イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る by Henry Makow Ph.D. テクスト版1

この辺で、また以下を振り返ってみましょう。

イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る by Henry Makow Ph.D. その1 October 14, 2002  (訳注:ここでは本文をまとめて読み易いように、文章だけにしてみました。なお、Svali の元記事は2000年のものです) 

もしあなたが現在の出来事に悪魔の手を検知する場合は、あなたはあなたが考えているよりもずっと真実に近いかもしれない。

イルミナティ・カルト教団内で育てられた一人の女性が、米国の人口の1%からなるある強力な秘密組織について述べている。その組織はすべての社会的機関に浸透し軍事的な乗っ取りを密かに画策しているという。

彼女の暴露は、「テロとの戦い」と「国土安全保障」を真の光の中に投げ込んでいる。

「Svali」はその女性の仮名で、年齢は45、1996年までそのカルト教団のためのマインド・「プログラマー」であった。

彼女はサンディエゴ支部では第6番目のヘッド・トレーナーで、彼女に報告を行う30名のトレーナーを率いていた。

彼女はイルミナティの隠された権力とアジェンダを人類に命がけで警告している。

彼女は、世界で最も富裕で最も権力のある人々が主導するある残虐な悪魔崇拝カルトについて述べている。

それは大部分同性愛者であり、小児性愛者であり、動物犠牲と儀式殺人を習慣的に行っている。

それはCIAとフリーメーソン組織と「ぐるになって」作業している。

それはアーリア人至上主義者(ドイツ人が最上部といわれている)だがユダヤ人背教者を歓迎する。(訳注:結局「ユダヤ」系ドイツ人でサバティアン・フランキスト系改革派「ユダヤ」人主導なのではないだろうか。アーリア人とは「エイリアン」異邦人?でもある)

それは、世界の麻薬、銃、ポルノ、売春の業界を支配している。それは政治的暗殺や、9.11、メリーランド州の狙撃者、そしてバリ島爆弾爆発を含む「テロリズム」の背後にある手かもしれない。(訳注:いまでは、「かもしれない」はいらないですが)

それは、地方自治体、州および国家レベルの政府;教育や金融機関;宗教そしてメディアに潜入している。(訳注:最近はバレバレですね。もうばれてもいいのか?)

ヨーロッパに基盤をおいて、それは「世界秩序」を計画している。 それはその初期の試みであるナチズムや共産主義をピクニックのように見えるようにするだろう  

もう一つの詳細:これらの人は幸せではない。

Svaliの勇気ある証言は、なぜ我々の子供たちはもはや市民の価値を教わらないのか、なぜ彼らが同性愛と暴力に慣らされているのか、そしてなぜ我々の「文化」がニヒリズムと性的腐敗に下降しているのかを説明する。

それは、ジョージ・W・ブッシュ大統領と彼の政府管理人たちがイルミニストである可能性と、また多くの世界的「エリート」が仰天するような犯罪的陰謀に加担している可能性を高める。(訳注:いまではそれ以外のなんなんですかって)

2000年3月に、Svali は、Suite101.comで、イルミナティによる儀式的虐待の生存者のために毎月のコラムを書き始めた。

2000年12月、 H・J・スプリンガー、CentrExNews,comの編集者はSvaliに連絡をとり、彼女とe-メイルにより18部に渡るインタビューを行った。それは著作権付きでオンラインで再現されている。

「私は、彼女は本物だと確信する」とスプリンガーは私に書いてきた。

「私は個人的に、他のメンバー-儀式的虐待、洗脳、強姦、性的虐待を受けた人々&あなたの希望-からの数多くのe-メールを彼女に転送した。彼らの一部の人は彼女の話を確認している。だから私はSvaliが子供の頃からイルミナティに属してきたことにまったく疑いをもっていない。」

私もまたSvaliの証言を信用する。それは私の直感と徹底的な研究を確認するものであるからだ。 

すべてが収まる:人類を抑圧していると思われる死の手から、なぜクリントンが秘密の技術を中国に与えたのか、米国における収容所にかんする絶え間ない報告まで。

それは、なぜ私の知っている人々は陰謀的なやり方で振る舞うのかを説明する。

私は、世界を理解するための恐ろしいが、信じられないほどの鍵を私に与えてくれたことをSvaliに感謝する。

ある友人が私にでっち上げに気をつけるようにしきりに促し、Svaliの個人的物語を確認するのを助けようと申し出た。私はあえて一身に引き受ける。

私は、あなたが彼女の証言全部を読んで、あなた自身の心を決めることをおすすめする。

Read "Part One" to "Part 18" first, starting at the middle of the list and working up.

