最悪の反ユダヤ主義者はシオニストである By Henry Makow Ph.D.


最悪の反ユダヤ主義者はシオニストである By Henry Makow Ph.D. November 27, 2007

「ああ、わが民よ、あなたたちを案内する者たちは、あなたたちを邪道に導き迷わせる。」 (イザヤ3:12 )


最悪の反ユダヤ主義者はシオニストたちである。彼らは反ユダヤ主義を作り出し、それを利用して、ユダヤ人たちをカモにし、イルミナティ銀行家たちの世界政府独裁への計画を進めることを強要する。

過去に、私は、シオニズムはユダヤ人に対する一つの保護恐喝商売で陰謀であると主張してきた。

今日は、私は、彼らが普通のユダヤ人の文化的/精神的な表現を抑制しており、ユダヤの人々を彼らの倒錯した動機に仕えるようハイジャックしてきたと提案するつもりである。

シオニストたちが米国政府を乗っ取る前に、彼らはアメリカのユダヤ人社会を乗っ取り、それを彼らの道具としてきた。

c0139575_19415061.gif


ヘンリー・ハーウィッツ(フルビッツ)[[Henry Hurwitz]のメノラー・ジャーナルとメノラー協会は、アメリカのユダヤ人社会による、「ユダヤ人の母国」に仕え支持する手段であるよりむしろそれ自身を一つの目的として文化的・精神的に自分たち自身を見ようとする一つの試みであった。

シオニストたちは、この自由で民主的なグループを抑圧した。彼らがすべてのアメリカ人たちから彼らの政治的、文化的な自由を奪っているのと全く同じやり方で。


メノラ協会

ヘンリー・ハーウィッツは、最初のメノラ協会をハーバード大学で1906年に、また、その雑誌メノラ・ジャーナルを1915年に 創始した。

そのメノラ運動は、「米国におけるユダヤ文化と理想の研究と進歩」を意味していた。

第一次世界大戦の終わりでまでには、その運動は、大学連合メノラ協会、夏の学校、教育研究会、そして講師委員会含むところまで拡大していた。 基本的に、その運動は、ユダヤの歴史、精神、そして文化の非独断的、非政治的な研究を育てた。

それはさまざまな見解に対して開かれていたし、当初は中央銀行家たちからの支援を受けた。

しかし、ハーウィッツがユダヤ教はシオニズムとは、何の関係もないし、ユダヤ人たちは米国で完全に本国にいると感じるべきであると主張したとき、その銀行家たちは、メノラ運動のユダヤ人社会への資金を凍結した。

1958年に、ハーウィッツは一人の友人に書いた。 「我々は、一つならず、あちこちの富裕な組織からの、我々の継承の遠慮がちな提案を受けてきた。我々の財政問題は、それで、解決されるでしょう 。そして、我々の自由--つまり、我々の真の人生--は消滅。」 (メニューイン、我々の時代のユダヤ教の退廃[The Decadence of Judaism in Our Time]、1965、p.366)

c0139575_195613100.jpg


メノラ・ジャーナルの1959年秋冬号で、ハーウィッツは「偏狭な行為(強い敵対感情)」、つまりシオニスト銀行家による組織化されたユダヤ人のコントロールの影響について述べている。

「この偏狭な行為は、半世紀以上に渡ってユダヤ教への何らかのサービスをたぶん提供してきた、一つの昔設立された独立組織とその雑誌を襲撃するだけではない。この偏狭な行為は、米国におけるユダヤ人共同体の生活の空気を毒するものである。それは抑圧しようと努める・・・基本的なアメリカの自由な言論と自由な出版の原則を。それは、ユダヤ人の公的な免税慈善基金をコントロールし、そしてかくして、お気に入りの組織を富まし、他方で膝を屈しない他の組織を兵糧責めにする権力をもつ者たちの正直な分析を罰する・・・こうして、彼らは実のところここにおいて、イスラエルの人々自身の最善の利害を理性的・長期的に考察することを妨害する。」

「さらに、よく知られているように、表向きは自発的な慈善寄付の非常に大きな部分は、事業家や専門家たちから、懲罰的な経済的・社会的制裁の脅威をもって引き出されている。これは、テロリズムの類のものである、まさにそういうものとして述べねばならない。そのようなテロリズムは、大きなユダヤ基金調達における一つの最も有効な技法となってきた。」 ( メニューイン、 p. 367 )

残念ながら、メノラ運動はその創始者とともに1961年に死んだ。

その作業の一部は、その活力に満ちた創設者のラビ・エルマー・バーガー[Rabbi Elmer Berger, 1908-1996]の下で、米国ユダヤ教評議会に引き継がれた。 1965年、モシェ・メニューイン[Moshe Menuhin]は、米国のユダヤ人の生活を、以下の表現で特徴付けた:

