イルミナティ入門 By Henry Makow Ph.D.

今頃入門編ですが、日柄もよろしいようで。

イルミナティ入門 By Henry Makow Ph.D. July 2, 2008 (From Nov. 19, 2005)

c0139575_18415346.jpg

政治は公共の談話から宗教を追放したが、宗教は今だ政治的現実の最上の説明を提供する。

政治闘争の本質は、実際には精神的な、人間の魂に対する神(善)とサタン(悪)の間での宇宙的戦いである。

その闘争は、イルミナティに率いられ、サタンに身を捧げるある国際金融エリートと、まだ神の計画を保持する人類の残りの者たちとの間のものである。

疑うことを知らない大衆は、子供たちのように愚者の楽園に住みながら、不安定な状態にある。

この闘争は、国家や宗教の間のものでも、あるいは左右のイデオロギーの間のものではない。

このオカルト・エリートは、その長期的なアジェンダを曖昧にし、かつ同時に前進させるために、すべての紛争の双方を作り出し、コントロールする。

そのエリートの計画は、その私的な新封建保護地域として、惑星を作り直すことである。これは、疫病、災害、あるいは戦争を通した世界人口の削減;その生存者たちの奴隷としての心理操作と繁殖;そしてルシファーを神とする祭祀を含んでいる。

次の10〜20年以内にある大変動が発生し得る。

エリートが操作と制御の様々な方法を試験し押しつける一方で、メディアにだまされ、そしてセックスに気を取られながら、我々は借りものの時間の中に生きている(余命いくばくもない)。 国連のような数千の組織が、実質的には公衆の吟味なしに、エリートの「世界政府」アジェンダを推進している

つい最近では、そのエリートは、彼らの「テロとの戦い」、抑圧的な「愛国者法」、そしてイラク戦争を正当化するために、9月11日の攻撃を扇動した。 ニューオーリンズの洪水、予防接種、そして鳥インフルエンザの流行は、他の試験あるいは予定される前兆である。

上品で献身的な人々は、この陰謀について語られると目を白黒させる。 彼らは、彼らの受けた「教育」とマスメディアによって催眠術をかけられている。

「イルミナティ」というと空想的に響くが、それは妄想ではない

フリーメーソンの中に隠された、それは悪魔教会である。

その会員は知られていた;その家屋は襲撃された。 計画と通信は押収されと発表された。 離脱者たちが、公式の審理の場で、その深刻な危険性について証言した。 それは抑制されたが、地下に潜った。

それ以来それは、(「進歩」、「改革」、「革命」の装いの下に)それが近代を文字通り規定するほど強力なものに成長し、そして今や、人類の未来を脅かしている。


近代の機能不全の起源

「イルミナティ」という用語は、「啓発された人々」を意味しており、そしてルシファー、「光をもたらす者」を引き合いに出す。

その基本理念は、「理性」つまり便宜で、「正しい理性」つまり普遍的な道徳を置き換えることである。

「汝が欲するようにせよ」がイルミナティのモットーであった。 イルミナティが現実を定義する、神や自然ではなく。

イルミニズムあるいは「ヒューマニズム」は、一つの世俗的な宗教であり、そして悪魔主義(つまり、「寛容」)への一つの変わり目である。 公衆の品位(公序良俗)の衰退は、このことをますます明白にしている。 世界がますますゲーム「グランド・セフト・オート[Grand Theft Auto]」やオカルト的なハリウッドの主要作品に似てきていることを見よ。

それが植物、犬、あるいは子供であろうが、もしちょっとした滋養物と愛が与えられたなら、それぞれその持ち前の設計に従って自然に栄える。イルミナティは、「自由」や、クッキーの抜き型である「平等」のような装いの下に、機能不全を促進することにより、人間発達の生来の成り行きを無効にしようと望んでいる。  (訳注:愛を与えられて育つと、「高利貸しがおかしい」といいだすからじゃないですかな)

