自由の名の下の民族浄化 by David Rothscum 4

自由の名の下の民族浄化 by David Rothscum Saturday, October 17, 2009 その4(最終)


しかしながら、もう一つの国、米国の一つの主要な同盟国がイラクやガザによって脅かされていることについては言及しておかねばならないアメリカ合衆国と同様に、この国は戦争屋の過激派集団によって運営されており、またアメリカ合衆国と同様に、その国民は、その国家のエリートの利益にのみ奉仕するその戦争の中で戦うようにその国民を煽る愛国心を吹き込まれている。

私の言っている国とはイスラエルのことである。

アメリカ合衆国と同様に、イスラエルは大量虐殺と民族浄化の上に設立された国家である。 


イスラエルの歴史家、イラン・パペ[Ilan Pappé]は、彼の本『パレスチナの民族浄化[The Ethnic Cleansing of Palestine]』の中で、1948年の戦争の目的はパレスチナの民族浄化であったことを立証しようと試みている。

c0139575_18342041.jpg

c0139575_1835036.jpg

c0139575_19465264.jpg


私は自分自身をシオニズム自体の問題についてはほとんど中立的であるとみなしている。しかし、パレスチナの民族浄化は恐ろしい犯罪であり、そして国民が安全である国家へと導く代わりに、それは報復に導くことによりその新しい住民たちを危険にさらすだけであろうことは、私には明白であると思われる。

歴史はそれ自身を繰り返す傾向があり、そしてイスラエル政府は自国民に対する大虐殺を行うために放射線を使用してきた歴史上最初の政府である。

この事件は、現在「白癬事件[ringworm affaire]」として知られている。イスラエルに移住してきたすべてのセファルディユダヤ人の子供たちが、極度に高い線量の放射線に曝され、そのことが数千名にほぼ直後の死亡を引き起こし、そして残りのものたちは彼らの残りの人生に渡ってこの呪いとともに生きた。まだ生きている犠牲者たちは、起こったことに対して経済的な補償を受けるために長期に渡り耐えねばならない。

イスラエル政府高官によれば、イラクは最も強力な戦略的脅威をイスラエル国家に突きつけた。

マイケル・コレン[Michel Collen]による一つの記事は述べている。1982年に、オデッド・イノン[Oded Yinon]、イスラエル外務省当局者は書いた

c0139575_18483818.jpg
 

イラクを消滅させることは、シリアを消滅させることよりも重要である。短期的には、イスラエルに対する最大の脅威の構成要素となるのはそのイラクの勢力である。イラン-イラク戦争は、イラクを引き裂き、そしてその崩壊を引き起こした。すべての様式のアラブ内紛争は我々を助け、イラクを小さな多様な断片に壊すという我々の目標を加速する。」

c0139575_20372510.jpg

c0139575_18501544.jpg

c0139575_19515947.jpg


私を長い間困惑させていた一つの興味深い事件は、ガザ地区のイスラエル人入植地を明け渡すというアリエル・シャロン[Ariel Sharon]の命令であった。 シャロンは常に強硬主義者であってきたが、2005年に彼はこれらの入植地を明け渡すことを命じた。

c0139575_20162394.jpg


3年後、イスラエルはその今までの中で最悪の流血攻撃をガザ地区に開始した。 それは大部分いわれのないように見えたし、現在までイスラエルがこの作戦で何を達成することを望んだのかさほど明らかではない。

しかし注意しておくことが興味深いことは、イスラエルは、その地域に住んでいるアラブ人の大きな人数によって、イスラエル人の人口が超過蹂躙されることを恐れているということである。

イスラエル人アーノン・ソッファー[Arnon Soffer]、ハイファ大学の地理学部門の長は、イスラエルとその占領地の中で、およそ2010年以降にアラブ人たちがユダヤ人たちを上回るだろうと述べている。

c0139575_1943321.jpg


彼はイスラエル軍のスタッフ&コマンド・カレッジの講師であり、近年ベンジャミン・ネタニヤフ[Benjamin Netanyahu]、エフード・バラク[Ehud Barak]、そして他の幾百のイスラエルの政治、軍事、そして経済的指導者たちに影響を与えてきた。

2001年2月、彼の首相としての選出の夜、アリエル・シャロンは、イスラエルに対する人口的脅威についてのソッファーの1987年のパンフレットの原本コピーを彼に依頼するために一人の補佐官を送りさえした。

我々は、劣化ウランがイラク、特にファルージャで有している効果を見てきた。

c0139575_185953.jpg


私がすでに述べたように、イスラエルはガザ地区に対して、最近の作戦中、劣化ウラン兵器を使用してきた。

参照:ガザ攻撃のイスラエル軍、クラスター爆弾や劣化ウラン弾を使用か
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200901060009132

イスラエル、ガザで劣化ウラン使用か?
http://hiroseto.exblog.jp/9340027/

そして、1年間で、目の当たりにされた奇形出産の数はすでに50%上昇してきた。

ガザは劣化ウランを使用ことを考え得る最悪の場所の一つである。 その人口密度は4118人/km 2で、もしガザ地区が一つの国であるとすれば、それは[世界で]6番目に人口密度が高い。

c0139575_19281822.jpg


一つの最近の研究によると、信じられないことに、イスラエル軍はこの小さな人口過密の土地に75トンを下らない発砲をした。

参照:イスラエル、劣化ウラン75トンをガザに投下
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&task=view&id=7408&Itemid=54

c0139575_19301225.jpg

c0139575_19334886.jpg


これをイラクと比較してほしい。そこでは第一次湾岸戦争時に米国は明らかに340トンの劣化ウランを使用した。その数はより高いが、ガザ地区は360km2の土地面積に150万人が居住しているのである。 これをイラクの総土地面積438,317 km2と比較してほしい。

ガザ地区でのイスラエルの劣化ウランの広範な使用を考えれば、イスラエル軍がこの作戦に与えた名前「鉛投げ」は全く新たな意味を得る。

もしイスラエルがガザ地区に砲撃したこの「鉛投げ」の効果が、ファルージャでのように恐ろしいものと判明するならば、イスラエルは、もうじきパレスチナ人たちによって数で凌駕されるという問題を解決したかもしれない。


c0139575_19232541.gif


元記事は
Ethnic cleansing in the name of freedom by David Rothscum Saturday, October 17, 2009
http://davidrothscum.blogspot.com/2009/10/ethnic-cleansing-in-name-of-freedom.html (今回は和訳4回目、最終回です)

c0139575_1933654.jpg

c0139575_19264699.jpg


c0139575_19305852.jpg

c0139575_1932088.jpg

c0139575_19323320.jpg




c0139575_19374894.jpg
















c0139575_1939753.jpg




追加リンク

War Crime: Zionist Uranium Attacks in Gaza Causes Rise in Cancer April 7, 2013 at 3:59 am
http://davidduke.com/war-crime-zionist-uranium-attacks-in-gaza-causes-rise-in-cancer/
[PR]

by oninomae | 2010-03-15 19:39 | 放射能・ラジオハザード  

<< インド洋英領へ爆弾輸送 最終... 自由の名の下の民族浄化 by ... >>