共産主義-イルミナティ・ユダヤ人の窃盗と殺人のための策略 By Henry Makow Ph.D.


共産主義-イルミナティ・ユダヤ人の窃盗と殺人のための策略 By Henry Makow Ph.D. April 8, 2008


「ゴイムの財産は所有者のいない砂漠のようなものであり、それを強奪する(すべてのユダヤ人)誰でもが 、それを獲得する。 」-ユダヤのバビロニア(イラク)タルムード、 IV/3/54b

c0139575_371218.jpg



一八六九年、ヤコブ・ブラフマン[Jacob Brafmann] 、一人のキリスト教への改宗ユダヤ人が、ユダヤ共同体の組織に関する一冊のロシア語の本を出版した。 『カハール[The Kahal]』、それは、-多くのユダヤ人にも非ユダヤ人にも知られていなかったことだが-組織化されたユダヤ人が実際に非ユダヤ人の人々に対して陰謀を企てていたことを示唆している。 この種のほとんどの書籍と同様に、それは現在入手できない。  

幸いにも、一八八一年十一月、Z・A・ラゴジン[ZA Ragozin]夫人が、その徹底した説明記事をThe Century Magazine ( Vol. 23 Issue I)に発表していた。タイトルは、「ロシアのユダヤ人と非ユダヤ人(ロシア人の視点から)」(この注目に値するエッセイはオンラインで読める。

ラゴジンは古代近東の歴史学者で、一八八〇年代に、カルデア人(=メソポタミア人)[Chaldeans] 、ペルシア人[Persians]、アッシリア人[Assyrians]その他について、半ダースの書籍を出版した。


「カハール」

ブラフマンの本は、カハールの一〇〇〇の内部文書に基づいていた。

その最も驚くべき暴露:

カハールはタルムードの規定(処方)に従っていた。 非ユダヤ人[ジェンタイル:Gentile]の財産は、手数料を払えば、町の評議会(「カハール」)によって、それをだまし取ることがユダヤ人にとって「すべて無料」であると承認されている。 

明らかに、反ユダヤ主義の一つの源、それはまた共産主義(と新世界秩序)の、理想主義的な響きの粉飾の背後にある、真の略奪的な性質を説明するかもしれない。


たとえば、 ブラフマンは、ユダヤ人の歴史学者たちは「密告者」として言及するが、非ユダヤ人「M」の家の権利を買うユダヤ人「N」について説明している。

彼Nは『カザカ(khazaka)』つまり、非ユダヤ人Mの家を所有する権利を獲得した。そうすると、彼は、その指名された家を手に入れる--「いかなる手段を用いようと」--ための、他のユダヤ人から干渉を受けず競争を挑まれないと保証された独占的な権利を与えられる。彼Nが、その物件を彼の公式な所有に移すのに成功するまでは、彼のみが、その家を現在の所有者Mから借りたり、そこで商売したり、その所有者あるいはそこに住んでいるかも知れない他の非ユダヤ人にカネを貸したりして、彼Nが思いついたいかなるやり方ででも彼らから利益を生み出す権利を与えられる・・・」

次の部分が、いかにして個人がユダヤ人の従者になるかの一つのモデルを提供するかもしれない。

時々、カハールは、ユダヤ人に対して、いかなる不動産も関係なしである特定の非ユダヤ人をさえ販売する。 [これは『メロピ[meropie]』と呼ばれる 。] まずもって偏見のためにその人物と関係に入ることがユダヤ人たちに禁止されているのはある場所においてのことである;しかし他の場所では、すべてのユダヤ人にとって・・・彼に金を貸したり、彼に賄賂を与えたり、そして彼を略奪したりすることは自由である。というのも、非ユダヤ人の財産は『ヘフカー[hefker]』[全員に無料]で、誰でもそれを、それが所属すべきものの財産としてよいとされているからである。  (p.912)

ブラフマンによると、その文書類は「以下のことを可能な限り明瞭に示している。いかなるやり方で、そしていかなる手段で、ユダヤ人が彼らの制限された権利にもかかわらず、彼らが住み着いた町や市から異国人の要素を駆逐し、それらの場所で資本と不動産を彼らの手中に入れ、そして商業と貿易における全ての競争を一掃することに常に成功してきたかをである。ロシアの西部、ポーランド、ガリシア、ルーマニアでそうであったように・・・」

