「ほっ」と。キャンペーン

スカル&ボーンズはロシア共産主義を育てた by Richard Arnold 4


スカル&ボーンズはロシア共産主義を育てた それは皆ご家族 by Richard Arnold 4


第二次世界大戦の結果として、ドイツと日本両者は徹底的に打ち負かされた。 しかし、共産主義者たちは、スカル & ボーンズ同胞団によって、金融的・政治的に維持された。 その共産主義者たちは、欧州連合と世界政府の創造に向けての第一歩としてNATOの受け入れに向けてヨーロッパを驚かせるための必要悪であった。

イルミナティ・スカル&ボーンズはケナン(CFR) を使った・・・アメリカの国軍に手加減させ、そしてその敵を同盟者として受け入れさせるために。 そこから以後、封じ込めと共存と呼ばれる親ソ連戦略が生じた。 勝つことを望んだジョージ・パットン[George Patton, 1885-45]のような将軍たちは除去されねばならなかった。

マーシャル・プランは、故意に破壊されたヨーロッパをヨーロッパ合衆国へと結合するためのものであった。その「イルミナティの賢人たち」は、国連条約の下での地域合意によって 、彼らの来るべき新世界秩序の主要部分を構築した。

私たちは皆、国連の初代臨時局長が共産党のスパイ、アルジャー・ヒス(CFR) と、ヒスが四〇名以上の CFR共犯者たちを、世界政府のための彼らの国連憲章の作成を完了させるために採用したことを知っている。

CIAのジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ[George Herbert Walker Bush](スカル&ボーンズ)は、うやうやしく、共産主義の創始者と彼のCFR仲間たちを先見の明ある者たちとして言及する。

アルジャー・ヒスの防衛のための金を支払ったのは、ウィリアム・バンディ[William Bundy, 1917-2000](CFR) (スカル&ボーンズ) であった。

c0139575_22141767.jpg

バンディは、 CFRの雑誌フォーリン・アフェアーズを管理運営し、そして、フォード財団の長でもあった。その財団の目的は、「我々が、ソ連と合併するように、米国を変える」ことであった。

ジョージ・ケナンの封じ込め政策に沿って・・・左翼の人名辞典によれば、ジョージ・ケナンは述べている・・・「しばしば私は、 アメリカ社会の中心人物たちよりも、彼ら(共産主義者)に対してより尊敬の念を持ってきた・・・」


c0139575_200247.jpg

ジョージ・ケナン(左)は、J・ロバート・オッペンハイマー[J. Robert Oppenheimer](写真右)によって、プリンストン大学高等研究所に連れてこられた。 彼の妻キティ、兄フランク、そして義理の姉は共産党のメンバーであった。

c0139575_20194622.jpg


赤いロバートは、毎月一〇〇〇ドルを共産党に寄付していた。 KBGメンバーのスドプラトフ[Pavel Sudoplatov, 1907-96]は、オッペンハイマーを自慢した・・・「我々の科学者に、原子爆弾に関する最新の資料を提供することで、少なからぬ助力を与えた・・・」



ジョージ・C・マーシャル[George C. Marshall, 1880-1959]は、彼が人の手を借りずに、「一本のペンの一撃で」中国における三九の反共産主義師団を武装解除させたと、褒めちぎった。

ジョージ・マーシャルはまた、マッカーサー[Douglas MacArthur, 1880-1964]将軍の、鴨緑江の六つの橋を破壊せよとのストラテメイヤー[George E. Stratemeyer, 1890-1969]中将への命令を取り消した。その橋は、中国軍が、朝鮮半島南部の我々の兵士たちを殺戮するために韓国に入るべく渡るために使っていた。 ストラテメイヤー中将は証言した・・・「我々は戦争に負けるよう要求された。我々は勝つことを許されていなかった


c0139575_200535.jpg

ソ連に送られたウラニウムの領収書


c0139575_2022852.jpg

ジョージ・C・マーシャル、スカル&ボーンズのロバート・ラベット[Robert Lovett, 1895-1986]とともに。ラベットは、ブラウン・ブラザーズ・ハリマン(スカル&ボーンズ)のパートナーであった。ラベットのパートナーのマシュー・C・ブラッシュ[Mathew C. Brush]は、 ソ連に三つの会社を設立した。


c0139575_2084694.jpg

マーシャルが、北京の殺戮者たちとともに中国本土で、 「中国共産主義者」の勝利を祝う。

c0139575_232534.jpg



続く

元記事は

Skull and Bones Fostered Russian Communism---It's All in the Family
http://www.paksplace.com/skull&bones.htm
[PR]

by oninomae | 2009-09-16 20:29 | イルミナティ  

<< スカル&ボーンズはロシア共産主... スカル&ボーンズはロシア共産主... >>