イルミナティは、マネー、結婚、そしてオカルトによって提携した伝統的な封建的な権力エリート、つまりヨーロッパの貴族とユダヤ人金融業者の同盟を表している。

1770年、マイヤー・ロスチャイルド[Mayer Amschel Rothschild]は、
c0139575_1711148.jpg

一人の大学講師(カトリック教徒*として育てられた、あるラビの息子)、22歳のアダム・ヴァイスハウプト[Adam Weishaupt]を採用した。(訳注:*イエズス会だそうですが)

c0139575_1722637.jpg

欧州社会の最上部分を、西洋(つまりキリスト教)文明の進路を逆転させる(ゆえに「革命」という言葉)ために設計された一つの秘密結社へ誘い込むために。 

c0139575_1713070.jpg
 
c0139575_17131822.jpg

c0139575_17155639.jpg

c0139575_17161118.jpg

デイヴィッド・アレン・リヴェラ[David Allen Rivera]によるオンライン本、『最終警告[Final Warning]』と、

c0139575_17195718.jpg

ジェイムス・ワードナー[James Wardner]の優れた本『非神聖同盟[Unholy Alliances]』(pp.34 - 51)とを要約してみよう。

c0139575_17174082.jpg
 
イルミナティは、1776年5月1日に設立された。

c0139575_1773915.gif

ヴァイスハウプトは書いている:

「我々の結社の偉大な強みは、その潜伏にある。いかなる場所でもそれ自身の名前では決して姿を現さず、常にもう一つの名前そしてもう一つの業務で隠蔽されるようにしよう。フリーメーソン団の下位の3階級以上に適したものはない;公衆はそれに馴染んでいるし、それにほとんど何も期待していない、そしてそれゆえに、それにほとんど注意を払わない。」

1781年12月20日、ヴィルヘルムスバット会議[Congress of Wilhelmsbad]で、イルミナティ階層をメーソン団の初等3階級に対して付け加えるという、メーソンたちとの一つの合意が達成された。

帰国後、リヨンのマルティニスト・ロッジ[Martiniste lodge]のメーソン、コント・ド・ヴィリュー[Comte de Virieu]は報告した:

「私に言えることは、そのすべては、あなた方が考えるよりも非常に深刻であるということだけだ。その仕組まれた陰謀は、非常によく考え抜かれており、王政と教会にとってそれを逃れることは不可能であるだろう。 」

c0139575_18829.jpg

ネスタ・ウェブスター[Nesta Webster]は彼女の本『世界革命[World Revolution]』の中で、イルミナティの手口について述べている。

c0139575_17375335.jpg

それはティモシー・リアリー[Timothy Leary]同様アドルフ・ヒトラー[Adolph Hitler]にも当てはまる:

「イルミニズムの技法は、名人たちと同様カモたちも入隊させ、そして正直な夢想家たちの夢あるいは狂信者たちの計画を励し、野心のある利己主義者たちの虚栄心をくすぐり、心の平衡を失ったインテリたちに働きかけ、あるいは、貪欲と権力のような情熱につけ込んで、完全に相違する目的の人間たちをその教団の秘密の目的に仕えさせることにある。」

イルミナティまた、高い地位にいる人間たちへのコントロールを得るためにカネとセックスの賄賂を使うそしてその後、財政的破滅、公然暴露あるいは暗殺の脅威によって彼らを脅迫するこれは、今日まで続いている。

ヴァイスハウプトは書いた:

「時にある一つのやり方で、またある時はもう一つ別のやり方で話さねばならない。そうすれば、我々の真の目的は我々の下位のものたちには理解できないままに留まるだろう。」

そして、その目的とは何か?

