バクスターインターナショナルは生物兵器を解き放ったのか? パート2


バクスターインターナショナルは生物兵器を解き放ったのか? パート2 by David Rothscum November 6, 2009
http://davidrothscum.blogspot.com/2009/11/has-baxter-international-released.html

多くの要望のゆえ、私はウクライナにおけるあり得べき人工的疫病の物語をアップデートすることにした。

ウクライナのメディアからの証拠は、ウクライナ政府が、現在のインフルエンザの流行をそれが起こる前に知っていたことを示唆している。 ウクライナの「セキュリティ・サービス」が、ウクライナの内閣とウクライナ国防評議会に10月20日、つまりその疫病流行が認識された10日前に警告していた興味深いことには、モシェはまた、一つのセキュリティ・サービス、すなわち、イスラエルの情報機関モサドのために働いていると主張したのである。 諜報団体は、他の公衆に先駆けてこの突発に気付いていたように思われる。

この説に力を与えるのは、ウクライナのメディアからの一つのレポートである。それによると、全閣僚は3ヶ月前に豚インフルエンザのワクチンを受けていたバクスター社が豚インフルエンザワクチンの最初のバッチを7月下旬には作り終えていたことを考えれば、これは可能である。(訳注:例のお偉方用特製の

c0139575_0317.jpg

ウクライナ首相ティモシェンコ[Yulia Tymoshenko]が、11月5日に、インフルエンザの第二波が季節性あるいはブタインフルエンザの代わりに、トリインフルエンザからなるだろうと述べたとの報告は、それに答えを与える以上により多くの疑問を生じさせる。


主流メディアでさえ、どのようにウクライナ政府による見たところ厳格な対応が正当化されるのかについて疑いを有していることは理解し得るものである。

10%以下の支持率と、総選挙の接近の下では、この全てが単に来るべき選挙における惨敗を蒙ることを少しでも防ぐ必死の試みの一部であるということはあり得るだろうか?それを排除することはできないが、この説には二つの異論がある。

まず第一に、ウクライナは、突発的で深刻な肺炎の流行に罹災しているようにみえる以前に述べたように、死者の数は急速に上昇しており、そして感染者数は48時間ごとに倍増しているようにみえる。 さらにまた、ウクライナの医師たちは、彼らの患者たちがその肺を血だらけにして死んでいると報告している。 証拠は、その疫病流行は過大評価ではなく、過小評価されているかもしれないことを示唆するように思われる。 11月1日時点で、全53人の死者のうち4名は医師であった

c0139575_0231733.jpg


もう一つの難点は、ウクライナ政府は、現在の疫病の取り扱いに対して称賛よりも不満を受けているらしいことである。ビタミンC、タミフル、そして手術用のマスクの不足が、国民を悩ませている。ウクライナ市民への広範なワクチン接種は、12月まで始まらないだろう。(訳注:気付いている大衆としては「お偉方用」でなければ始まらない方がうれしいでしょう。まあとにかく、ウクライナ政府も協力している、世界的「大作戦」の一環でしょう。)

c0139575_0235330.gif


しかし、ウクライナではインフルエンザに対する広範なワクチン接種はなされていないように思われるけれども、ワクチンの臨床試験は行われてきているこれらの臨床試験とウクライナでの現在のインフルエンザの発生流行との関係はありえることである。

まず最初に、これらの試験で複数の子供たちが死亡したことを注目すべきである。 これらの死亡は偶然の一致かもしれない、それらはワクチン中の様々な添加物と関連しているかもしれない、あるいはこれらの死は、彼らが接種されたウイルスが、現在世界的に広まっているものより致命的な株であったことを意味するのかもしれない

他のインフルエンザワクチンの臨床試験でも同様の報告が見られる。

2008年7月には、 実験的な鳥インフルエンザのワクチン接種が、ホームレスの人々の多くの死に責任があるようだと知られるようになった。

ドイツである男性が、彼が豚インフルエンザに対する実験的なワクチンを接種されたあと喀血したことを報告している*。

*The graduate Kaufmann Axel Sch. (40). He said: "The vaccine has made me sick - the test is irresponsible." Even a few hours after vaccination, 10 August had been submitted the sweat on his forehead. "I felt completely beaten. On the third day my kidneys and my head hurt and I've got a fever. Then I had a coughing fit - and the sink was suddenly red. It was blood! "

もし我々が現在の状況にたいし何が原因であり得るのかを理解しようと望むのなら、ウクライナで行われたワクチンの臨床試験についてのさらなる詳細が至急必要である。

c0139575_0131737.jpg



元記事は

Has Baxter International released a biological weapon? Part 2 David Rothscum Friday, November 6, 2009
http://davidrothscum.blogspot.com/2009/11/has-baxter-international-released.html


