「ほっ」と。キャンペーン

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 4


ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」 第二次世界大戦とイスラエルの創立へのロスチャイルド一族の関与についての一観点 By Clifford Shack その4


「上流」の「紛争」がうまく処理されるとともに、「中流」を取り巻く「紛争の海」に対処する必要があるだろう・・・

ウィンストン・チャーチルは議会に対して「一つの経路にのみ・・・我々は依存すべきではない」と強調していたけれども、スエズ運河が明らかに中東の油田から欧州への唯一の実用的タンカー経路であることは明白であった。

c0139575_19553462.jpg

もちろん、アフリカの岬周りの経路もあったが、しかしそれは惨めに長く、骨の折れる、高価な代替経路であった。 経路が長ければ長いほど、戦時における潜在的攻撃の脅威が大きくなるという事実は述べるまでもない。

c0139575_207562.jpg


短いスエズ運河経路は、安全確保がはるかに簡単で、そしてもちろん安価だろう。スエズ運河地域を脅威から安全確保することは、グローバルエリート主義者たちの次の焦点になるだろう。

c0139575_19585030.jpg

c0139575_200891.jpg


チャーチルは後部座席には座らないだろう。

スエズ運河地域についての一つの静かだがしかし緊急の懸念は、スエズ運河会社は、1968年に切れる予定の一つの免許を与えられていたという事実である。その時点で100年契約のリースが切れ、そしてその運河の所有権がエジプトの支配下に戻るだろう。

エジプトは、英国と欧州の残りの部分に対して生死を制する権力をもつだろう。もしその破局を防ぐために安全保障手段が設置されることなしにそれが起これば。

ロスチャイルド一族は、その運河が(彼らのマネーにより)英国によって獲得されて以来、この格別のジレンマに静かに取り組んできていた。

ロスチャイルド一族のフランス分家内の石油の専門家エドモンド・ド・ロスチャイルド男爵[Baron Edmond de Rothschild, 1845-1934]が、欧州の利益に友好的な一つの傀儡植民地の確立のための努力を主導していた。

c0139575_2075673.jpg

c0139575_208583.jpg


それは、衰退するオスマン帝国に置き代わことが予定されたまもなく出現する中東のための、ある安全システムの中で一つの重要な役割を果たすことが意図されていた

ロスチャイルドの進行は、注意深く、ゆっくりで、そして計算されたものだろう。

しかしながら、あまりに遅かった。全体の作戦を脅かすことになるだろう一人の人物にとって。

テオドール・ヘルツル[Theodor Hertzl, 1860-1904]は、世界の舞台に押し入った。

c0139575_2011401.jpg

彼は、ウィーンの新聞Neue Freie Presse(新自由通信)のパリ特派員をしていた。 彼は扇情的なドレフュス事件[Dreyfus affair, 1894]を扱った。そこでは、アルフレッド・ドレフュス[Alfred Dreyfus]という名のフランスのユダヤ人が軍事機密をドイツに売ったという偽りの告発がなされた。

c0139575_20164289.jpg


その事件が発火させた反ユダヤ主義の激情は、ヘルツルにユダヤ人の母国問題への一つの解決策を策定することを余儀なくさせた。

c0139575_20193984.jpg


彼は、もしユダヤ人たちが自分たちで自分自身のと呼べる一つの土地において再統合できるならば、その結果彼らが遠い昔から耐えることを強いられてきた類の扱いに服従する必要がなくなるだろうと考えた。

c0139575_20234611.jpg


ヘルツルの有名な政治的パンフレット、『ユダヤ人国家[The Jewish State]』は、最初はロスチャイルド一族に宛てた手紙の形を取っていた。

c0139575_2022273.jpg

彼の意図は、ユダヤ人たちが彼らの離散期間中にかつて生み出した最も強力なファミリーの気高い感受性に訴えることであった。

ウィーン分家のアルベルト・ロスチャイルド[Albert Rothschild]は、ヘルツルに会うことを拒絶したが、彼はそれぞれパリとロンドン家のエドモンド・ド・ロスチャイルド男爵とナッティ卿に実際接見した。

c0139575_20255537.jpg

c0139575_20265581.jpg


これらの会合の影響は、欧州のユダヤ人たちの運命に壊滅的な影響を持つだろう。 一つの安全かつ確実なスエズ石油回廊のためのロスチャイルド計画へのヘルツル主義者の脅威をより詳細に理解するためには、ここをクリック