それは、「権力と富を勝ち取り、世俗的または宗教的政府を弱体化させ、そして世界の支配を獲得することに他ならない。」

c0139575_22514081.jpg

最優先事項は、作家、出版社そして教育関係者たちを入会させることであった。 ダーウィンからニーチェマルクスにいたる近代の大思想家たちは、イルミナティの駒または代理人であった。

ある大学について、ヴァイスハウプトは書いた:

「全ての教授たちは、イルミナティのメンバーである・・・だから、すべての教え子たちはイルミニズムの弟子になるだろう。」  (Wardner, 45)

その結社がドイツ全土に広まるにつれて、オッペンハイマー[Oppenheimers]、ヴェルトハイマー[Wertheimers]、シュスター[Schusters]、シュパイヤー[Speyers]、シュテルン[Sterns]、そしてもちろんロスチャイルド一族[Rothschilds]のような指導的ユダヤ人ファミリーから、マネーが寄付された。

ジェラルド・B・ウィンロッド[Gerald B. Winrod]は、彼の本『アダム・ヴァイスハウプト:人間悪魔[Adam Weishaupt: A Human Devil]』の中で、 「ヴァイスハウプトの主要副首脳(副長官)39名のうち、17名がユダヤ人であった」と 書いた。

c0139575_17481812.jpg

バヴァリアから、そのイルミナティ教団は野火のように拡がった・・・

間もなく、かれらは、学生、商人、医師、法律家、裁判官、大学教授、公務員、銀行家、そして教会聖職者さえも含むあらゆる階層からの300人以上のメンバーを有した。

彼らのとても有名なメンバーの一部をあげれば:オルレアン公爵[Duke of Orleans]、ザクセン-ヴァイマル-コーブルク-ゴータ公エルンスト・アウグスト公爵[Duke Ernst Augustus of Saxe-Weimar-Coburg-Gotha]、ヘッセン-カッセルのチャールズ皇太子[Prince Charles of Hesse-Cassel]、ヨハン・ゴットフリート・フォン・ヘルダー[Johann Gottfried von Herder](哲学者)、クレメンス・フォン・メッテルニヒ伯爵[Count Klemens von Metternich]ロシアのカテリーナ2世[Catherine II of Russia]ガブリエル・ド・ミラボー侯爵[Count Gabriel de Mirabeau]、コンスタンツァ侯爵[Marquis of Constanza](「ディオメデス[Diomedes]」)、ブルンシュヴィック公フェルディナント公爵[Duke Ferdinand of Brunswick](「アーロン[Aaron]」)ザクセン-ヴァイマル公カール・アウグスト公爵[Duke Karl August of Saxe-Weimar]、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ[Johann Wolfgang von Goethe](詩人)、ロシアのヨーゼフ2世[Joseph II of Russia]デンマークのクリスチャン7世[Christian VII of Denmark]、スウェーデンのグスタフ3世[Gustave III of Sweden]、そしてポーランドのポニャトフスキ国王[King Poniatowski]である。

1786年のフランクフルトでの第3回フリーメーソン会議の時までには、イルミナティは事実上、様々なドイツの州、オーストリア、ハンガリー、イングランド、スコットランド、ポーランド、フランス、ベルギー、スイス、イタリア、オランダ、スペイン、スウェーデン、ロシア、アイルランド、アフリカ、そしてアメリカにまたがる300万人の秘密結社のメンバーを代表するすべてのメーソン・ロッジをコントロールしていた。 (Wardner, p. 39)

1790年代に、米国で、一つのイルミナティ騒動があった。 1798年チャールズタウンで、ジェデッディア・モース[Jedediah Morse]牧師が説教をした:

「実際に、欧州のすべての市民のそして教会の体制組織は、すでにこの恐るべき組織によってそれらの基盤を揺るがされてきました。フランス革命それ自身が疑いもなくその策謀に跡づけられる・・・」(Wardner 48)

1832年、ウィリアム・ラッセル[William Russell]が、イェール大学で、「スカル&ボーンズ」と呼ばれるイルミナティの一つの支部を設立した。

c0139575_175922100.jpg

GW・ブッシュ大統領、彼の父と、そしてジョン・ケリーはそのメンバーである。

c0139575_1813446.jpg

c0139575_1815551.jpg

1785年9月9日、法律家ヨーゼフ・ウッシュナイダー[Joseph Utzschneider]と他の2名の離脱者たちが、バヴァリアでの査問会議の前に、イルミナティの目標を明らかにした:

