「ほっ」と。キャンペーン

スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack その2


スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack その2

スターリンは、ロスチャイルド銀行家一族のメンバーが住んでいるヨーロッパの主要都市-ロンドン、パリ、フランクフルト、ウィーン、ナポリの生まれではなかった。スターリンは、グルジア共和国の都市ゴーリの生まれである。それゆえ、如何にして一人の欧州のロスチャイルドが、中央アジアのトランスコーカシア[Transcaucasia]で一人の子供の父となれたのか? [トランスコーカシアは、コーカサス山脈の南の地理的地域であり、アルメニア、アゼルバイジャン、そしてグルジアの独立国家を包含している。 ]

c0139575_18322424.jpg

グーグル地図を表示

何がロスチャイルド家の一人の貴族的なメンバーをトランスコーカシアへ連れて行くだろうか?

ロスチャイルド一族は、マネーに関するすべて。 巨大なマネー。彼らはあなたや私のような人々向けの銀行家たちではなく、国に対する銀行家たちである。

トランスコーカシアで何が一体彼らに興味を起こさせ得るだろうか?

グルジアの主要な輸出品は今もなおワインである。ロスチャイルド一族はそれをすでに多く持っていた。 アルメニアの鉱山は、銅、亜鉛、金、そして鉛を産出するが、ロスチャイルド一族の注目に値する重要な量でではない。

最初に私は、あるロスチャイルドが、その家族のサラブレッド育種血統の品質改善努力のなかで、中央アジアの巨大な馬の市場に向かう途上にあったとも考えた。その馬の市場は一つの可能な説明である一方、コーカサスにはもう一つの別の魅力があった。

トランスコーカシア地域には、強力なロスチャイルド銀行家一族の注目をを引いたまったく貴重な何ものかがあった。グルジア共和国の真東は、アゼルバイジャン共和国[Republic of Azerbaijan]である。アゼルバイジャンは、欧州最大の銀行家ファミリーの未来にとって非常に重要であった。アゼルバイジャンは、石油を持っていた(そしていまでも持っている)! 大量の石油を。 

c0139575_1836976.gif

グーグル地図を表示

1878年、スターリンが誕生した当時、その巨大な石油ビジネスが進行中で、抜け目のないロスチャイルド一族は、秘密の独占を通して大々的にロシアの石油に資本を投下する計画をしていた。 [これはまさにどのようにしてロスチャイルド一族が秘密裡にロシアを支配するようになったか、そして従ってロシアの石油について唯一のプレイヤーになったのかという物語である。]

なぜあるロスチャイルドが、スターリンのグルジア共和国に自分自身でいたのだろうか?

その答えは実際とても単純である。 一人のロスチャイルドにとって、アゼルバイジャンのバクー油田に旅するためには、彼は・・・グルジアを通って旅せねばならない!

兵站的には、ロスチャイルドのヨットはたぶんフランスの海岸から出航して、おそらく、ポーチあるいはバトゥーミ[Batumi](バトゥーミは、偶然にもスターリン出生の年である1878年3月までグルジアに組み込まれていなかった)の港に到着しただろう。

c0139575_18435927.jpg

グーグル地図を表示

c0139575_18413484.jpg

グーグル地図を表示

そのロスチャイルドの旅行隊は、約100マイル内陸で、スターリンの生誕地ゴーリ[Gori]に達するグルジアを横断するだろう。 ゴーリは、一つの道理に適った休憩地点を提供してきただろう。 彼らがある裕福なユダヤ人のワイン商人の客であっただろうことは想像もつかないわけではない。 (それはまた、おそらく、例えばワイン商人の従業員の中の一人のかわいらしい洗濯女と親密になるある機会を提供しただろう。)

ゴーリ後、ロスチャイルドの旅行隊は、グルジアの首都ティフリス[Tflis](今のトビリシ[Tbilisi])まで、さらなるもう50マイルの旅を続けただろう。

c0139575_18484487.jpg

グーグル地図を表示


1878年のティフリスでは 、要人として、ロスチャイルドの貴族の取巻きは、疑いもなく特別のやり方で、コーカサスのヴァイスロイ-ロシアのミハイル・ニコラエヴィチ大公[Grand Duke Michael Nikolaevich of Russia]によって歓待されただろう。

c0139575_18494372.jpg

[ロシアのミハイル・ニコラエヴィチ大公(1832.10.3-1909.1 2.1 8)は、ロシアのツァーリ・ニコラス一世[Tsar Nicholas I of Russia]とプロシアのシャルロッテ[Charlotte of Prussia]の 4番目の息子で7番目の子供であった。彼は、トビリシに定住して、長期間 (1862-1882) コーカシアの総督(ヴァイスロイ)を務めた。-ウィキペディア]

c0139575_1858477.jpg

1990年に示されたグルジア共和国トビリシにあるコーカサスのバイスロイの元帝政主義者の宮殿。  出典:バイスロイ宮殿


その大公の巨大な宮殿は、バクー油田へ向かう途中の一人のロスチャイルドにとって、確実に一つの相応しい休憩所であった。 私は容易に想像できる。美味しい地元のワインを飲みながら、ロシアの石油の将来について議論をしている その銀行家と大公を

