ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 2


ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」 第二次世界大戦とイスラエルの創立へのロスチャイルド一族の関与についての一観点 By Clifford Shack その2

英国海軍軍艦が石炭から石油へと転換すべきか否かという決定的論争ほど、英国の外交政策に影響を与えた海軍の問題はなかっただろう。

英国の政策立案者の間でのこの技術的な意思決定の結果は、驚くべきそして遠大な影響力を持っただろう。

石油のの利点は明白であった・・・その利点は、より速い速度とより高い効率と機動性。

問題は、石油は(その当時)英国では産生せず、そして海軍将官たちの大半が、それゆえに、自分の国のウェールズ石炭に依存することがより安全であると感じ、そしてそれを継続することを主張したことであった。


この不承不承は、ロスチャイルド家には容認できないものであり、そして、これらの感情を克服するための計画が進められていた。石油は世界の未来のエネルギーであることがすでに知られていた。

石油は石炭に優っているだけではなく、ロスチャイルド一族のフランス分家[French branch of the Rothschilds]が、ロックフェラー一族と共に、石油事業の最高統治者であった。彼らは現在のエクソン、スタンダードオイル社と一つの世界的カルテルを締結していた。


石油収入は、これらのグローバル・エリート主義者たちが自身の世界征服の夢を追求するとき、彼らの金融権力の基盤にとって一つの重要な源だろう。

英国はその自国の燃料供給を放棄し、世界の反対側にあるエネルギー源に依存するように操作されるだろう。

気難しい海軍提督たちは呪われる!


英国人たち自身がもうひとつ別の障害になるだろう。

彼らは、国家予算が国内問題に焦点を当て続けることを希望して、いかなる新たな軍事費も支払うことを渋った。英国海軍に工業化時代をもたらすというアイデアは、後回しにならねばならないだろう。 それは、古典的な銃かバターかの論争であった。

「英国は老齢年金を支給するためにその海上覇権を明け渡そうとしているのか?」と、デイリーエクスプレスは、弁じ立てた。

英国の人々は、彼らの近代的な海軍を持ち、そして彼らはそれに同様に支払うだろう。 ロスチャイルド操作の国際事件がそれを確実にするだろう。


ナッティ・ロスチャイルド[Nathan Mayer Rothschild, 1st Baron Rothschild, 1840-1915]は、英国海軍の戦力増強の熱心な支持者だった。

c0139575_17323494.jpg


「海軍の強化は、すべての階級の間で常に人気がある」と、彼は1908年に彼のフランスの親戚に保証した。その年、彼はギルドホールでの大規模な集会で、8隻のドレッドノート型戦艦[dreadnought battleships]の建造に賛成する公の講演を行った。

ロスチャイルド一族が再軍備に独自の経済的利害関係を有していたことは疑いの余地がない。1888年、そのロンドン家は、その海軍建造と軍備会社に対して225000ポンド相当の株式を発行した。

ナッティは、増大する海軍建造の重要性について早くから把握していた。 彼は、その費用が増税に繋がりそうなことが明らかであった時でさえ、海軍建造に対しての熱狂者に留まった。 [もし19世紀後半の帝国主義がその「軍産複合体」を有していたとすれば、ロスチャイルド一族は紛れもなくその一部であった。 ]

c0139575_18355353.jpg


英国海軍の近代化は、古典的な問題-反応-解決によって達成されるだろう。

古典的な権力均衡様式では、ドイツが海軍建設を始めるだろう。 英国人たちは、両国の間に平和が存在している時、これを何とも思わないだろう。

一隻のドイツの軍艦が英国の利益を脅かしたとき、舞台の全景は変化するだろう。

一つの国際的な危機が当然生み出される。人々は、実際に一つの国際的な問題があると考えるように導かれる。

彼らの不安を鎮めるために、彼らは、すべての種類の国内問題に資金提供するよりもむしろ英国海軍の近代化のアイデアを売りつけられる。

これが、正確に起こったことである。

19世紀後半、ドイツの海軍建造の開始が見られた。

c0139575_1823748.jpg

その後、1911年7月1日、銃とバターの論争の最中に、ロスチャイルドの看板男、カイザー・ヴィルヘルム[Kaiser Wilhelm II, German Emperor, 1858-1941]が、
c0139575_18123562.jpg

モロッコの大西洋岸のアガディールの港に突進するパンサーと呼ばれた一隻の小型砲艦を送った。


c0139575_17553216.jpg


これは英国の世界的地位への直接の挑戦だった。

全くの偶然にも、アガディール危機[Agadir crisis]直後、ロスチャイルドの被保護者ウィンストン・チャーチル[Winston Churchill, 1874-1965]は海軍大臣に任命された

c0139575_1742444.jpg


海軍大臣として、チャーチルは「避けられない最後の審判の日」に対して英国軍を準備するため、自分にできるすべてのことを行うと誓約した。

彼の責任は、英帝国の権力の象徴にしてまさに権化である英国海軍が、公海上でのドイツの「挑戦」に対処する運命を保証することであった。

c0139575_1750791.jpg


続く


元記事は

The Rothschilds,Churchill and "The Final Solution" A view of the Rothschild's involvement in World War II and the founding of Israel By Clifford Shack
http://cliffordshack.com/RothschildFrontmen.html(今回は和訳2回目です)


c0139575_18131761.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-04-11 18:13 | イルミナティ  

<< ロスチャイルド一族、チャーチル... 女優の仁科さん、子宮頸がんワク... >>