君主制とすべての秩序ある(整った)政府の廃止;私有財産(それはイルミナティが引き受けるだろう)の廃止;愛国心(国家)の廃止;(結婚、徳行の廃止と、政府が子供たちに「教育」を提供することを通した)家族の廃止、そして最後に、すべての宗教特にキリスト教の廃止。

これらは正確に、1848年にマルクスによって宣言された共産主義の目標である

c0139575_1873235.jpg

c0139575_1852434.jpg

c0139575_1852583.jpg

c0139575_1853129.jpg

イルミナティと共産主義はごく親密である。 「アカ」という用語は、ロスチャイルドの名前「赤い盾」に端を発している。

c0139575_1810838.jpg

悪魔的な五芒星は両者のシンボルである。

c0139575_1819962.jpg

c0139575_18194799.jpg

結論

人類は、方向を誤ってきた、そして絶滅へと運命づけられたように見える。

西洋の政治t的、文化的、そして経済的エリートは、ある宇宙的悪魔的陰謀のカモか意識的な代理人である。

c0139575_1824541.jpg

もし我々と我々の子供たちが、苦しみ時期尚早に死すべき運命であるとすれば、少なくとも我々はその真の理由を知っている。それは我々の先祖数百万人には与えられていなかった一つの特権である。

神と悪魔は人間の魂に対して賭けをした。 もし、神が勝つなら、人間はすばらしい生得の権利の繁栄を楽しむだろう。もし悪魔が勝つなら、人間は破壊される。 一言で言えば、これが政治の宗教的性質である

私たちは即座に、宗教の一つの本質的な部分を取り戻すことができる。「あなたが(困っているときに)他人にしてほしいと思うことを、(そのときが来たら)他人にもせよ」(()中は訳者追加)という格言を受け入れることによって。

すべての真の宗教の本質は、個人的な欲望の代わりに神(つまり、公正、真実、そして愛のような精神的な理想)に従うこと、利己的である代わりに無私無欲であることである。雪の結晶のように、これがいかにしてバラバラに異なる構成要素が、彼ら自身を計画(つまり愛)に従って整え、そして申し分のない状態を達成するかということである。


See my "Rothschilds Conduct Red Symphony"
http://www.savethemales.ca/000275.html

ロスチャイルドは「赤い交響曲」を指揮する。by Henry Makow Ph.D.

c0139575_1854116.jpg

See also my "Illuminati Defector Details Pervasive Conspiracy."
http://www.savethemales.ca/141002.html
 
イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る by Henry Makow Ph.D.


c0139575_2148035.jpg

c0139575_21463323.jpg

c0139575_21484618.jpg


c0139575_1662517.jpg

c0139575_16101352.jpg

c0139575_16103136.jpg


c0139575_16462327.jpg

c0139575_16464913.jpg


c0139575_403028.jpg

c0139575_3585481.gif

c0139575_345477.jpg


元記事は

An Illuminati Primer By Henry Makow Ph.D. July 2, 2008 (From Nov. 19, 2005)
http://www.savethemales.ca/001260.html

参照

Henry Makow博士論考集

イルミナティ解説  by 林陽 1

イルミナティ解説 by 林陽 2

へロデの呪い(フリーメーソンの起源) 解説:歴史をつむぐ見えざる糸  by 林陽 1

へロデの呪い(フリーメーソンの起源) 解説:歴史をつむぐ見えざる糸  by 林陽 2

フリーメイソンの計画 by 林陽 1 標語の裏

フリーメイソンの計画 by 林陽 2 キリストへの憎悪と結社の起源 + 世界専制

フリーメイソンの計画 by 林陽 3 古代メイソンと近代メイソンとのつながり

フリーメイソンの計画 by 林陽 4 予想される未来

c0139575_1964283.jpg

c0139575_19703.jpg

c0139575_1821745.jpg

c0139575_18212348.jpg

c0139575_18223670.jpg

c0139575_1823554.jpg

c0139575_014341.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-05-01 18:25 | イルミナティ  

<< HAARPに地震波か? by ... 進歩への叙情詩 by Davi... >>