「今日のアメリカでは、ユダヤ人の文化、さらにはユダヤの宗教でさえ、「ユダヤ」の民族国家主義に変質してきた。そして、ユダヤ人の慈善活動家たち、ユダヤ人学校、ユダヤ人専用サービスは、(少数のまれな例外を除いて)すべて堕落させられてきた・・・「ユダヤ人の故国」構築に奉仕するように・・・ ( 468 ) ( この一つの指標:モシェ・メニューインは、彼の本を自費出版せねばならなかった。 )


帰結

私の推測では、アメリカのユダヤ人はほぼ半々に分断されている:半分は、ユダヤ的なものすべてのものから疎遠であり;半分は、組織化されたユダヤ人、つまり中央銀行カルテルのコントロール下にある。

このカルテルは、ロスチャイルドの名と同義で、過去300年のすべての主要な戦争と不況、共産主義、ファシズム、ホロコースト、 9.11、そして偽のテロとの戦いの背後にいる。

この世界の中で、何事もマネーなしには生じないし、そして彼らは政府の信用をコントロールしている。

彼らは、この世界独占を保護するために、我々を奴隷化する必要がある。彼らの目標は、我々の人間性の基盤:民族性、宗教(神)、人種、そして家族を破壊することによって、人類を一つの奴隷人種に作り替えることである。

この敵は、我々の政治的、金融的、そして文化的生活の中心に座っている。

それは、ユダヤ人たちを取り込んできたように、同じやり方ですべてのグループを取り込んできた。 しかしながら、組織的ユダヤ人が、我々の自由への攻撃を先導している。

メーソンのブナイ・ブリスが、1959年の「憎悪演説」の立法・法案の背後にいる。それは自分たちの政治的反対者たちを、あたかも彼らが「反ユダヤ主義者」で「テロリスト」であるかのように扱うだろう。

その銀行家たちこそが、本物のテロリストである。

c0139575_20183257.jpg


彼らが、諜報機関を使って、9.11を組織した。そして彼らが「アル・カイーダ」の背後にいる。彼らは、イスラエルとイランとの間での大災害を使って開始されるもう一つの世界戦争を計画しているかもしれない。


彼らはまた、本物の反ユダヤ主義者である。

c0139575_20222963.jpg


彼らは、ユダヤ人たちを以前自分たちのアジェンダの犠牲ににしてきた(共産主義、ナチズム、シオニズム)し、そして再びそうするであろう。

すべてのユダヤ人たちは、新世界秩序のゆえに非難されるだろう。半分は無関心で、残りの半分は自発的なカモたちであってさえも。

私この記事を書いている間に、私は一人の読者から電子メールを受け取った。彼は言った。彼はまさに一人のユダヤ人の友人を酷い目にあわせてきたと。

「一体これが、私がこれらの嫌な奴たちに対して無力であると感じることに決して疲れたのではないことを意味するのかどうか、そしてもし私が彼らに彼ら自身の糞を幾らかでも食わせることができる・・・結構・・・のかどうか、私にはわからない。私はまた彼に語った。ユダヤ人たちは愚かではないし、もし我々が30年前にイスラエルにマネーを与えることをやめていれば、そこには平和があったかもしれない。まあ、それはなされて、ちょっとばかり「なんと!ちくしょう!」とはまんざら悪くないこって・・私は内実はまさに偏屈者。そうだと思う。」

反ユダヤ主義がその銀行家たちの巨大な狂気に満ちたアジェンダによって引き起こされており、そしてそれが普通のユダヤ人たちを巻き込み非難するために使われていることを、ユダヤ人たちが認識するときである。

その銀行家たちは、本物のユダヤ人たちとユダヤ教を憎んでいる。

彼らは、決してイスラエルを、まさに「ユダヤ人の母国」のようには作り出さなかっただろう。それは彼らの私的な領地、軍隊と核の貯蔵庫、世界政府と世界戦争のための彼らのアジェンダの一部である


ユダヤ人たちは、単にゲームの駒である。 通常のユダヤ人たちにとって、銀行家たちを守ること(そのことが誰もの最悪の疑いを確認することになる ) をやめるときである。 我々がヘンリー・ハーウィッツの例を挙げ、そして、我々の生活の戦いの中で、我々の同胞のアメリカ人たちと肩を寄せ合うときである。


-------------------------------------------------- ---------
From http://jewishracism.blogspot.com/2007/11/adolf-eichmann-was-crypto-jewish.html

アイヒマンは、シオニストのルドルフ・カストナー博士との彼の取引のもう一つ別の話を語っている。それは最終的に、無数のハンガリーの同化ユダヤ人の死と、イスラエルのために最適のシオニストユダヤ人たち、つまりカストナーの友人だったユダヤ人たちの生存をを帰結したものである。

