henry@savethemales.ca.

元記事は

Illuminati Defector Details Pervasive Conspiracy October 14, 2002 by Henry Makow Ph.D. 
http://www.henrymakow.com/141002.html より




Henry Makowさんによる『Svaliの2000年の記事』解説と抜粋編・和訳絵本版は以下にあります。

イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る by Henry Makow Ph.D. 
http://satehate.exblog.jp/10518866/


軍事的乗っ取り by Svali
http://satehate.exblog.jp/10521132/


リーダーシップ/王権/米国の地位/国連/イスラエル by Svali
http://satehate.exblog.jp/10539028/


イルミナティはユダヤの陰謀ですか?彼らは人種差別主義者ですか? answered by Svali +α
http://satehate.exblog.jp/10559871/


フリーメーソン団 by Svali
http://satehate.exblog.jp/10880959/


冷戦 by Svali
http://satehate.exblog.jp/10609667/


暗殺者研修 by Svali
http://satehate.exblog.jp/10899427/


イルミナティの実態 続編 by Svali 家族への信頼
http://satehate.exblog.jp/11384695/


イルミナティの実態 その3 by Svali  士気
http://satehate.exblog.jp/11391181/


テレビ by Svali & おテレビ様 by 林秀彦 + かんぽの宿 by 植草一秀ほか
http://satehate.exblog.jp/10771005/


ロック音楽 by Svali
http://satehate.exblog.jp/11398295/


イルミナティの弱点 & 公衆の拒否機構 by Svali
http://satehate.exblog.jp/11402979/



関連

Henry Makow博士 記事目次
http://satehate.exblog.jp/13842775/

イルミナティ入門 By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/14287983/

イルミナティはNWOを進めるために米国を作り出した  By Henry Makow, Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/14301764/

最高位のイルミナティ離脱者:「ロスチャイルド一族がドルイド妖術で支配している」 By Henry Makow
http://satehate.exblog.jp/12794988/

魔術とイルミナティ
http://satehate.exblog.jp/7393770/

独立史家デビッド・リビングストンがカバリストの陰謀を明かす By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10528931

カバラ- NWOの悪魔的聖書 by Henry Makow Ph.D .
http://satehate.exblog.jp/14432960

フリーメーソン団:人類の死への願望  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12055304

JFケネディとホロコーストの秘密 by Clifford Shack 他 目次
http://satehate.exblog.jp/13842815/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 5
http://satehate.exblog.jp/14194167/

人類の生化学的な操作ほか by David Rothscum 目次
http://satehate.exblog.jp/13848408/

人類の生化学的な操作 by David Rothscum 2 女性の男性化と不妊化
http://satehate.exblog.jp/13136926

どのように遺伝的に操作された食品が我々の種の生存を脅かすか by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/14381968/

生物兵器戦争の一方法としてのワクチン接種の歴史 by David Rothscum 1
http://satehate.exblog.jp/13630509/

細菌戦争ならば効果があるかもしれない by バートランド・ラッセル
http://satehate.exblog.jp/8752829/
[PR]

by oninomae | 2010-11-03 01:00 | イルミナティ  

<< イルミナティはなぜユダヤ人たち... イルミナティ離脱者が広範な陰謀... >>