署名のお願い9: これからも漢方が健康保険で使えるように

署名のお願い9: これからも漢方が健康保険で使えるように
http://kampo.umin.jp/contents02.html

c0139575_214911100.jpg


去る11月11日(水)の行政刷新会議の事業仕分け作業で、医療用漢方製剤(漢方エキス製剤・煎じ薬)を健康保険から除外する、という案が出されました

現在、医師の7割以上が漢方薬を使用して、国民の健康に寄与してきました。また、全国の医学部・医科大学でも医学教育の中に漢方教育が取り入れられ、日本東洋医学会で専門医教育も行われ、専門家育成も進んでいます。わが国が迎えている少子高齢社会の中で、われわれ国民の健康を守るためになくてはならない漢方薬・煎じ薬が健康保険で使えなくなることに、断固反対をします。

NPO健康医療開発機構 理事長 武藤徹一郎社団法人日本東洋医学会 会長 寺澤捷年日本臨床漢方医会 理事長 石川友章医療志民の会 共同事務局長 木戸寛孝

本趣旨にご賛同いただけます皆様からのご署名をお願いいたします。連絡の可否の欄を可にしていただいた方には、漢方関連のニュースをお知らせいたします。

第1回締切を2009年11月30日(月)、第2回締切を12月7日(月)とし、2回に分け署名を関係各所に提出予定です。本署名に関する詳細は http://kampo.umin.jp/ をご覧下さい。



参照

フェルドマンのツルの一声で漢方薬廃止の民主党とマスゴミ
http://blog.goo.ne.jp/sdfa2000

c0139575_21511564.jpg


国際ユダヤ人、フェルドマンのツルの一声で民主党が漢方薬廃止しようとしている。

しかも、11月11日の仕分けWGの決定から11月27日の反対署名の提出、ネット上での署名呼びかけ、騒ぎになるまで、マスコミはこれを黙殺していた。いつものことだが、闇法案なのだ。

11月29日にあわてて一部マスコミが報道し始めた。


参考

きっこの日記はマスコミのデマだと言っているようだが、漢方医がマスコミ報道の前から騒いでいるのはなぜだろう?

++
で、遅ればせながら掲載することにしました。

一歩譲っても、ビタミン、湿布、うがい薬等の排除も、ロックフェラー医学の望むところである。



追記リンク

仏研究所インフル2つ掛合わせ 狭依彦 2009年11月30日
http://icke.seesaa.net/article/134361154.html

米国豚インフルエンザ農薬散布機が中国で撃ち落とされる ロスト ワールド 2009年11月30日
http://higasinoko-tan.seesaa.net/article/134367776.html

18日深夜、米国西部が数秒間だけ「真昼」になったわけ You are screwed あなたはだまされている 2009年11月29日 (日)
http://gabrico-ovalnext.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-da0b.html

仮にこれが事実であれば、重大な事件なので、ギニアの話は次回以降にして、今回はこれをやろう。ただ、ディスインフォメーションの可能性が高いとみているので、そのつもりで。


新型インフル特措法が成立 副作用補償や免責規定 共同通信 2009/11/30 10:51
http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009113001000186.html

新型インフルエンザワクチンの副作用被害が生じた場合の補償に関する特別措置法が30日、参院本会議で民主党などの賛成多数で可決、成立した。自民党は欠席した。健康被害に対する公的補償や海外メーカーの免責を定めており、流行が続く中、輸入ワクチンなどの接種を進める態勢が一応整った

特措法は、ワクチン接種によって副作用など健康被害が生じた場合に、医療費や障害年金、遺族一時金を給付することを規定。金額は、予防接種法の2類疾病(高齢者等の季節性インフルエンザ)の定期接種に準じる。

また、輸入ワクチンによる副作用被害が出た場合、海外メーカー側の訴訟費用や損害賠償金を政府が肩代わりする。健康被害の救済措置は法施行前の予防接種についてもさかのぼって適用する。

++
フリーメーソン・アジェンダにみんなで協力だそうです。ゴイム削減ゴイム削減。「やすいもんだ」と空耳が・・・




追加リンク他

インフルエンザワクチンの免疫補助剤に不妊化作用か? 投稿者:雪待草
http://inkyo310.blog16.fc2.com/blog-entry-70.html

新型インフルエンザの対策をめぐって その1~進化医学的考察  投稿者:雪待草
http://inkyo310.blog16.fc2.com/blog-entry-78.html

新型インフルエンザの対策をめぐって その2 ~ワクチンが効かない理由 投稿者:雪待草
http://inkyo310.blog16.fc2.com/blog-entry-80.html

新型インフルエンザの対策をめぐって その3~タミフルの危険性 投稿者:雪待草
http://inkyo310.blog16.fc2.com/blog-entry-84.html

