50年のうちにすべて終わる by David Rothscum 1

50年のうちにすべて終わる by David Rothscum Wednesday, June 23, 2010 その1

「-究極の謎:なぜ女性は不妊であるのか?あるものは言う。それは遺伝的実験、汚染である・・・なぜあなたは我々がもはや赤ん坊をつくることは出来ないと考えるのか?」

-重要なことではない。 50年のうちにすべて終わる。もう手遅れだ。
  -人類の子供たち

c0139575_1823328.jpg



私が書きたいことは山ほどある。そして実際、私は一ダースの完成半ばの記事を有している。

c0139575_1143714.jpg


これが、多くのことが目下起こっている理由である。

石油噴出がメキシコ湾で勃発した。それは何ヶ月も石油を噴出し続けることができるだろうし、そしてグスタフ・マイリンク[Gustav Meyrink]によって予言されていたように思われる。

c0139575_20475865.jpg


新しい世界戦争が、見込まれているイラン攻撃のゆえに不気味に迫る

c0139575_20481028.jpg

c0139575_21271699.jpg


中東の一つの国全体が、我々が話すように放射性廃棄物によってゆっくりとと人口削減されている。 2つの他の国(アフガニスタンとパレスチナ)が、同じ運命に苦しんでいる可能性がある。

c0139575_20482251.jpg


訳者途中追加

ロシア熱波の影響拡大、山火事で34人死亡-小麦価格は19%高騰
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920016&sid=aeqpHexzKrMo

c0139575_20575636.jpg

c0139575_2118251.jpg


南米では大寒波、アルゼンチンなどで死者数十人
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2742055/5992283

c0139575_2056049.jpg


世界の気象が変だ ロシアで熱波・南米では寒波…
http://www.asahi.com/national/update/0725/TKY201007240512.html

c0139575_20584872.jpg

(蛇足ここまで)


しかし、そのどれだけが重要であるのか?我々の終焉が目前に迫り、不可避であるときに。

我々の惑星全体が、各々そして全てのものたちを破壊している目に見えない輻射線(放射線)で汚染されてきたと、しばし仮定してみようあなたの状況を改善しようとあなたが努める何であれ、その場合まだ重要であるのか?

あなたの祖先たちは、暴君を倒し奴隷制度と戦った。なぜなら彼らは自分たちの子孫の生活に対する長期的な改善をなすことができるという確実性を有していたからである。あなたはこの確実性を有していない。

現在の出来事の状態は、来るべき数十年の内に、我々はあまりにも多くの病気を患うように確実になり得るため、この世界に子供を送り出すことは残酷なものとなり、そして遠からずそれは物理的に不可能になるといったものである。

c0139575_1164141.jpg


広い見識を持った私の読者たちにとって、私が何を言っているかは明らかであろう。

この数年に我々の種が自分たちの環境へもたらしてきた根本的な変化。

我々の体は、自然的な電磁輻射場を発している。 これがなぜかは不確かであるが、しかしあるものは、我々の細胞はその信号を通信に使用しているという。

しかしながら、過去数十年で、我々はまた電磁輻射を作り出し始めた。我々は様々な方法で通信するためにこれを使用する。 このため、我々の惑星上の電磁輻射の量はいまや、「ワイヤレス革命」以前の量の数十億倍の水準にある。1

もしニール・アームストロングが1969年に携帯電話を月に持って行ったとしたならば、それは宇宙の中で、太陽と天の川銀河についで第3番目に強力なマイクロ波輻射の源であるように見えただろうと言われている。 2 このことが意味することは、我々は自分たちの環境の一局面を過激に変更してきたことを意味するものである。実際、我々は生命がその下で進化しきていない何ものかを導入してきた。


このことがある問題を引き起こし得るだろう複数のシナリオがある。

例えば、数十億年以上に渡って、生命体は、世界を了解するために電磁輻射を使用し始めてきたと仮定してみよう。

おそらく、細胞はそれを通信するために使用するが、動物たちが移動するために電磁輻射を使用することを語る最良の証拠が、現存している。

これは、そのスペクトルの一部を我々自身のために傲慢に要求することによって、我々はこれらの動物たちを害し得ることを意味するだろう。それは、彼らの存在の継続と、そして直接的間接的に彼らの環境における役割に依存する種の存在を脅かす。

もちろん、生命は非常にたくましい。 細菌は、すべての我々が思いついた新しい有害化学物質を分解するように進化してきた。 しかし、我々の最新の発明は、それには例えがたい。

我々の最新の発明は、森の中に常に火を噴出させるある巨大な火炎放射器によりよく例えられるだろう。 そのような状況下で生き残るために、我々は如何に何かを期待できるだろうか? 我々はできない。 何ものもこのような熱の下で生き残ることはできない。 したがって、我々が火炎放射器を止めた後に残される全ては大量の灰であることを見いだしても驚くべきではない。

我々が、大量の放射性核廃棄物を作り出し、そして惑星全体に渡って均等に撒いたと想像してみよう。同じ理由から、我々はまもなくこの惑星上いかなるところにもいかなる残された生命も目撃しないことを予期するだろう。生命は単にそのような状況下で生き残ることができない。 放射性廃棄物は、我々の惑星の生命の中核にある遺伝物質に損傷を与えるだろう。

しかし今、しばし仮定してみよう。我々が環境に持ち込んだ新しい輻射線が、放射性核廃棄物と同じ効果を有すると

必要な読書をしていないあなたがたの何人かは、そのようなことは不可能であると、私に告げるだろう。

ある科学的背景を持つ者たちは、非電離放射線は熱的影響を有し得るだけであると主張するかもしれない。

その他の者たちは、常識から主張するだろう。もしそのようなことが本当であるなら、我々は、あたかも彼がプルトニウムの袋を身につけて持ち運んでいるかのように、我々は携帯電話を持ったいかなる人物も追い詰めて拘留するだろうことと同様のやり方で、それを禁止するだろうと。

いずれも間違っている、しかしながら。


続く


元記事は

It's all over in fifty years. by David Rothscum Wednesday, June 23, 2010
http://davidrothscum.blogspot.com/2010/06/its-all-over-in-fifty-years.html (和訳その1です)



c0139575_1172463.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-08-08 18:36 | 放射能・ラジオハザード  

<< 50年のうちにすべて終わる b... 最悪の反ユダヤ主義者はシオニス... >>