アルコールを売りお金を融資するのは、財産を騙し取る方法だった。

c0139575_6343110.jpg


ユダヤ人のウォッカ販売人は、収穫時に姿を現し、農民たちにアルコールをツケで売る。

まもなく、その農民たちの飲酒習慣と複利とが相まって、その財産と将来の収穫をそのウォッカ販売人の手中に移行させる。
(E. Michael Jones, "Russian Roulette" Culture Wars, May 2006, p. 24.)

c0139575_6351854.jpg

c0139575_6403211.jpg

c0139575_638622.jpg

(訳注:うまいことやりますな。借金してまで飲まないように気を付けて下さい。パチンコも)

c0139575_720564.jpg

(訳注:で、メディアでも酔っぱらわせてと。 「クラウン」の重要代理人として)

c0139575_6414890.jpg

(薬中ならぬ訳注:これは禁止でいいです。ゴイム滅亡のもとです)

c0139575_739167.jpg

これも、 追加 Toxicity, MDMA


窃盗の革命的な方法

『カハール』が出版されてから五〇年後、キリスト教ロシア文明は、イルミナティ・ユダヤ人銀行家たちの一つのフロント(訳注:「前衛」がいかにもふさわしい?)であったボルシェビキ革命によって残酷なまでに破壊された。

この革命の顕著な側面は、恐ろしくかつ堕落した警察国家の押しつけは別としても、莫大な非ユダヤ人の富の没収と大半はユダヤ人たちによる何百万人(訳注:何千万人かも)もの非ユダヤ人たちの虐殺である。

このホロコーストはほとんど注目されていない。なぜならイルミナティ・ユダヤ人たちが、知的専制を押しつける「ネオ・コン」、「リベラル」、「フェミニスト」、「社会主義者」そして「マルクス主義者」といった独善的で高収入の手先たちを使って 、マス・メディアと教育システムをコントロールしているからである。 


c0139575_7121385.jpg


ロスチャイルドのフロントであるクーン・ローブ商会は、一九一七革命に対する彼らの 二〇〇〇万ドルの資金融資からの手厚い利益を得た。

一九二一年、レーニンは一億二〇〇万ドル支払った。 ( NYTimes Aug. 23, 1921.)

同様に、彼らは(皇帝)ロマノフが愚かにも彼らに委託した富と銀行口座を管理し続けたかもしれない。

加うるに、イルミナティ・ユダヤ人銀行家たちは、ロシアの産業の所有権も獲得した。ドイツのシークレット・サービスの資料は、「ロシアの資本家たちを好きなように破壊してよいが、ロシア企業の破壊は決して許可されえない」と指示していた。

ドイツ帝国銀行は、六〇〇〇万ルーブルを超える額をボルシェビキたちに送った。

この文脈で、A・N・フィールド[AN Field]は、銀行家たちとボルシェビキと間で交わされた文書一〇と一一を引用している:

「彼らは、その条件に基づいてドイツの銀行が戦後ロシアの産業をコントロールする予定の完全な概要を渡している。」 "The Truth About the Slump" (1931) by AN Field. (pp.62-72)


「赤色テロル」

レーニンとトロツキーは、悪名高いシークレット・サービス「チェカ[Cheka]」(後に、OGPU 、次にNKVD、そして最後にKGBと改称された)を作り出した。財産を盗み、抵抗を押し潰すためにである。

c0139575_7395185.jpg


「全ての市や町に配置された最初のチェカ部隊は、最優先課題として、皇帝派の官僚、憲兵 、高官、白衛軍の家族、そしてその財産が一万ルーブル以上と評価された全ての市民たちを絶滅させることに従事した。多数の科学者や技術者たちが「搾取者」として殺され、その国の約半数の医師たちが殺されるかあるいは移住を強いられるかした。人々は、家で、通りで、そしてチェカ本部の地下室で、年齢に関係なく殺害された。 (スラバ・カタミヅゼ[Slava Katamidze] 、「忠実な同志、冷酷な殺し屋--ソ連のシークレット・サービス、 1917-1991[Loyal Comrades, Ruthless Killers -The Secret Services of the USSR 1917-1991] 」 p. 14 )

c0139575_8332746.jpg




c0139575_65241.jpg

c0139575_5462333.jpg

c0139575_5313179.jpg


多数のキリスト教の司祭と修道士たちが、グラーグ[Gulag]に送られ虐殺された。

c0139575_620342.jpg

c0139575_6184378.jpg


「教会は、ごく最初からボルシェビキの敵意の標的となった。教会財産、特に銀や金でできた製品の没収に対する抵抗は特に激しかった・・・今や、司祭たちは、当局がほとんどの利益を着服していると非難して、彼らの教区民たちに没収に抵抗するよう呼びかけた。」
  (Katamidze, p. 25)