参照

Has Baxter International released a biological weapon? David Rothscum  Saturday, October 31, 2009
http://davidrothscum.blogspot.com/2009/10/has-baxter-international-released.html (これがパート1ですが、未訳です)

Suspected Hemorrhagic Pneumonia Outbreak Hits Ukraine by Stephen Lendman,  from baltimorechronicle.com
http://atomicnewsreview.org/2009/11/11/suspected-hemorrhagic-pneumonia-outbreak-hits-ukraine/

Ukraine Swine Flu 1.6 Million (1,576,203) affected, 362 DEAD, 91,457 Hospitalised
http://www.youtube.com/watch?v=xbkT-AhDNRE&feature=player_embedded

ウクライナでは新型インフルエンザ関連で計362人が死亡。 2009/11/21(土)
http://blogs.yahoo.co.jp/japan_off/22544745.html

人類の歴史上最大の犯罪が進行中 ジェーン・ビュルガーマイスターによる告訴について
http://satehate.exblog.jp/12509984/

彼女はさらに告発する。バクスター[Baxter]、ノヴァルティス[Novartis]、サンドフィ・アヴェンティス[Sanofi Aventis]から成る製薬会社の複合体が、海外を拠点とする二重の目的を持った生物兵器計画の一味であり、その計画は、この国際犯罪シンジケートの財政支援を受け、今後10年で50億人以上の世界人口を削減するための大量殺人を実行するために企画されたと。


重要参考

「●戒厳令第一号はウクライナ、次はオーストリアか?」  予防接種という名の生物兵器
http://blue.ap.teacup.com/97096856/3188.html



c0139575_093438.jpg


さらに参照

インフルエンザ培養・散布・接種?
http://satehate.exblog.jp/12808973/

Moshe教授の話は以下の通り。

バクスターのウクライナ研究所は、実際は、ワクチンに偽装した生物兵器を製造している。

このワクチンは免疫システムを弱める意図をもった添加物が含まれている。 
1918年のスペイン風邪パンデミックの原因となり、世界的な病気の流行と、多数の死者を出したウイルスからRNAを複製して作られている。



c0139575_10585577.jpg

10月27日、北京のある児童病院の様子(大紀元資料室)

<新型インフル>ワクチン接種の児童や学生、次々感染 新たな死亡例=北京
http://www.epochtimes.jp/jp/2009/11/html/d52256.html

【大紀元日本11月2日】 北京衛生局の発表によると、北京市の学校では新型インフル感染は最近爆発的に流行している。航空航天大学の学生一人が先週、「軍事訓練」(中国の大学では受講が義務付けられている)の期間中感染し死亡した。10月1日前、北京での60周年式典を成功させるため、小学生から大学生までの学生に対し無料でインフルエンザワクチンを接種した「にもかかわらず」(「」は引用者)、式典開催した後、ワクチンを接種した6歳以上の児童と学生の感染率が高く、市民はSARS流行時のように大きく動揺している。

北京市衛生局のウェブサイトの情報によると22日、北京航空航天大学の3千人余りの新入生は、大興高校軍訓基地で「軍事訓練」(中国の大学では受講が義務付けられている)の期間中、一部に次々と発熱などのインフルエンザの症状が現れた。26日には症状の悪化した学生1人が病院で治療を受け、27日に死亡している。

中国衛生部の発表では、28日までに6345例の新型H1N1インフルが確認されており、全国31省市および自治区でのインフルエンザ疾患全般の累計報告は4万2009例、死亡者数は4名。政府側のデータによると、北京では6千人以上にインフルエンザの症状が見られ、その内の33%前後が新型ウイルスだという。この割合は、週内にも50%に達すると予想されている。

中国政府報道機関によると、北京市新型インフルの厳重現状に、温家宝総理が10月31日に、北京市児童病院を訪ね、感染の状況を視察した。

北京市のある医師は、児童の新型インフルの流行について、政権樹立60周年記念日前に行われた新型インフル用ワクチン接種が原因であると指摘している。実際、多くの児童に発熱などの同じ症状があらわれている。ある児童の家族は、新型インフルワクチンは、わずか数ヶ月で研究から生産に至っており、多くの臨床実験も経ていないと話している。  (翻訳編集・坂本)(09/11/02 08:13)
[PR]

by oninomae | 2009-11-22 00:18 | バイオハザード・ワクチン  

<< マルサスから「豚インフルエンザ... 2012 全国ロードショー >>