「ほっ」と。キャンペーン

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 5


ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」 第二次世界大戦とイスラエルの創立へのロスチャイルド一族の関与についての一観点 By Clifford Shack その5(最終)


1920年の後期に、チャーチルはロイド・ジョージ[Lloyd George, 1863-1945]に、彼は別の閣僚ポストに変わりたいと語った。 1921年2月14日、チャーチルは植民地大臣に任命された。

c0139575_1024152.jpg

c0139575_10252814.jpg

c0139575_1026332.jpg


彼が植民地局を引き継いだとき、バルフォア宣言が彼の遺産の一部だった。 その宣言は、1917年にアーサー・バルフォア[Arthur Balfour, 1848-1930]が外務大臣であった時に発布されたが、実際にはロスチャイルド一族によってロスチャイルド一族のために策定された。

c0139575_10495699.jpg

その本文は、戦時内閣の次官補レオ・エイメリー[Leo Amery, 1873-1955]によって作成された。

c0139575_10115749.jpg

エイメリーは、ロスチャイルドの看板男で戦時内閣内側のメンバーだったミルナー卿[Lord Milner; Alfred Milner, 1st Viscount Milner, 1854-1925]の下で働いた。

c0139575_10122114.jpg


その宣言は、ナッティ・ロスチャイルドの息子、ウォルター[Walter Rothschild, 2nd Baron Rothschild, 1868-1937]に宛てられた

c0139575_10554380.jpg


それは、英国政府が「ユダヤ人の民族的郷土の設立」に賛成し、「その目的の達成を促進するために最善の努力をなすつもりであり、同時に、パレスチナに存在する非ユダヤ人共同社会の民事的・宗教的権利に損害をもたらすかもしれない何事も行われないことは明確に理解される。」ことを宣言した。

c0139575_10142098.gif


ウィンストン・チャーチルのロスチャイルド後援のパレスチナにおけるユダヤ人国家に対する方針は「完全な」であった。 彼は、新たな油田地帯でそれが果たすだろう安全保障の役割を理解した 植民地大臣として、彼はそのプロジェクトに対する最も重要な側面、移民を監督する立場にあった。 その問題は、植民地に入る人々の速度と数を制御するよりももっと複雑であるだろう。

上質の移民たちが一つの決定的な関心事であるだろう、それ故に厳格な差別が、移民過程における指針となる力であるだろう

1921年5月31日に、チャーチルは、アラブの苦情や「最近のユダヤ人移民たちの劣った品質の現状説明」 を内閣に報告した。他の何よりも、それは「品質」問題であった。ホロコーストの必要性を決定するだろうパレスチナへのユダヤ人移民を取り巻いていたのは。

植民地化プロセスの成功を懸念したものたちは、流れを止めることはできたが、彼らは自分たちに対峙する否定的な人間素材の大群を変えることはできなかった。

ユダヤ人コミュニティ内で、ロスチャイルド一族が最も関心を寄せる2つのグループは、ファーガソンによると、ロスチャイルド一族よりも最近自分たちの財産を作った新富裕層のユダヤ人銀行家や実業家たち、そしておそらくより重要な東方ユダヤ人[Ostjuden]:東欧のはるかに多いユダヤ人たち(主としてしかしそれだけではないがロシア帝国からの)、彼らのうち250万人が1881年のアレクサンドル2世の暗殺によって口火を切ったポグロムと次の年に導入された新しい差別的法律の後に西方へ移動した。

新貧困層は少なくとも新富裕層と同様に大いなる当惑の源であった。

ドイツの反ユダヤ主義の主題についての一通の手紙の前書きで、1880年にナッティはユダヤ人迫害の原因についてディズレーリに語った:

c0139575_1056243.jpg

「また非常に多くの他の理由がある・・・その中で、飢餓の状態で到着し、そして彼らが金持ちになるまでは社会主義者であるポーランド系、ロシア系、そしてルーマニア系ユダヤ人たちの絶え間ない流入。」

この暴露的記述によれば、我々は、貧しいユダヤ人、豊かなユダヤ人、そしてその中間のすべてのユダヤ人たちが、ロスチャイルド一族にとって一つの悩みの種であることが見て取れる。