勇気あるユダヤ人作家のスティーブ・プロッカー[Steve Plocker]によれば、チェカは少なくとも二〇〇〇万人の死に対して責任があると推定されている。プロッカーは、チェカが主としてユダヤ人たちによって指導されまた幹部職員が固められていたと言っている。チェカはレーニンとトロツキーによって権限が与えられていた。彼らは、イルミナティ・ユダヤ人であり、イルミナティ・ユダヤ人銀行家たちによって融資されていた。

「多くのユダヤ人が、共産主義革命の悪魔に魂を売って、その手を未来永劫ぬぐえない血に染めた。」 とプロッカーは書いている。

「私たちは、近代の最大の殺人者たちのなかにユダヤ人たちが含まれることを、忘れてはならない。」


「二種類のユダヤ人たち」

「ロシアのユダヤ人と非ユダヤ人」の中で 、ロゴジン夫人は書いている:

「 古くから二種類のユダヤ人が存在してきた。彼らは二つの異なる人種のように異なる。神を見て、彼の律法を宣言するユダヤ人たちと、黄金の子牛を崇拝しエジプトの歓楽街にあこがれるユダヤ人たちがいた;イエスに従ったユダヤ人たちと、彼を十字架にかけたユダヤ人たちがいた・・・」 (909)

殺人者たちを許すわけではないが、多くの一般のユダヤ人と非ユダヤ人の共産主義者たちは、共産主義が貧しい労働者たちを代表し、富と社会正義を共有し分かち合うことを意味すると心底騙されていた。

今日とそっくり同じように、イルミナティ・ユダヤ人たちは会衆を洗脳していた。しかし、他のユダヤ人たちは、その詐欺を見抜き、共産主義に対して勇敢に戦った。

イルミナティの人形師たちは、歴史はランダムな形で展開されるという幻想を維持するために、適切な距離を取りながら働く

だから、いろいろな時に、スターリンは彼のハンドラーたちに対して反抗し彼らのユダヤ人エージェントたちの迫害を実際に行った。

多くが、スターリンは最後の弾圧を試みたときに最終的に殺害されたと考えている。

そこには、紛れもなくユダヤ人たちがいた。彼らの中には、イルミナティの一部である者たちも、またそうではない者たちもいた。

もちろん、前者は日常的に後者を食い物にする。ボブ・チャップマン[Bob Chapman]は最近、ユダヤ系投資銀行ベアー・スターンズの売却においてどのようにこのことが演じられたか記述している

(ここのボブ・チャップマンの記述は現在の視点からは例が冴えないので訳は略す。要点は、「イルミナティ・インサイダーは救われるが、そうでないものは餌にされる」といった主旨の記述。訳者としては、リーマン・ブラザーズはインサイダーだが、金融「テロ」で役目を果たしたものと考える。 ベアー・スターンズもそうかも知れない。それぞれが役割を果たして連続「テロ」を行っていったように見える)

その「赤色テロ」の鏡像反転像が、一九三〇年代の、ナチのユダヤ人迫害と、選り抜きのユダヤ人財産の没収であった。

私は、イルミナティ・ユダヤ人の銀行家たちは、ナチの台頭をもたらした張本人で、彼らのユダヤ人の競争者の富を収用することで利益を得たのでないかと疑っている。

ドイツの大銀行家たちは、ユダヤ人の財産の「アーリア化」に深く関与していた。
 



結論

英国革命以来、歴史は、主にユダヤ人金融とその悪魔主義非ユダヤ人の同盟者たちが、キリスト教文明を転覆・崩壊させ、それを彼らの経済的、社会的、政治的、そして文化的覇権、つまり「新世界秩序」で置き換えるためにフリーメーソン革命、そして戦争を使ってきた漸進的過程を反映している。

c0139575_443229.jpg


私は、イルミナティ・ユダヤ人銀行家たちが、強欲ゆえに独占を有しているが、しかし確かに彼らはその最良の解説者であったと疑っている。(彼らは我々の大半を変換したのではないのか? )

