「冷戦」: 五兆ドルのイルミナティの無用な仕事 by Henry Makow Ph.D.


「冷戦」 -- 五兆ドルのイルミナティの無用な仕事 by Henry Makow Ph.D. July 23, 2009

c0139575_2148078.jpg


人類が悪魔崇拝カルトによってコントロールされていることを否定することの欠点は、イルミナティが人間性を吸い尽くすまで、腐敗堕落させ、打ちのめし、そして破滅させることを継続するだろうということである。

彼らが第一次及び第二次世界大戦のいかさまの罰を逃げおおせたため、我々は「冷戦」を有している。 彼らが次は冷戦のいかさまの罰を逃げおおせたため、我々は9.11信用危機豚インフルエンザを有している。

もし我々が彼らを止めなければ、彼らは次に何をするだろうか

一九九六年のエッセイ「五兆ドルの冷戦詐欺」の中で 、ユースタス・マリンズは、どのようにイルミナティ銀行家たちがいつも我々を大規模に欺くかを明らかにしている:

四十年以上のあいだ、米国人たちはテロ攻撃を受けてきた。外国の脅威ではなく、彼ら自身の政府によってである。 FRBが・・・第二次世界大戦の成功裏の終結後に、国民を略奪し続けるためには、彼らは新しい脅威を作り出さねばならなかった・・・今日(一九九六年)、我々は五兆ドルの国家債務を負っている。偶然にも、それは我々が一九四五年以来「国家防衛」に費やしてきた総額に等しい。

ナチスを打倒するためにソ連と共に取り組んだ後、ロシア人たちが突然大悪党として鋳直された 西洋文明の存続が危険に瀕しているに他ならなかった。

「我々は、その国を震え上がらさねばならないだろう。」上院議員のヴァンデンバーグは言い、そして実行した。

最初は、身近な核による絶滅の脅威(裏庭の防空壕を憶えているだろうか?)、そして後に、ソ連は一つの恐るべき脅威であるという偽りのCIAの証拠によって。 実際には、ロシアは西側からのひそかな援助に依存していた第三世界の国であった。

東欧をヤルタ会談でスターリンに譲り渡すことを約した後、ウィンストン・チャーチルは1946年に、彼の有名な「鉄のカーテン」演説[Winston Churchill's Iron Curtain Speech]をもって、 「冷戦」の幕を切って落とした。

c0139575_2371752.jpg

c0139575_2375084.jpg

c0139575_22494448.jpg


c0139575_0471552.jpg


c0139575_22352271.jpg

c0139575_2238461.jpg


マリンズによると、スターリンは一九四四と一九四五年にスターリンのクレムリンの司令部にいたアヴェレル・ハリマンの指示を仰いでいた。(このイルミナティのフィクサーは、戦争前の期間をヒトラーの戦争マシンを構築することに費やしていた。)スターリンは自国の国民に規律を守らせるため外部の敵を歓迎した。

c0139575_22461069.jpg


c0139575_21565418.jpg


c0139575_21542544.jpg


c0139575_1225980.jpg

The “Big Three”—Stalin, FDR, and Churchill—seated at the Tehran Conference in Iran, 1943. Soviet foreign minister Vyacheslav Molotov stands between Stalin and Roosevelt, and British foreign secretary Anthony Eden stands between Roosevelt and Churchill.    The Tehran

c0139575_1271571.jpg

Reader Bullard in Tehran, 1943, flanked by Anthony Eden and Winston Churchill. Josef Stalin gives a wave

c0139575_12581624.jpg

Yalta Conference 1945

c0139575_2311139.jpg

at the Yalta Conference in February 1945

c0139575_13425953.jpg

Seen on the cruiser Quincy in Egypt after the Yalta Conference in February 1945, are (seated, left to right) U.S. Ambassador to the United Kingdom John G. Winant; President Franklin D. Roosevelt; Secretary of State Edward R. Stettinius, Jr.; Special Assistant to the President Harry L. Hopkins; (standing, from right) Assistant to the Secretary of State Charles E. Bohien; State Department Director of European Affairs H. Freeman Matthews; and others.

c0139575_141692.jpg

1945 Edward Stettinius, (Anthony Eden), and Averell Harriman

c0139575_1218214.jpg

Dean Acheson and Robert Anthony Eden at the United Nations General Assembly, Paris, 1950 (P400/7/13)




冷戦は、共産主義に反対するよりはむしろ「封じ込める」というアメリカの政策によって維持された。 この「封じ込め」は、フリーメーソンのジョージ・ケナンGeorge Frost Kennan, 1904-2005]によって定義されていた。 彼の父親「コスス」は、あるメイソンのハンガリー革命家にちなんで命名された。 彼が名をもらった人物は、彼の祖父のいとこで、ジェイコブ・シフのエイジェントでありロシア革命へ金融支援を行ったのであった。

c0139575_23123037.jpg



結論

誰かを処分する方法として、彼を彼自身の殺害の共犯者にすること以上のものがあるだろうか?