社会主義はそれによって超富豪が大衆をコントロールするだろう道具であろうから、独立した社会主義に携わるユダヤ人たちはこの計画にとって障害であるだろう。

要するに、欧州のユダヤ人社会の排除は様々な理由のゆえに必要であった

1905年の外国人法の論議の間、ナッティ・ロスチャイルドは主張した。

そのような立法は「確かにそれに値し勤勉な人間たちに効果を挙げるだろう。到着時のその貧乏な地位は、独立を達成するための彼らの無能の判断基準ではないだろう。」

彼の息子ウォルターは、この見解を繰り返した。
c0139575_108446.jpg

「英国は」、彼は主張した、「他の国々の抑圧されまた不当に虐待された人々のための避難所であるべきである。彼らがまあまあで勤勉である限りにおいて。」

ロスチャイルド一族は、「値し、まともで、あるいは勤勉」ではない移民たちに彼らの同情を与えることはできなかった。


値しない、下品な、そして怠惰な人々は、すべての未来のロスチャイルド計画への障害であるだろう。 それがパレスチナでのユダヤ人の軍事植民地の確立であれ、あるいは欧州合州国樹立であれ、そこには、同化するのではなく分離するようにデザインされた奇妙な習慣や行動を有する悲惨に貧困で、非生産的な「無駄飯食い」の大衆には余地がなかった。

欧州のユダヤ人たちの排除は、新世界秩序の成功に不可欠であった

今日ホロコーストとして知られるロスチャイルド主義者の作戦は、その巨大な金融帝国を意のままにし、すべての経験、代理人、そしてコネクションを用いて上から下まで完全に内密に実行されるだろう。

チャーチル、ヒトラー、パチェッリ(ピウス12世)、ルーズヴェルト、そしてスターリンのような看板男たちの才能と努力を採用して、これらの偽りの枢軸-連合-中立仲間たちは、すべて超極秘のロスチャイルド主義超国家諜報網によって、目に見えることなしに共に連結されるだろう。

c0139575_10293413.jpg

c0139575_10362573.jpg


このネットワークは、20世紀の最高に守られた秘密であり、実質的に開始から終了まで第二次世界大戦を画策指揮した。


やはり、このユダヤ人諜報網の目的は、皮肉にも、欧州のユダヤ人大衆の破壊であり、こうして、イスラエル国家の成功と中東石油地域の安全保障システム内でのその役割を保証することであった。


c0139575_11104346.jpg

c0139575_10405847.jpg

c0139575_1042591.jpg

c0139575_11121422.jpg

c0139575_11105731.jpg

c0139575_1849026.jpg

c0139575_19435897.jpg






元記事は

The Rothschilds,Churchill and "The Final Solution" A view of the Rothschild's involvement in World War II and the founding of Israel By Clifford Shack
http://cliffordshack.com/RothschildFrontmen.html (今回は和訳5回目、最終です)


c0139575_11162135.jpg

c0139575_11194379.jpg

c0139575_11203124.jpg


c0139575_11253879.gif

c0139575_1126592.jpg


邪悪な場所-ジョージア・ガイドストーン By Vigilant + 薔薇の棘?
http://satehate.exblog.jp/12455756/
c0139575_11304595.jpg

c0139575_11334099.jpg

MAINTAIN HUMANITY UNDER 500,000,000
IN PERPETUAL BALANCE WITH NATURE

人類を五億人以下に保て
自然との恒久的な調和のために



イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る by Henry Makow Ph.D. 
http://satehate.exblog.jp/10518866/

ヨーロッパに基盤をおいて、それは「世界秩序」を計画している。それはその初期の試みであるナチズムや共産主義をピクニックのように見えるようにするだろう。

c0139575_18262098.jpg

c0139575_18273459.jpg

c0139575_1832615.jpg

c0139575_18311981.jpg

c0139575_18314741.jpg

c0139575_19192114.jpg




c0139575_18562554.jpg

c0139575_2229680.jpg

魔術とイルミナティ
c0139575_197142.jpg

c0139575_19102971.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-04-18 10:45 | イルミナティ  

<< 部分的にホロコーストを否定した... ポーランド機の墜落現場で聞こえ... >>