私はタルムード的精神(ある選ばれた人々が動物であるとみなされた大多数の犠牲のもとに、富を独占する)が 、帝国主義を鼓舞し、そしてなお今日のイルミナティを動機付けているのではないかと疑う。

c0139575_9173330.jpg


私がすでに述べたように、イルミナティ・ユダヤ人銀行家たちはユダヤ人たちを、使い捨てのコマ、そして代理人として使う。

彼らのパートナーたちは、すべての民族的背景からの悪魔主義者たちである。彼らはまた、彼ら自身の民族の人々を転覆・堕落させ、そして裏切る。

彼らの計画は、彼らの目的に合わせて人類を相続物のない根無し草にし家畜化する(「教育する」、社会工学を施す、洗脳する)ことである。

彼らは、9.11「テロとの戦争」、そしてイラク戦争の背後にいる。 (訳注:これもリンク

彼らは、憎悪法、フェミニズム、多文化主義、そして多様性の背後にいる--この全ては、マインド・コントロールであり社会工学である。多文化主義がイスラエルや中国に押しつけられているとこれまでに聞いたことがあるだろうか? )

ある癌が西洋文明を破壊している。 その癌は、イルミナティ・ユダヤ人の中央銀行家たちである、彼らは、我々の経済的、政治的、文化的、そして精神的な制度を支配している。

言い換えれば、我々の「指導者たち」は、われわれと戦争しているあるオカルト的帝国主義権力を代表している:そして、我々はそれを認識すらできない。なぜなら我々の制度が転覆・堕落させられてきたからである。

今日のアメリカは、革命前のロシアに例えることができる。

c0139575_458252.jpg

c0139575_45858100.jpg

c0139575_51024.jpg

c0139575_522310.jpg


W・シュルジン[W. Schulgin]によると、「国家の頭脳は、[イルミナティ]ユダヤ人の手中にあった。そして、ユダヤ人の範疇で考えることがあたりまえのこととなった・・・すべての制約にもかかわらず、ユダヤ人は、ロシアの人々の心をコントロールした。」  (Jones, Culture Wars , p. 42)

もちろん、イルミナティがユダヤ人の心をコントロールしている。

本物のユダヤ人(そしてキリスト教徒とイスラム教徒)たちは、神と普遍的道徳秩序の側に立つ。したがって、世界政府は「ユダヤ人によい」などいうことはありえない。いかにエリートの地位を彼らが謳歌しようともだ。

世俗的ヒューマニズムは神を置き換えることはできない。 それは、気の狂った悪魔的アジェンダと、過去を特徴付ける多くの獣的非道に対する覆いである。 

c0139575_5124241.jpg


個々のユダヤ人は、彼らがどんな種類のユダヤ人であるかを決断しなければならないだろう。


---------

See also my "Imperialism of Jewish Capital"   和訳はこちら

and "Rothschilds Conduct Red Symphony" 和訳はこちら

Kevin McDonald "Stalin's Willing Executioners"

E. Michael Jones "The Revolutionary Jew"



元記事は

Communism - A Ruse for Illuminati Jewish Theft & Murder By Henry Makow Ph.D. April 8, 2008
http://www.henrymakow.com/communism_disguises_illuminati.html

c0139575_69546.jpg



参考

"The Marxist Era"
http://www.stormfront.org/forum/showthread.php?t=578510

The Magdeburg Sting 1936 Jewish Bolshevik Revolotion
http://www.minelinks.com/war/prolog_doc.html

Horrible Year, 1940-1941
http://www.lettia.lv/en_a_baigais-gads.html

The Political Famine of 1932-1933" from "The Ukraine: A Submerged Nation" William Henry Chamberlin 1944
http://www.gnosticliberationfront.com/political_famine_1932_1933.htm

Freemasons: The silent destroyers - deist religious cult based on the Knights Templar
http://www.bilderberg.org/masons.htm

マルクス主義の秘教 by ラコフスキー & 優良惑星?
http://satehate.exblog.jp/10839182/

c0139575_733028.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-08-10 03:01 | イルミナティ  

<< 地震リンク 「広島と長崎に測定可能な放射能なし」 >>