「ほっ」と。キャンペーン

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 1


ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」 第二次世界大戦とイスラエルの創立へのロスチャイルド一族の関与についての一観点 By Clifford Shack その1


受け入れられた歴史によると、アドルフ・ヒトラー[Adolf Hitler]がホロコーストを首謀した。

遺憾ながら、この物語は多くの権威によって提出されているけれど・・・それはまったく事実に反する。

アドルフ・ヒトラーはロスチャイルド家のための一人の表看板だった。彼の敵ウィンストン・チャーチル[Winston Churchill, 1874-1965]もまたそうだった。 ヨセフ・スターリン[Josef Stalin, 1878-1953]もまたそうだった(申し訳ありませんが、スターリンのロスチャイルド起源認定は、ここでは扱いません) 。

c0139575_20563669.jpg

c0139575_21573538.jpg


歴史的な皮肉は、すべての事実が知られるときには、それどころかホロコーストの首謀において、ウィンストン・チャーチルのほうがヒトラーよりもずっと多く関与したであろうことだ。

これはとんでもなく聞こえるはずだ・・・意図的に。

第二次世界大戦が、グローバルエリート主義者たち、中でもチャーチルのような人間たちによって設計された偽の戦争であったという事実を隠蔽するために多大な努力が投入されてきた。

ウィンストン・チャーチルは、かつて言った:

「戦時には、真実は非常に貴重であるので、それは常に嘘の護衛によって随伴されなければならない。」

チャーチルのような戦争計画者にとって、戦時は実際の物理的な戦争が始まる何年も前に始まる。

それは、ある人間の心の中の思考として始まる。 次に、その考えは、同じ目的を持った人物たちによって慎重に共有される。 そこから、それは勢いを得て、そして遂行へと最大限の努力を投じられる。その後、その計画は細心の注意を払って考案され、そして何年にも渡って熟練した経験豊富な計画者たちによって細部に至るまで訓練される

すべての段階で、真実は慎重に「嘘の護衛」によって随伴される。

真剣に戦争の主題を研究してきたものたちの間ではよく知られていることだが、戦争は、非常に費用がかかり、「国際銀行家」と呼ばれる特別な銀行家たちのグループによって資金提供されなければならなかった

これらの銀行家たちの間で最大なのはロスチャイルド家である。彼らは200年間以上に渡って、うまく舞台の裏側から、世界の事件に対してその金融的・政治的権力を発揮してきた。

この恐るべき多国籍銀行王朝の影響力と重要性は誇張することはできない。

1914年まで、受け入れられた歴史でさえも、それが余裕を持って世界最大の銀行であったと認めている。

しかしながら、1914年以後、世界大戦の始まりによって世界で起こることになっていた大虐殺からそれを遠ざけておくために、その縮小する影響力と重要性の虚偽が永続化されてきた。

ロスチャイルド-チャーチル・コネクションとホロコースト計画者としての彼らの役割を取り巻いている「嘘の護衛」に浸透を開始するために、我々はチャーチルのロスチャイルド家のロンドン分家との並々ならぬ結びつきに目を向けねばならない。

ロスチャイルド一族がおそらく最も懇意にしていた、ディズレーリ[Benjamin Disraeli, 1st Earl of Beaconsfield, 1804-81]時代後の二名の政治家の一人は、結婚による親戚、ローズベリー[Archibald Primrose, 5th Earl of Rosebery, 1847-1929]であった。もう一人は、ウィンストン・チャーチルの父親、ランドルフ・チャーチル[Randolph Churchill, 1849-95]であった。

c0139575_2144145.jpg


ランドルフが、ロンドン分家の頭首ナサン・ロスチャイルド[Nathan Mayer Rothschild, 1st Baron Rothschild, 1840-1915]と密接な[close]関係を有していたと言うことは、実際にはいくぶんやや控えめである。 親密[intimate]と言う言葉もまたそうである。 ランドルフ・チャーチルは、ロスチャイルド一族、特に「ナッティ[Natty]」と「過度の親密さ[excessive intimacy]」を有していたと言われた。

c0139575_21141135.jpg


トーリー党の総理大臣ロバート・セシル卿[Lord Robert Cecil, 1830-1903]の妻、レディ・ソールズベリー[Lady Salisbury]は、「ナッティ・ロスチャイルドにすべてを連絡するランドルフへの反対に身を投じた。」

公式のロスチャイルド伝記作家、ニーアル・ファーガソン[Niall Ferguson]によれば:「過度に密接な関係の証拠は、抑えきれないようにおもわれる。特にチャーチルの個人的財政の心許なさの観点からすれば。現在よく知られているように-彼の以前の伝記作家はその事実を隠蔽していたけれども-彼が死亡したとき、彼はロンドン家に、「驚くべき累計66,902ポンドの」負債があった

「[ランドルフ]チャーチルとナッティ・ロスチャイルドは、帝国の事業を大いに共同で実施したように思われる・・・」と観察されている。


ロスチャイルドは銀行家であったけれども、初めて一人のロスチャイルドが自分自身のために一つの職業として政治に携わったことは注目すべきである・・・

それにもかかわらず、彼はほとんどの労働日をニューコートの彼の事務所で費やし、そして一人の銀行家として、彼の第一の関心は外交政策にあった。


高級金融の動機は利得であった;それを達成するために、その目的が権力と征服である政府と昵懇にすることが必要であった。  ロスチャイルドの利得への食欲を満足させる政府は、地球上に英国政府以上のものはなかった。

ランドルフ・チャーチルとナッティ・ロスチャイルドの関係に見ることができるように、英国とロスチャイルドの利益は非常に絡み合っていたので、彼らは不可分とみなすことができた。

ロスチャイルド主義者の外交政策は、英国の外交政策と相互に結びついて、両者とも強力な海軍を力と頼んだだろう。 外交政策と海軍政策は最も密接に結びついていた。

その時代の一人の政治家がそれをまとめているように:「我々の海軍力が小さければ小さいほど、我々の外交政策はより困難になる。もし我々の海軍力が、我々の近海域で劣位にあるような地点まで低下すれば、我々の外交政策は不可能になるだろう・・・我々はあらゆる外交問題を譲り渡さねばならなくなるだろう・・・我々の海軍が弱ければ弱いほど、外交政策はより困難になる;我々の海軍が強ければ強いほど、外交政策は容易になる。それはつまり、両者の間の親密な関係である。」

続く


元記事は

The Rothschilds,Churchill and "The Final Solution" A view of the Rothschild's involvement in World War II and the founding of Israel By Clifford Shack
http://cliffordshack.com/RothschildFrontmen.html (今回は和訳1回目です)

c0139575_22820100.jpg

Lionel Nathan de Rothschild (22 November 1808 – 3 June 1879)
[PR]

by oninomae | 2010-04-09 21:54 | イルミナティ  

<< 女優の仁科さん、子宮頸がんワク... その加害者たちによって説明され... >>