一緒になって、ロスチャイルド一族と帝政ロシアは、石油の世界を支配するだろう。最終的には、ジョン・D・ ロックフェラーによって所有されるスタンダード石油会社を生産量と販売で凌ぎながら

私は、その大公がスターリンの父親の謎において、間接的な役割を果たしたと考えている。

サイモン・セバーグ・モンテフィオーレ[Simon Sebag Montefiore]によるヨシフ・スターリンについての最新の伝記『若きスターリン[Young Stalin]』(ちょうど2007年の10月に出版された)によれば、

c0139575_1933443.jpg

スターリンの母親は、その大公に雇われていた!


モンテフィオーレを引用すると:

「ニコラエヴィチの王宮内に、エカテリーナ・ジュガシヴィリ[Ekaterina Djugashvili]、略してケケという名の一人の洗濯女が採用されていた。」

スターリンの母親ケケは、ティフリスのバイスロイゴーリのワイン商人両者のために働いていた!

旅行中のロスチャイルド一行は、バクーに向かう途中、これらの両方の場所を訪問したか? それは当然そう思えるだろう!

c0139575_6591729.jpg


スターリンとボルシェビキたちが、ロシア王室ファミリーを殺害#後、スターリンが彼の独裁体制を確保したとき、彼は自分の母親にティフリスのその巨大な王宮を住居として与えるだろう
* (#訳注:生きていたという話もありますが、排除したことには変わりないでしょう)

c0139575_19101338.jpg



続く

元記事は

Was Stalin a Rothschild?  By Clifford Shack
http://cliffordshack.com/stalinrothschild.html (今回は和訳2回目です)

c0139575_19293374.jpg

Picture of Temple to Stalin's Birthplace, Gori, Georgia




*Mother's memoir reveals sensitive Stalin Published: 12:01AM BST 07 May 2007
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/1550842/Mothers-memoir-reveals-sensitive-Stalin.html

c0139575_19105660.jpg

Keke Djugashvili: son installed her in a former Tsarist palace


Josef Stalin, the monstrous Soviet dictator responsible for the deaths of millions, was a "sensitive child" with a love of flowers, his mother's memoirs have revealed.

Stalin was born in Georgia in 1878, the only child of a cobbler, Beso Djugashvili and his wife, Keke. In her memoirs, released from a secret Soviet archive, she detailed how a series of illnesses and accidents left "Soso" - her nickname for Josef - partially crippled, and how he coped with a violent alcoholic father.

"My Soso was a very sensitive child," said Keke. "As soon as he heard the sound of his father singing balaam-balaam from the street, he'd immediately run to me asking if he could go to our neighbours' until his father fell asleep."

Keke recounted how she used her child's love of flowers to encourage him to walk. Holding out a camomile, she would entice him to move towards her.

She also wrote about her son's struggle to win a scholarship to the seminary of the Georgian capital, Tiflis, now Tbilisi, to become a student priest.


On the train there, where his now estranged father was working, she recounted how her teenage son suddenly began to cry. "Mummy," he said, "what if, when we arrive in the city, father finds me and forces me to become a shoemaker? I want to study. I'd rather kill myself than become a cobbler."

"I kissed him and wiped away his tears," she recalled, adding: "Nobody will stop you studying, nobody is going to take you away from me."

Keke's memoirs were released by the Georgian president, Mikhail Saakashvili at the request of Simon Sebag Montefiore, whose new book, Young Stalin, is published this month.

Stalin later rebelled against his studies, however, and declared himself a revolutionary seeking the end of Tsarist Russia. Following his rise he installed Keke in a Tsarist palace in the Caucasus, but she occupied only one tiny room and died in 1937.


参照

Red Army invasion of Georgia
http://en.wikipedia.org/wiki/Red_Army_invasion_of_Georgia
[PR]

by oninomae | 2010-04-22 19:36 | イルミナティ  

<< スターリンは、ロスチャイルドだ... ユダヤ人がエルサレムで反シオニ... >>