新型インフルエンザの対策をめぐって その4~日本の伝統医学漢方 投稿者:雪待草
http://inkyo310.blog16.fc2.com/blog-entry-88.html

新型インフルエンザに痲黄蕩と痲黄蕩だけが注目されていますが、葛根湯にも痲黄が入っていること、ご存じない方も多かったのではないでしょうか。

++
参考書

アスピリンと葛根湯と ― 健保でなおせる漢方入門 知的医療への道 新井紀誉信 ソニ-・マガジンズ (1981/10 出版)

漢方と医食双書 カゼには漢方・葛根湯 藤平 健【著】 世界文化社 (1990/01/10 出版)

->『「ビタミン剤、シップ薬、うがい薬などの」の「などの」の部分に、「葛根湯」みたいな「漢方薬の一部」も含まれる』とは、実に怪しい。

++

私は以下もお勧めしておきます。

c0139575_21244244.jpg


根拠論文例

Biofactors. 2007;31(1):1-15.

Suppression of influenza A virus nuclear antigen production and neuraminidase activity by a nutrient mixture containing ascorbic acid, green tea extract and amino acids.
Jariwalla RJ, Roomi MW, Gangapurkar B, Kalinovsky T, Niedzwiecki A, Rath M.

Dr. Rath Research Institute, Santa Clara, CA, USA.

Influenza, one of the oldest and most common infections, poses a serious health problem causing significant morbidity and mortality, and imposing substantial economic costs. The efficacy of current drugs is limited and improved therapies are needed. A unique nutrient mixture (NM), containing ascorbic acid, green tea extract, lysine, proline, N-acetyl cysteine, selenium among other micronutrients, has been shown to exert anti-carcinogenic and anti-atherogenic activity both in vitro and in vivo. Many of the constituents of NM have been shown to have an inhibitory effect on replication of influenza virus and HIV. This prompted us to study the effect of NM on influenza A virus multiplication in infected cells and neuraminidase activity (NA) in virus particles. Addition of NM to Vero or MDCK cells post infection resulted in dose-dependent inhibition of viral nucleoprotein (NP) production in infected cells. NM-mediated inhibition of viral NP was selective and not due to cytotoxicity towards host cells. This antiviral effect was enhanced by pretreatment of virus with the nutrient mixture. Individual components of NM, namely ascorbic acid and green tea extract, also blocked viral NP production, conferring enhanced inhibition when tested in combination. Incubation of cell-free virus with NM resulted in dose-dependent inhibition of associated NA enzyme activity. In conclusion, the nutrient mixture exerts an antiviral effect against influenza A virus by lowering viral protein production in infected cells and diminishing viral enzymatic activity in cell-free particles.

PMID: 18806304 [PubMed - indexed for MEDLINE]


Biofactors. 2008;33(2):85-97.

Effects of a nutrient mixture on infectious properties of the highly pathogenic strain of avian influenza virus A/H5N1.
Deryabin PG, Lvov DK, Botikov AG, Ivanov V, Kalinovsky T, Niedzwiecki A, Rath M.

Russian Academy of Medical Sciences, D.I. Ivanovsky Research Institute on Virology, USA.

Numerous outbreaks of avian influenza virus infection (A/H5N1) have occurred recently, infecting domestic birds, chicken and ducks. The possibility of the emergence of a new strain of influenza virus capable of causing a pandemic in humans is high and no vaccine effective against such a strain currently exists. A unique nutrient mixture (NM), containing lysine, proline, ascorbic acid, green tea extract, N-acetyl cysteine, selenium among other micro nutrients, has been shown to exert a wide range of biochemical and pharmacological effects, including an inhibitory effect on replication of influenza virus and HIV. This prompted us to investigate the potential anti-viral activity of a nutrient mixture (NM) and its components on avian influenza virus A/H5N1at viral dosages of 1.0, 0.1 and 0.01 TCID(50). Antiviral activity was studied in cultured cell lines PK, BHK-21, and Vero-E6. Virus lysing activity was determined by co-incubation of virus A/H5N1 with NM for 0-60 min, followed residual virulence titration in cultured SPEV or BHK-21 cells. NM demonstrated high antiviral activity evident even at prolonged periods after infection. NM antiviral properties were comparable to those of conventional drugs (amantadine and oseltamivir); however, NM had the advantage of affecting viral replication at the late stages of the infection process.

PMID: 19346584 [PubMed - indexed for MEDLINE]

その他いろいろあります。
[PR]

by oninomae | 2009-11-30 21:52 | 政治詐欺・政治紛争  

<< 人類の生化学的な操作 by D... その不妊化ワクチンの特許は、そ... >>