「ほっ」と。キャンペーン

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 3


ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」 第二次世界大戦とイスラエルの創立へのロスチャイルド一族の関与についての一観点 By Clifford Shack その3


ダニエル・ヤーギンのピューリッツァー賞を受賞した本『The Prize: The Epic Quest for Oil, Money and Power』によると:

c0139575_20483669.jpg

彼が直面した最も重要で論争的な問題の一つは、見たところ本質的に技術的なものであったが、実際には20世紀に対しての巨大な意味を持つだろう。その問題は、英国海軍が動力源として、伝統的な燃料であった石炭に代えて石油へ転換するかどうかということであった。多くのものたちが、そのような転換は純粋な愚行であるとい考えた。というのは、それは、海軍がもはや安全で確実なウェールズの石炭に頼ることができず、むしろ遠方で不確実なその後イランとして知られるペルシャからの石油の供給に依存せねばならないだろうからであった。」

チャーチルは言った。「海軍を決定的に石油に委ねることは実際、『紛争の海に対して武器を取る』ことであった。」

しかし、戦略的な利点-より速い速度と人的資源のより効率的な使用-は、彼にとって彼がぐずぐずしていられないほど明白であった。彼は、英国がその「石油に基づく海軍の優位」を基盤にせねばならないだろうし、そこですぐに、その目的を達成することに、すべての自分の駆動エネルギーと熱意をもって、彼自身全力を傾けることを決心した。

選択の余地はなかった-チャーチルの言葉では、「支配それ自身が冒険の賞品であった。」

チャーチルの長い政治的経歴の全体に渡って、彼の頭を塞いでいただろうことは、まさにこの「紛争の海」であった。

c0139575_21431320.jpg


もちろん、彼は英国政府と、巨大で密かな金融的・政治的コネクションを有するロスチャイルド一族に支援される運命にあった。

チャーチルが直面したその「紛争の海」は、恒久的かつ安全な石油の供給を確保するという一見したところ不可能な課題であった。

この「海」は、石油それ自身の世界のように、3つに分割できるだろう。


「上流」は探査と生産を含む。 「中流」は、製油所へ原油を運ぶタンカーやパイプラインそして輸送経路である。「下流」は、精製、市場取引、そして流通を含む。

最初の課題は「上流」を確保することであった。

1914年6月17日に、チャーチルは英国政府が一つの石油会社に投資するという一つの法案を発表した。 254対18の投票を持って、英国政府はアングロ-ペルシア社の51%を獲得した。

アングロ-ペルシア社は、しかしながら、チャーチルが議会で1913年に述べたように、英国の唯一の石油供給者ではない予定であった。 「一つの品質にではなく、一つの過程にではなく、一つの国にではなく、一つの経路にではなく、そして一つの現場にではなく、我々は依存すべきである。石油の安全性と確実性は、多様性とそして多様性だけの中に存している。」

1914年の夏までに、英国海軍は完全に石油に委ねられ、そして英国政府はアングロ-ペルシア社の過半数株主の役割を務めていた。

石油は、初めて、しかし確かにいち早く、国家政策の一つの手段、何ものにも勝る一つの戦略的な商品となった。

海外の石油資源確保の必要性を満たすために、後にイランと名付けられるペルシャのような国々で、傀儡政権が設立されるだろう。

チャーチルの多様性への要請に応えるために、ペルシャほど容易でないけれども、メソポタミアの石油が同様に確保されるだろう。この目的を達成するために、オスマン帝国がまず解体されねばならなかった。 それが起こり得る前に、それは征服されねばならないだろう。


c0139575_22205619.gif

SURVEY OF THE POLITICAL HISTORY OF THE MODERN MIDDLE EAST より
c0139575_22315218.jpg


この課題は、欧州の協調の管理人-ロスチャイルド家によって達成されるだろう。

この目的を達成したグローバルエリート主義者たちの考案は、第一次世界大戦であった。
 


第一次世界大戦中、チャーチルは、オスマン帝国の首都コンスタンティノープルを手に入れる狙いのダーダネルズ運動[Dardanelle campaign]を担当していた。

c0139575_21202669.jpg

c0139575_21205024.jpg

様々な理由によって、歴史は彼の運動を一つの失敗とみなす。

c0139575_21194666.jpg


しかしながら現実には、それはその戦争の立案者たちにとって無上の成功であった。 というのも、ダーダネルズ運動がオスマン帝国の終わりの始まりへと呪いをかけただけでなく、その作戦の偽りのへまは、トルコ人たちがアルメニア人虐殺を実行するように権限を与えただろう一連の画策された事件を発動させたからである。

バクー油田地帯でのアルメニア人の存在を排除することは、実際に1905年油田が炎上させられた時に石油生産を中断させたその地域のイスラム教徒多数派間での民族紛争を排除した。

c0139575_2124822.gif


オスマン帝国の崩壊とともに、メソポタミアの巨大油田は英国の支配下に入った。その勝者に、その戦利品は属する。 メソポタミアは、その主たる機能が安全かつ確実なエネルギー供給システムになるだろう一つの新しく設計された統合地域へと分割されるだろう。このシステムは、地面の下にある貴重な石油の安定供給を確保するために、ある権力均衡様式で慎重に設計された新しい国々で構成されるだろう。グローバルエリートによって設計され、これらの新しい国々は、サウジアラビア、イラク、クウェートと名付けられた。

c0139575_2125506.jpg


傀儡人形の王たちが設置されるだろうし、彼らはTE・ローレンス[TE Lawrence, 1888-1935](アラビアのロレンス)や
c0139575_21102075.jpg

セント・ジョン・フィルビー[St. John Philby, 1885-1960]のような
c0139575_21104634.jpg

英国の工作員たちによって操作されるだろう。


c0139575_22261871.jpg

c0139575_21125056.jpg

Winston Churchill and T. E. Lawrence, 1921

c0139575_21391590.jpg

Churchill and Prince Abdullah in Jerusalem, 1921

c0139575_22141175.jpg

Bell (third rider from left) is flanked by Winston Churchill, on her right, and T E Lawrence at Giza during the 1921 Cairo Conference

続く

元記事は

The Rothschilds,Churchill and "The Final Solution" A view of the Rothschild's involvement in World War II and the founding of Israel By Clifford Shack
http://cliffordshack.com/RothschildFrontmen.html (今回は和訳3回目です)

c0139575_21343215.jpg



c0139575_21364971.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-04-13 21:27 | イルミナティ  

<< ロスチャイルド一族、チャーチル... ロスチャイルド一族、チャーチル... >>