ついに欧州議会が、WHO、ワクチン・製薬業界、エセ学者の腐敗関係の徹底調査を決定!


これも遅ればせながら転載

Re: ついに欧州議会が、WHO、ワクチン・製薬業界、エセ学者の腐敗関係の徹底調査を決定! 投稿者 Orion星人 日時 2010 年 1 月 01 日 17:46:08
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/499.html 前略

c0139575_15374059.jpg


欧州評議会の保健委員会は、製薬会社の世界的豚フル・キャンペーンの影響、特に業界がどれだけWHOに影響を及ぼしているのかに焦点を絞って、2010年1月から調査開始することを満場一致で可決した。

これで漸く、世界中の何百万という人々の生活を台無しにし、あるいは死に追いやってきたWHO、製薬業界そして学術研究者の三者で成る、いわゆる薬物腐敗の"ゴールデン・トライアングル"の透明性を公にする動きが始まったことになる。

現在同保健委員会会長のヴォルフガング・ヴォダルグ医師[Dr. Wolfgang Wodarg](肺疾患と環境医学の専門医)が、この動きを導入したのであるが、彼は、”現在のWHOによる豚フル・キャンペーンは今世紀最大の医療スキャンダルの一つである”と見なしている。

c0139575_1526298.jpg


決議案には、”製薬会社は自分達のインフルエンザ用特許薬とワクチン促進のために、公衆衛生基準に責任のある世界中の科学者や公的機関に働きかけて、各国政府にフルの危険性を煽りたてて限度ある医療資源を浪費させて非効率なワクチン戦略を執らせ、あげくに検査不十分なワクチンを何百万人もの健康人に接種し、どれだけ副作用が出るか分らない危険にさらしてしまった。

c0139575_15282492.jpg

2005/06年の鳥フルと今回の豚フルのキャンペーンのせいで、ワクチン接種を受けた患者や各国公衆衛生予算にのみでなく、世界的に重要な医療機関の信用と責任に甚大な被害が及んだようである” と、述べられている。 

議会の調査対象となるのは、専門家会議SAGE(The Strategic Advisory Group of Experts)の忠告で2009 年6月にWHOが行った"偽造パンデミック(大流行)”宣言の問題であるが、このSAGEの多くの学者は、薬品と未検査のH1N1ワクチン製造で莫大な利益を上げるグラクソ・スミスクライン、ロシュ、ノバルティスなどの大手製薬会社と緊密な金銭関係を保っている事が分っている。議会はH5N1 “Avian(鳥) Flu” と H1N1 ”Swine(豚) Flu” に対する世界的なキャンペーン操作における製薬業界の影響について調査するのであるが、調査は議会総会の”緊急”優先事項となるであろう

当委員会の公式声明でヴォダルグ医師は、製薬業界がWHOの役員及び科学者達に及ぼす影響を批判し、不当なまでに何百万人もの健康な人達を不良検査ワクチンの危険性にさらす状況をもたらし、しかも今回のフル・ウイルスはこれまでのどの流行性感冒よりはるかに害の少ない種類のものであると述べている。

また同医師は、欧州評議会は、WHOの役割と2009年6月のパンデミック緊急宣言に大して特に焦点を当てて調査すると述べている。WHOは、メキシコでの最初の豚フル感染報国があった2009年4月に、病気の実際の危険性ではなく、症例数のみで”パンデミック”宣言を行い、これまでのパンデミック基準を今回初めて変更したのである。

豚フルをパンデミックと宣言したがため、各国はパンデミック対策準備と豚フルワクチン購入を余儀なくさせられた。 ヴォダルグ医師は、WHOは議会のいかなる制御をも受けないので、各国政府がその責任追及を行うべきであると強調する。調査では、パンデミックのガイドライン発行に重要なドイツの二つの機関、ポールエールリッヒ[Paul-Ehrlich Institute]とロバート-コッホ研究所[Robert-Koch Institute]の役割をも検討する予定である。

c0139575_19503249.jpg


c0139575_15404560.jpg


Bravo!

F. William Engdahl is author of Full Spectrum Dominance: Totalitarian Democracy in the New World Order. He may be contacted through his website, www.engdahl.oilgeopolitics.net.

Notes

1. Rainer Woratschka, Schweinerei mit der Grippe, Der Tagesspiegel, 16 December, 2009, accessed in http://www.tagesspiegel.de/politik/international/Schweinegrippe-Europarat;art123,2976433.

2. Dr. Wolfgang Wodarg, Motion for a Resolution and a Recommendation: Faked Pandemics - a threat for health, accessed in http://www.wodarg.de/english/2948146.html.


F. William Engdahl is a frequent contributor to Global Research. Global Research Articles by F. William Engdahl


元記事は

European Parliament to Investigate WHO and “Pandemic” Scandal by F. William Engdahl Global Research, December 31, 2009
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=16667


参照

邪悪な場所-ジョージア・ガイドストーン By Vigilant + 薔薇の棘?
http://satehate.exblog.jp/12455756/

c0139575_16121085.jpg


WHOはあなたを殺そうとしている? (WHO)-世界保健機関の事実と噂
http://satehate.exblog.jp/12470091/

WHOのミスター・インフルエンザが醜い利害絡みで調査対象に by F・ウィリアム・イングドール
http://satehate.exblog.jp/13241164/

元CDC長官、メルク社ワクチン部門社長に就職し高給を獲得 By Mike Adams
http://satehate.exblog.jp/13316769/

豚インフルエンザワクチン注射には2つのヴァージョンがある
http://satehate.exblog.jp/12690329/

「インフルエンザ」ワクチンの大陰謀:免疫学的不妊化の基礎
http://satehate.exblog.jp/12615253/

ヒトの免疫学的不妊化 2009年のワクチン接種オデッセイ By A. True Ott, PhD
http://satehate.exblog.jp/12593371/
[PR]

by oninomae | 2010-01-11 15:37 | バイオハザード・ワクチン  

<< ロンドンは世界のテロリストの本... 好都合な爆弾策謀 by Fin... >>