彼らの許可を得て、ここにSvaliのCentrExnews.com's HJ Springerとの通信のいくつかのハイライトを載せる。

私はまた、彼女の記事「イルミナティは世界を乗っ取ろうとしているか?」からの題材も含めた。


広範に浸透した存在

Svali:イルミナティは、米国内のすべての主要な大都市の中心部に存在している。イルミナティはある領域をその(配下の)以下のもので支配することを信頼している:銀行や金融機関(いかに多くが銀行の取締役会に座っているかわかる?驚くわよ)地方政府:いかに多くのものが地方都市の議会に選出されるかわかる?法律:子供たちは法律学校と医学校に行くことを奨励されている。メディア:他のものはジャーナリズム学校に行くことを奨励されており、そしてメンバーたちは地方紙に融資する。

信念

Svali : 「イルミナティは、「啓発」として知られている信仰の形を実践するひとつのグループです。それはルシフェリアンで、彼らはその信者に、彼らのルーツはバビロンやエジプトの古代の神秘宗教、そしてケルトのドルイド教にさかのぼると教える。彼らはそれぞれの「ベスト」と彼らが考えた基本の慣行を組み合わせて、強力なオカルト戒律にまとめた。地方レベルでの多くの団体は、「エル」、「バール」、そして「イシスとオシリス」と「セト」と同様「アシュタルテ」のような古代の神々を崇拝している。……私は実際、これらの人々が悪を教え実践しているのを知っている。」


ヴァイスハウプト

Svali : 「ヴァイスハウプトがイルミナティを作ったわけではなく、彼らが彼を名目上の指導者つまり表看板として選び、何を書いたらよいか教えた(訳注:「命じた」のほうがよいかな?例の、他の皆の財産を取り上げる云々というやつですが)。欧州の初期の王たちに融資したテンプル騎士団の時代の銀行家にさかのぼるその金融業者たちがイルミナティを作り出した。 ヴァイスハウプトは、彼らの入札を行った「使い走り」だった。」(訳注:ヴァイスハウプトに声をかけた当時のボスは誰でしたか?)


軍事的乗っ取り 

Svali : 「簡潔に言えば、米国の各地域は「神経センター」あるいは「軍事力基地」を地域活動のために有している。米国は7つの主要な地理的地域に分割されてきた。それぞれの地域には、その中に、遠く孤立した地域や大きな私有地に隠された軍の住宅と基地を含む場所がある。

これらの拠点は、軍事技術、接近戦、群衆操作、武器の使用、そして軍事戦争のすべての側面について世代的イルミナティを教育・訓練するために間欠的に使用される

なぜって?

イルミニストたちは、我々がそれを知っているような我々の政府は、世界中のほとんどの国の政府と同様に、崩壊する運命にあると信じているからだ。

これらは崩壊が計画されるだろうし、そして以下のようなやり方で起こるだろう:

イルミナティはまず金融崩壊を計画してきた。それは大恐慌をあたかもピクニックのようにするだろう。

これは、世界の大銀行や金融機関の策略的作戦行動を通じて、また株価操作と金利の変更を通じて、起こされるだろう。

ほとんどの人は、銀行やクレジット・カードの負債その他を通して連邦政府に借金を負うことになるだろう。連邦政府はすべての債務を即座にリコールするだろう。しかしほとんどの人は払うことができず破産するだろう。

これは、一般化された金融パニックをもたらすだろう。そのパニックは世界で同時に起こるだろう。なにしろイルミニストたちは、金融を通しての人々の支配を固く信じているのだから。

愉快には聞こえないんじゃないですか?

