ワクチンと血液脳関門 by David Rothscum 1


ワクチンと血液脳関門 by David Rothscum Saturday, May 16, 2009 その1


私はここで、『自閉症、優生学と人間内での分裂』という以前の報告の中で自閉症について配信した情報をさらに詳しく述べておきたいと思う。その過去記事では、自閉症が我々の社会に対して持つだろう影響と、そしていかにこれらの影響が支配者たちを益するかについて示した。

c0139575_9283455.jpg


ワクチンが自閉症を引き起こすかどうかということは、もはや論議の的ではない。

2008年3月、ハンナ・ポーリング[Hannah Poling]の事例が公に知られるようになった。

c0139575_9115118.jpg

タイムマガジンは、その事例を軽視する(小馬鹿にする)ことに細心の注意を払って、以下のように書いている

政府の保健当局は、小児用ワクチンが、最終的にはハンナにおける自閉症様の症状へ導いた稀な潜在的疾患を悪化させたこと、そして彼女が連邦ワクチン傷害基金から支払いを受けるべきであることを認めた。

しかし、事実がそこにある。 その稀な潜在的なミトコンドリアの障害を非難する人々は、 彼女の母親が同じ条件を有しており、しかし決して自閉症を発症してはいない事実を無視している

ジョン・ポーリング[Jon Poling]は、言った。ハンナは、彼女の母親のように、まれな遺伝的なミトコンドリアの障害を持っていると。

c0139575_957253.jpg

CNN's Dr. Sanjay Gupta interviews Dr. Jon Poling on 4-4-08

Vaccine case draws new attention to autism debate
http://www.cnn.com/2008/HEALTH/conditions/03/06/vaccines.autism/index.html


ミトコンドリアは、体のすべての細胞内の「パワーバッテリー」であり、その細胞にエネルギーを供給する。

ポーリングは言った。彼の妻は自閉症を持っていなかったという事実は、ハンナがそれを彼女の母親から受け継いでいないことを示していると。そして彼らの娘にその条件の引き金を引いたのは、ワクチン保存料のチメロサール中の水銀であったと強く主張した。

議論の対象は今や、ワクチンが自閉症を引き起こすかどうかから、ワクチン接種によって引き起こされる自閉症の事例数へと変更されたのである。

証拠は、自閉症のほとんどの事例がワクチンによって引き起こされていることを指し示している。

ほとんどの人が、ワクチン中に何年にもわたって使用されてきた水銀を含有するチメロサールが自閉症に関連しており、そして証拠は彼らの主張を裏付けすると信じている。

c0139575_923864.jpg


CDCによって公表された一つの研究が、ワクチンが自閉症を引き起こすという、両親、科学者、そしてその他の関心のある個人たちによる主張に終わりをもたらそうと努めている。それは、ワクチンと自閉症との間にはなんの関係もないと主張した。

元々の調査結果を公開することを要求して、人々が情報自由法を使った時、しかしながら、彼らは以下のことを発見した。その元々の調査結果は水銀含有ワクチンの一回の接種は子供たちが自閉症になる確率を8倍高めることを示していた。


c0139575_9263358.jpg


その研究はここに見つけることができる。


c0139575_9281172.jpg

デビッド・アユーブ博士[Dr David Ayoub]は、ここにある彼のプレゼンテーション中で、チメロサールと自閉症を結びつけるさまざまな他の研究について論じている。

c0139575_921653.gif

c0139575_934047.gif


しかし、多くの人が水銀が自閉症の唯一の原因だと仮定する過ちを犯している。

もしこれが本当なら、我々はもう事実上新しい自閉症の事例を見ないはずである。なぜならチメロサールはほとんどのワクチンから除かれてきたからである。

しかし、自閉症の発症率は増加し続けている。


続く


元記事は

Vaccines and the Blood-brain-Barrier by David Rothscum Saturday, May 16, 2009
http://davidrothscum.blogspot.com/2009/05/vaccines-and-blood-brain-barrier.html (和訳その1です)



c0139575_9365665.jpg


輸入ワクチン:水銀あり、その他もありですかい?




新型インフルエンザの流行に備えて大量のワクチンを確保した欧州主要国で、ワクチンがだぶついている。
http://blog.goo.ne.jp/sdfa2000

・・・大量にワクチンが余ることが確実になったため、今度はその処理のため各国が本格的に動き始めている。9400万回分を確保しているフランスは17日、WHOに当面500万回分を寄付する方針を表明。スイスも調達した1300万回分のうち450万回分を売却するか、WHOを通じて途上国に寄付すると発表した。

十分にワクチンを調達できなかったアフリカや東欧の国々に売却を模索する動きも出ている。また製薬会社に引き取ってもらうため協議を始めたスペインのような例もある。(ローマ=南島信也、パリ=飯竹恒一)


++
「寄付」とは、うまい作戦ですな?
[PR]

by oninomae | 2010-01-16 09:28 | バイオハザード・ワクチン  

<< ワクチンと血液脳関門 by D... SV40は単なる氷山の一角であ... >>