ヘルツルの死の時には、ロスチャイルドの被保護者ウィンストン・チャーチルは迅速かつ意図的な出世街道にいた。それは彼をパレスチナへの大規模な無制限のユダヤ人移民に対するロスチャイルド主義者の対処における彼の役割のために準備していた

c0139575_20354025.jpg


1905年には、彼は植民地局の次官に就任した。

c0139575_203866.jpg

植民地大臣、エルギン卿は、すべての文書をチャーチルに見せ、そして彼をすべての政策議論に参加させた。 1906年に植民地局にいた間、チャーチルはユダヤ人の母国の原則を認識する第一級の人物たちの一人であった

実際、パレスチナあるいは東アフリカいずれに移住するかについてユダヤ人グループの間で分裂があったとき、チャーチルは「エルサレムが究極の目標であるべきだ。それがいつ達成されるかについて予言するのは無駄である:しかし、それがいつの日にか達成されるだろうことは未来のいくつかの確かなことの一つである」と考えた。 それは彼が1908年に彼のマンチェスターの有権者たちの一人に宛てて書いたものである。しかし、そのフレーズは彼の手紙の最終稿では削除された。

1910年2月14日、チャーチル、「急いでいる若い男」は内務大臣に任命された。 彼はほんの35歳だった。 彼の責任の中には、国家安全保障、英国警察、法と秩序、そして移民があった。

c0139575_20403093.jpg


1911年、アガディール事件の後、彼は海軍大臣になるだろう。そこで彼は海軍を石油に委ねるだろう。

c0139575_20445049.jpg


10年後、ホワイトホールからの外交官たちが、彼らのアフリカの所有権への19世紀の争奪戦の消音版として、静かに中東を分割するだろう。

フランスはシリアとレバノンを得るだろう;ペルシャ(イラン)は「英国の保護」下に入るだろう;メソポタミア(イラク)とパレスチナはの英国の影響圏内に入る。もしその帝国がエジプトの帝国軍と石油の豊富なペルシャ湾岸地域との間の直接陸路を伴うならば。

油田地帯が確保されると、次の課題はそのように留まるだろうことを保証することである

ユダヤ人の母国の装いの下で、英国は西洋に忠実な一つの軍事指向の安全保障国家を確立するだろう。 この植民地は、中東全体の安全保障システムの要となるだろう。

c0139575_2052696.jpg

c0139575_20535325.jpg


まさにこの植民地の生存が、しかしながら、その地域への欧州のユダヤ人移民の無秩序な大量流入によって、潜在的に脅かされた。このような民族の災難は、中東地域全体のエネルギー供給を脅かすだろう。潜在的な移民の貯水池を排除することによってのみ、植民地の完全性が維持できるだろう。

一度予め決定された移民の制限が満たされるや、その小さな土地へ入るいかなるこれ以上の許可も封印する厳格な法律が実施されるだろう。一度これらの法律が実施されると、残りの潜在的な移民を駆除する一つの大きな作戦が開始されるだろう。 この作戦はホロコーストとして知られるだろう


c0139575_2050143.jpg


続く

元記事は

The Rothschilds,Churchill and "The Final Solution" A view of the Rothschild's involvement in World War II and the founding of Israel By Clifford Shack
http://cliffordshack.com/RothschildFrontmen.html  (今回は和訳4回目です)



c0139575_20483840.jpg

c0139575_2048945.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-04-15 20:56 | イルミナティ  

<< 家畜動物農場共通番号制度のお知らせ ロスチャイルド一族、チャーチル... >>