私は、このすべてに対する正確な時間枠は知らないし、推測することさえ望まない。


よいニュースは、もしある人が政府にもクレジット会社にも何も負っていなくて債務がなく、十分に自立生活できるならば、かれらはそうでない他のものたちよりうまくやれる可能性があることです。

私は、ゴールドに投資する、株式証券ではなく。もし私に所得があればだが。 (訳注:現物のことですね)

ゴールドは再び世界標準になるだろうし、ドルはひどく役に立たなくなる(アメリカ南北戦争後を憶えてる?われわれのマネーは、その崩壊のあと南部同盟のマネーのような価値になるでしょう) 。

次にそこでは、政府が緊急事態と戒厳令(マーシャル・ロー)を宣言するとき、地域から地域へと軍事的乗っ取りがあるだろう。

人々は、パニックに陥るだろう。ほとんどの地域では、無政府状態となり、政府はパニックを起こした市民をコントロールするために必要であるとして、その手だてを正当化するだろう

そのカルト教団に訓練された軍事指導者と人々が、かれらの指示の下、この出来事の新しい状態を導入・遂行するために、群衆制御技術と同様に武器を使うだろう。 …軍事基地が、それぞれの地域で設けられるだろう(実際は、彼らはすでにここにいる、しかし隠されている)。 今後数年のうちには、彼らは地上に姿を現し、明らかになるだろう。

各地域は、それにたいして彼らが説明責任を負う地域の基地と指導者を持つだろう。

その階層制度は、現在の隠れた階層制度を厳密に反映するだろう。

約5年前(訳注:1995-6年頃)、私がイルミナティを去ったときだが、米国の人口の約1%が、イルミナティに属するもの、そのシンパ、あるいはマインド・コントロールの犠牲者(そのため、利用可能と考えられていた)だった。 (訳注:どこかの誰かみたい?)

これは多いように聞こえないかもしれないが、人口の1%が、武器の使用、群衆制御、心理学的・行動科学的技術において訓練されており、兵器で武装しそして準軍事的グループとリンクしていると想像してもらいたい。


リーダーシップ/王権/米国の地位/国連/イスラエル 

リーダーシップ

Svali :「国家評議会は古い資金の有力銀行[から構成されている]、例えば:ロックフェラー家、メロン家、カーネギー家、ロスチャイルド家その他である。私は名前を名指しすべきではないと知っている。しかし、私はそうする。 (訳注:いまでは多くが知っている?いや、知らない?)

「世界最高評議会」は、NWOが世に現れるとき統治するだろうもののひとつの原型として既に結成されている。

それは定期的に会合している。財政問題、方向、政策、その他について議論し、また浮上してくる困難を問題解決するために。(訳注:例えばビルダーバーグ会員のなかの中核とか?)

また再び、これらの指導者たちは、金融の世界、古い銀行マネーのボスたちである。

イングランドとフランスのロスチャイルド家は、支配的な議席を有している。

ハプスブルグ王朝の子孫のひとりは世襲的議席を有する。

イングランドとフランスの支配的家族の子孫も世襲的議席を有する。

米国のロックフェラー家は、一議席持っている。


これが、イルミナティが何年にもわたってずいぶんと「不可触」であってきた一つの理由である

支配的メンバーは非常に、非常に、非常に裕福で権力がある。

私はこの情報が役立つことを願う。

どうやって私がこれを知ったかって?

私はひとつの地方の指導者協議会で(トレーナー長)だったが、地域のそれらに話をしていた。

また、すべてのイルミナティの子供は彼らの「指導者」が誰であるか教えられる。そして彼らと「来るべきニュー・オーダー」に忠誠の宣誓をするように言われる。


王権(ロイヤルティ)

Svali : 「イルミナティ指導者たちは、彼らが、途切れなく続くオカルト遺産と同様、王家の血筋の子孫であると述べる。

理解してください、二つの「王権」の定義があることを。

現在一般に見える公開された王権と王室の系統と強烈なオカルト・パワーの「隠された王権」です。

時として、プリンス・オブ・ウェールズの場合のようにその二つは一致していた。

私は忙しく自分の仕事をしているあくせく働く人だったので、私は、どの国/血統が最大の権力を保持しているか考えたことはなかった。

しかし、私の理解では:ハノーバー家/ハプスブルグ家系統の子孫がブルーダーハイスト以上にドイツで支配している。

彼らはオカルト的にも同様に最強の血筋の一つとして考えられている。

英国の血筋は王室の家族とともにかれらのすぐ下である。

間違いなく、彼らはそのオカルト領域でロスチャイルドの下英国支部を支配している。表だっては議会がその国を支配しているのだけれど。

フランスでは、ふたたび、オカルト領域では王家の子孫が権力を持っているが、フランスロスチャイルドが彼らの全てを超えて君臨している。



米国の地位

Svali : 「米国は欧州の支部より低く、若いと考えられている。……ドイツ、フランス、英国が欧州のカルトの中で支配している三頭政治を形づくっている。 ソ連は重要と考えられていて、最強の軍事グループを持っている。ソ連は新世界秩序のなかで第4番目の地位を約束されている。その役割を米国が持つより以前にである。なぜならソ連は何年にもわたってアジェンダの促進により助けになり協力的であったからである