アイヒマンは述べている。とりわけ、

「実際のところ、SSにおける我々の態度と、自分たちの最後の戦闘であるだろうものをを戦っていた、これらの恐ろしく理想主義的なシオニストの指導者たちの見解との間には、非常に強い類似性があった。私が、カストナーに言ったように:『我々もまた理想主義者であり、我々はまた、我々が権力の座につく前に、我々の血を犠牲にせねばならなかった。』  
 カストナーは、彼の政治的目標を達成するために、何千あるいは何十万という彼の同胞の血を犠牲にしただろうと、私は思っている。彼は年よりのユダヤ人たち、あるいはハンガリー社会に同化してきていたものたちには関心がなかった。しかし彼は、生物学的に価値がある、つまり、再生産と重労働が可能な人材を救うべく努めることにおいて信じられないほど粘り強かった。 『他の者たちはあなたにさし上げます。』と彼は言ったものだ。 『しかし、ここのこのグループは私に下さい。』
 そして、カストナーが、追放収容所を平和に保つのを助けることによって、大きな奉仕を我々に与えたゆえに、私は彼のグループを脱出させたものだ。結局のところ、私は千人かそこらのユダヤ人たちの小グループには関心がなかった。」-- A・アイヒマン、『アイヒマンが自身ののっぴきならない物語を語る[Eichmann Tells His Own Damning Story]』、Life Magazine, Volume 49, Number 22, (28 November 1960), pp. 25, 101-112; 及び 『アイヒマンの告白 第二部[Eichmann's Own Story: Part II]』、 Life Magazine, (5 December 1960), pp. 19-25

c0139575_2085860.jpg

c0139575_20101369.jpg



ハンナ・アレント[Hannah Arendt]は彼女の本『エルサレムのアイヒマン:悪のありきたりの言葉についての報告[Eichmann in Jerusalem: A Report on the Banality of Evil]』の中で書いた。

c0139575_20134070.jpg


アイヒマンにとってずっと重要だったのは、パレスチナからの密使であった。その密使は、ゲシュタポとSSに、ドイツのシオニストあるいはパレスチナのユダヤ政府機関いずれからの注文も無しに、自ら進んで接近しただろう。彼らは、英国が支配するパレスチナへ向けたユダヤ人たちの非合法な移民への支援を仰ぐためにやって来た。そして、ゲシュタポとSS両者とも協力的であった。彼らはアイヒマンとウィーンで交渉し、そして彼らは彼が「礼儀正しく」、「怒鳴る性格ではなく」、そして彼が将来の移民たちのための職業訓練キャンプを設置するために、農場と施設を彼らに提供しさえしたと報告した。  ( 「ある時、彼は、若いユダヤ人たちに一つの訓練農場を提供するために、ある修道院から修道女たちを追い払った」、そしてもう一つ別の時、「一つの特別列車[を利用できるようにし]、そしてナチの役人たちが」移民たちの一グループに「随伴した」。 表向きはユーゴスラビアのシオニスト訓練農場に向けて、彼らが安全に国境を越えるのを見届けるために。 )


c0139575_201534100.jpg


元記事は

The Worst Anti-Semites Are Zionists By Henry Makow Ph.D. November 27, 2007
http://www.henrymakow.com/the_biggest_antisemites_of_the.html


広島 ネブラスカ、長崎 フロリダ By Henry Makow, Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12080043/

「我々の全戦後プログラムは、原爆で世界を恐怖させることに依存している。」 と、国務長官、エドワード・ステッティニアス・ジュニア、 JPモルガンのパートナーの息子は発言した。

「我々は、日本での百万人の[死体]勘定を期待している。しかし、もし彼らが降伏すると、我々は何も得ることがないだろう。」
 

c0139575_1363290.jpg

c0139575_1365490.jpg



「冷戦」: 五兆ドルのイルミナティの無用な仕事 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12090152/

c0139575_1355718.jpg


米高官 広島訪問謝罪でない
http://www.youtube.com/watch?v=UZKjSLxKM3I&feature=player_embedded

c0139575_0154170.jpg

2009年10月4日(個人的な名誉のために載せておく)



c0139575_23473627.jpg

c0139575_23475529.jpg


米タリバンを資金援助 Wikileaksでアメリカがタリバンを資金援助していることを確認
http://icke.seesaa.net/article/158468942.html

c0139575_1354066.jpg


タリバンは昔より強くなっていて、彼らの成功の重要なファクターはパキスタン諜報部(ISI)から受け取っている援助である。軍のスパイエージェンシーが1990年代にタリバンを育て、それからずっとタリバンと繋がりを保ってきた。

そして、誰がパキスタンとISIに数十億ドルにもなる多額の資金を出しているか?数十億ドルが「行方不明になっているか?」

たった2週間前にヒラリー・クリントンはまだ数百万ドル増やすことを発表した。オバマ政権当局者は米パの関係はこの暴露記事によって損なわれることはないだろうと語っている

もちろんそうだろう。

異教徒(ゴイム)はアフガニスタンで自分自身を破壊し続けなければならないからだ。



この元記事は

Wikileaks Confirm US Funds Taliban  by Henry Makow Ph.D.  August 2, 2010
http://www.henrymakow.com/the_taliban_the_enemy_you_are.html


アメリカの戦犯連中、WikiLeaksとマニング上等兵を脅迫
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/wikileaks-619d.html





c0139575_1391083.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-08-06 19:32 | イルミナティとシオニズム  

<< 50年のうちにすべて終わる b... HAARPメモ + この夏の怪談 >>