アメリカ人たちは、もし我々が銀行家たちにわれわれ自身のマネーで我々の共犯関係を買うことを許すならば、自殺に最大限の努力を続けるであろう。 歴史全体を通じて、これらの銀行家たちは、個人や国を略奪し奴隷にするために債務を用いてきた


どれほど長い間、 「尊敬すべき」人々はこの悪魔的陰謀が存在することを否定し続けるのだろうか? どれほど長い間、彼らは自分の同胞と文明を裏切り続けるのだろうか?

ここに多くの言葉で語っているヒラリー・クリントンがいる。彼女は、 自身が「いかに考えるか」の教育指示と学習を「母船」から得たと。 「母船」とは、ロスチャイルド-ロックフェラー(イルミナティ銀行家)によって支援された外交問題評議会(CFR)である。

c0139575_22565891.jpg


c0139575_22525047.jpg


どれほど長い間、我々は民主主義の見せかけを受け入れ続けるのだろうか?どれほど長い間、我々は買収され続けているのか? シオン長老のプロトコルは 、現在の状況を説明している:

大衆は、「服従と注目に支払いをする我々に耳を傾けることに慣れている。このやり方で、我々はある盲目の力を作り出すであろう。その力は、我々のエージェントの指導案内なしでは決して、いかなる方向へも動くことは出来ないであろう・・・人々はこの政治体制を甘受する。なぜなら、彼らはその収入、満足、そしてあらゆる種類の利益の享受がこれらの指導者たちに依存するだろうことを知ることになるからである。」  (プロトコル 10)

c0139575_584517.jpg


「我々はすでに、ゴイの社会の意見をわれわれ自身で所有するやり方を考案してきた・・・彼らはすべて近くにやってくる・・・彼らの鼻の上に我々が掛けてやった眼鏡を通して見ながらである。」  (プロトコル 12)

c0139575_520102.jpg


我々は、フリーメーソンによる転覆破壊を拒絶したままに留まることによって、何とか被害を免れるだろうことを期待する。

もし過去が何か示唆するとすれば、その逆が正しい

c0139575_6205545.jpg


我々にできることは?

メディアは世界政府について沈黙している。

c0139575_6212276.jpg


真実に気が付いている人々の責任は、隣人たちに警告を発することである。 パーティーを主催する。ヴィデオを見せる。 会議を開催する。 我々は異議申し立てを導きだし喚起する必要がある。 数の上での強みがあるし、そして状態が悪化するにつれて、人々は我々の旗印に結集するであろう。

---- ----

Related: "The Serving Armies of the Standing Bankers"
http://zippittydodah.blogspot.com/2009/07/serving-armies-of-standing-bankers.html

"The NWO is the International Banking Cartel"
http://waketheherd.blogspot.com/2009/07/international-banking-cartel-is-new.html

元記事は

The "Cold War" -- $5 Trillion Illuminati Boondoggle by Henry Makow Ph.D. July 23, 2009
http://www.henrymakow.com/the_cold_war_--_4_trillion_ill.html

c0139575_1225157.jpg


++
ちょっと、皮肉を付け加えれば、両ご本尊たちは後方でフロントを操りながら儲け、有色人種を中心とするフロントの「無用な人間たち」に地域戦争をさせて消えて貰うという意味もあった。


参考・参照

The $5 Trillion Cold War Hoax  by Eustace Mullins
http://www.whale.to/b/mullins6.html

Dupes, Realists, Traitors or Failures?  Yalta Notes
http://www.flatrock.org.nz/topics/history/yalta_notes.htm

CFRの誕生と全体主義との初期のつながり by ジェームス・パーロフ 2 ボルシェヴィキとの関係
http://satehate.exblog.jp/11310041/

ザ・エスタブリッシュメント by ゲイリー・アレン 2 CFRの支配
http://satehate.exblog.jp/11121886/

トルーマン時代 by ジェームス・パーロフ 1 六人のCFRメンバーとマーシャル・プラン
http://satehate.exblog.jp/11231261/

トルーマン時代 by ジェームス・パーロフ 2 中国の瓦解
http://satehate.exblog.jp/11239018/

トルーマン時代 by ジェームス・パーロフ 3 朝鮮における奇妙な戦争
http://satehate.exblog.jp/11245928

悪魔主義銀行家の陰謀 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/11701619/

フリーメーソン団 by Svali
http://satehate.exblog.jp/10880959/

フリーメーソン団:人類の死への願望  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12055304/

ロスチャイルドは「赤い交響曲」を指揮する。by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10800240/

終了! フリーメーソン団の最終黙示録(アンコール) by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10864509/

中央銀行家たちは全体主義権力を追い求める By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10977502/

銀行家たちは、我々が隷従することを求める  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/11937575/

アルバート・パイクの世界操作計画
http://satehate.exblog.jp/6982937/

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」

「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」 



c0139575_6273358.jpg

c0139575_6275397.jpg


c0139575_121412.jpg

c0139575_6472356.jpg


c0139575_120972.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-08-07 21:59 | 戦争詐欺・紛争  

<< 「広島と長崎に測定可能な放射能なし」 広島 ネブラスカ、長崎 フロリ... >>