オバマの大量虐殺:食糧破壊による強制的飢餓 by David Rothscum


オバマの大量虐殺:食糧破壊による強制的飢餓 by David Rothscum Saturday, January 23, 2010

この記事は、私の以前の記事、『飢餓は一つの政治的武器として使用される』の続きである。(ついでにお知らせしておきたい。最近記事を更新しておらず申し訳ない。これは作業の負担の増加によるものです。より多くの記事が進行中です。訳注:これはここでは直接関係はありませんが、一応訳出)

栄養失調は、年間350〜500万人の5歳未満の子供たち死亡に貢献している。 1

一方、2009年、1.07億トンの穀物がアメリカ車の燃料に変えられた。 これは世界の平均消費レベルで3億3000万人を1年間養うに十分なものであった。 2

2009年、我々は栄養不足の人々が10億人以上という新記録に達した。 我々がこのことに対して考えるその人物は、バラク・フセイン・オバマ[Barack Hussein Obama]以外の何者でもない。

c0139575_21593046.jpg


エタノール燃料への補助金に賛成投票したのはオバマであった。3 間違いなく、オバマは彼が何を引き起こしたのかを知っている。

c0139575_2203574.jpg


2008年に彼は言った。食糧供給減少と物価上昇に「バイオ燃料が貢献するかもしれないことは疑う余地がない」。 4

しかしながら、彼の統括の下で、穀物エタノールの利用は単に増加してきただけであった。

c0139575_2233718.jpg

c0139575_21575738.gif


オバマは、物価上昇のために生き残るために十分な食糧を買う余裕さえない何億人に対して何も行わずにきた。

c0139575_2225462.jpg


もちろん、アメリカ合衆国は食糧を武器として使う最初の国ではない。 ナチ・ドイツは、同じ事を東ヨーロッパでユダヤ人とスラブ人たちに対して行った。5


エタノールは効率的な燃料でさえないので、その問題を議論しても仕方がない。

エタノール燃料は、それが実際に含んでいるよりも、生産するのに6倍のエネルギーが必要である。6 したがって、それはまたより多くの温室効果ガスの排出(もともとどうでもいい問題)を防ぐよりも引き起こす。 実際、それは天然ガス、軽油、ガソリンよりも多くの温室効果ガスの排出を引き起こす。7

これらのような問題は、複数の仮定的な長所と短所を伴うなにやら「賛否両論の」一つの論争と化す傾向がある。 それはもちろん、悪意のある意図についてのすべての疑惑は、主流の議論の外に保たれながらである。

これは、誰であれ関わったものに、彼の行動の恐ろしい影響が明らかになるとき、よくわからなかったと主張することを許す。そしてある政策をそれが実施されたあと、何年もあるいは何十年でさえ変更せずにおくことを許す。

「社会ダーウィン主義者たちのある犯罪ネットワークの絶えず成長を続ける流血への欲望を満たし、そして世界の人口に食糧を供給しそして従って第3世界が発展することを許すことに対比して、発展途上世界が現在の勢力の均衡を絶えず変更することを妨げるための人工的なマルサスの大惨事をもたらすための食糧の破棄」としてより正確に記述されるだろう一つの問題は、「食糧対燃料」問題と化す。

c0139575_22382324.jpg


食糧を燃料生産のために破壊すること(まともな食糧を破壊するために必要とされる言い訳以上の何ものでもないそれを燃料に変える過程)が食糧の不足を引き起こすだろうことを理解するのに天賦の才はいらない。

したがって我々は、悪意ある意図以外のなにも期待する理由がない。 特に、アメリカ合衆国がアフガニスタンの食糧供給を毒する計画を持っていたこと8日本の食糧供給を破壊する計画を持っていたこと9 、そして兵器化した黒錆病を開発した10という我々の心中の事実をもってすれば。

ナチ・ドイツは、これらのなにもしなかったが、それでもなお我々は、その東欧からドイツへの食糧輸送の政策を、東欧での人口削減の一つの意図的な型として識別できるだろう。(訳注:ソ連の対ウクライナ、アイゼンハウアーの対ドイツ政策も思い出されます)

ことアメリカ合衆国とそのバイオ燃料使用政策に関しては、我々の心理学的な免疫システムは、「無能」あるいはせいぜい「人間の貪欲」または「特別の利益」との非難を我々に引き起こす。

しかしながら、もしその目標が食糧供給の破壊以外の何ものかであるならば、トウモロコシや穀物以外のエタノール原料が使われるだろう。


この問題の解決を助けることを個人的に始めたいという人々に、私は2つの提案をもっている。

私の最初の提案は、あなたが動物性食糧の摂取を減らすことである。もし完全にそれを排除しなくても。 言い換えれば、肉を多く食べるのをやめる。 肉の食べ過ぎはまた、あなたの体に良いことではない。

私の2番目の提案は、麻の使用促進に一役買うことである。 それは優秀な食糧源であり、そしてその「廃棄」物は効率的なバイオ燃料を作る。 それは蛋白質豊富で、健康的、そしてそれは雑草としての評判を獲得してきたくらい非常に高速に成長する。

c0139575_22321787.jpg


一般的に資本主義あるいは法人主義として記述される、ある選り抜きの少数にとっての利益と権力にして人類の残りにとっては苦しみである現行制度を維持するためには、この植物の広範な使用を防ぐことが不可欠である。

今のところ、私はあなた自身でインターネットをブラウズすることをお勧めするが、この主題両者について将来のある時点でさらにもう一つ別の記事を予定している。


元記事は

Obama's genocide: Forced starvation by destroying food by David Rothscum Saturday, January 23, 2010
http://davidrothscum.blogspot.com/2010/01/obamas-genocide-forced-starvation-by.html
[PR]

by oninomae | 2010-05-11 22:33 | ホロコースト・飢餓  

<< Fritz Springmei... 飢餓は一つの政治的武器として使... >>