前者のそこでの支配家族の子孫は、新しいそれと共にオカルト指導力にも関係している。

カルトの中にはマルクス主義はない。 (訳注: Svaliの知識の範囲の[中」では。あるいは、超超リッチたちの仲間内の「中には」でしょう。下の図参照) 

中国はソ連の後にランクされるだろう。その後、米国。しかし、現在の米国の指導力の多くは、変化が起こり、多くがそこに家を持ったとき、ヨーロッパにあることになるだろう

彼らは、いわば、一夜に「国籍を変更する」だろう

これは、私が実際に覚えているすこしである。 この事柄のもっとよい学生だったらと思うが、私は、その中にいたとき生きているための努力にあまりに忙しかった。

ロシアはグループの軍事基地で最強チームであるだろう。なぜなら、彼らの軍事司令官たち(イルミニスト)は世界のなかで最良で非常に、非常に訓練されていると見なされているからである。

中国はまた、東洋のオカルティズムにそのルーツがあり、またその大きな人口のため、米国より高い一つの権力であるとみなされるだろう。

しかしもう一度言えば、真の権力はヨーロッパに属するであろう。私がそのグループに属していたときに教えられたことによればだが。


国連

Svali: 「国連は、ある世界単一政府への最大の障壁の一つを克服するのを助けるために20(訳注:「この」をわかりやすく変更)世紀の初期に(訳注:国際連盟も含めて考えればそう。国連も前半には属する)作り出された。……そのバリアーとはナショナリズムのひとつ、あるいは自国への誇りである。それが最初に導入されたとき一般的な考えではなかったのはこれが理由である。メディアにおける国家の非難に何年も費やし、そしてまた、何年にもわたる(あまり巧妙ではない)メディア・キャンペーンによっていかなる意味における国家の誇りも破壊

国連はひとつの準備だが、世界の真の力ではなく、そしてNOWがその姿を現したときには相対的に重要ではなくなるだろう。

本当の評議会が歩を進めるだろう。

しかし、一般の人々が、ひとつの「地球社会」と「ワン・ワールド社会」の考えを受け入れるようにする一つの手段として、国連は彼らのNOWへ向けた作業におけるひとつの飛び石である。」


イスラエル

Svali: 「中東における紛争はイルミニストの利益のためだけのものである。彼らはイスラエルを憎んでいるし、いつかそれが破壊される日を希望している。そして好機をまっている。  オリーブ支部の一つが、それが支配権を得たときの話として国連によって提案されたことは、彼らが中東の戦争を防ぎ、そしてこのことは多くのものに喜びを持って歓迎されることになるというものだ。

同時に、イルミナティは密かに、紛争に燃料が供給され続けるように両方の側に銃や資金を供給する。 彼らは非常に人をだます二枚舌の人々である 。  

彼らは、ソ連を通してパレスチナに銃を流し込んだものだった、例えばだが、ソ連とこの国家およびアラブ諸国との間の「友好親善」を促進するとの名目の下にである。

その後、米国のイルミニストはイスラエルに銃を流し込むだろう。同じ理由でだ。


これらの人々は、チェスのゲームを愛していて、国家間の戦争を混沌から秩序を作り出すものとしてみている。

ソ連(ロシア)は再びいっそう力をつけることになるだろう

それはあまりに強い軍事力を有している。公然とでも隠然と(すべてのイルミナティ軍事トレーナーたちは、彼らから学ぶためにロシアを訪問してきた)でも両方でだ。静かにじっと横に座るためである。 NWOでは、彼らは我々よりも強くなるだろう。」



続く
[PR]

by oninomae | 2010-11-03 00:45 | イルミナティ  

<< イルミナティ離脱者が広範な陰謀... 死者の暦 >>