広島 ネブラスカ、長崎 フロリダ By Henry Makow, Ph.D.

広島 ネブラスカ、長崎 フロリダ By Henry Makow, Ph.D. August 6, 2005

c0139575_3521553.jpg

-------------A Nagasaki-------------



(二〇〇五年から)六〇年前の広島と長崎の破壊の背後にある根本的理由は、「イスラム教徒のテロリスト」によるアメリカの都市に対する予期される核攻撃を駆動している。

オカルト国際銀行カルテルは、これらの攻撃の背後にある。過去にも未来にも。その目的は、恐怖心を煽り、抑圧、戦争、債務、そして「世界政府」を正当化することである。

五〇万人の日本の民間人たちは、放射線を照射された。アメリカ人の命を救うためでも、ソ連を威嚇するためにでもなく。

彼らは、冷戦、つまり五兆ドルの費用を要しかつ埒の明かなかった核軍拡競争を、人類に無理矢理受け入れさせるために虐殺された。 


今や冷戦が行くところまで行った以上、銀行家たちは、潜在的にアメリカ人を核攻撃することにより、新しい「テロとの戦争」を確立せねばならない。

常にある外敵が存在せねばならない。 人々が、指導者を指名し、メディアを支配し、そしてマネーを作り出す銀行家たちによって、法外な値段をふっかけられていることに気付かないようにである。



冷戦

第二次世界大戦が終わりに近づくとともに、銀行家たちは「冷戦」を必要とした。 銀行家たちは、日本の降伏の試みを無視した。なぜなら彼らは原爆の壊滅的な影響を実物宣伝する必要があったからである。 

「我々の全戦後プログラムは、原爆で世界を恐怖させることに依存している。」 と、国務長官、エドワード・ステッティニアス・ジュニア、 JPモルガンのパートナーの息子は発言した。

c0139575_1857095.jpg


「我々は、日本での百万人の[死体]勘定を期待している。しかし、もし彼らが降伏すると、我々は何も得ることがないだろう。」 


c0139575_1974182.jpg

c0139575_19132588.jpg

c0139575_19191357.jpg

c0139575_19201364.jpg

c0139575_1925188.jpg

c0139575_198159.jpg

c0139575_19104754.jpg


私のここでのソースは、ユースタス・マリンズの優れたオンライン・エッセイ、「原爆の秘密の歴史」 である。 (和訳:広島はなぜ破壊されたか by Eustace C. Mullins

米国議会図書館元研究員であるマリンズは、銀行家たちが所有していない、一握りしかいない勇気ある歴史家の一人である。

私はあなたに、彼の十四ページのエッセイ全てを読むことをお勧めする。

マリンズによれば、トルーマン大統領は、彼の上院議員になる前の唯一の真の仕事はミズーリ州のメイソンのまとめ役だったのだが、その重大な決定を一人ではしなかった。

c0139575_1916416.jpg


バーナード・バルーク[Bernard Mannes Baruch]の操り人形であるジェームズ・F・バーンズ[James Francis Byrnes]に率いられた委員会が彼に指示した。

c0139575_19283538.jpg

c0139575_19285038.jpg


バルークはロスチャイルドの合衆国での代表的エージェントで、かつウッドロー・ウィルソンから、J・F・ケネディの時代にかけて大統領の「アドバイザー」であった。

バルークは、原子力委員会の委員長で、バルークの本拠地の名をとって命名された 「マンハッタン計画」の陣頭指揮を執った。 彼は、生涯の共産主義者ロバート・オッペンハイマーを研究局長にすべく選んだ。


それはまさに銀行家たちの爆弾であった 


一九四五年八月六日、ウラン爆弾3-235 、 二〇キロトン効力、が広島での上空一八五〇フィートで爆発した。最大の爆発的効果を得るために。 それは、 四平方マイルを壊滅させ、二五万五千人の住民のうち一四万人を殺した。

マリンズは日本の医師を引用している: 「私の目は涙で溢れていた。私は自分自身に語りかけ、唇をかんだ。泣かないように。もし私が叫んだなら、私は立って作業を続け、広島の死につつある犠牲者たちを治療する勇気を失ったであろう。」

空軍が長崎に原子爆弾を投下したとき、主な標的は、カトリック教会であった: 「そのカトリック聖堂の屋根と石積みは、ひざまずいた信者たちの上に崩れ落ちた。彼らの全員が死亡した。 」

アメリカ合衆国に戻れば、その広島への原爆投下のニュースは、安堵、誇り、喜び、衝撃、そして悲しみの混合物をもって歓迎された。

オッペンハイマーの同僚は喜びの叫びを回想している。「ヒロシマは破壊された!多くの我が友が、祝うために、サンタフェの ラ・フォンダ・ホテルのテーブルを予約するため電話しようと殺到した。オッペンハイマーは、演壇にやって来たかのように頭の上で両手を握りしめて、プロボクサーのように歩き回った。」

c0139575_195771.jpg


その銀行家たちは、人類の裏をかき奴隷化することを目標とする悪魔のような力に仕える。冷戦は全世代を非人間的にすることに仕えた。

マリンズは書いている:「米国では、学校では毎日、子供たちが机の下に隠れて、爆弾訓練を実施した。誰も彼らにヒロシマでは多数の学校児童たちが、彼らの教室のなかで焼却処分されたことを語らなかった;机は核兵器に対して何の保護も与えなかった。子供たちへの道徳的な効果は破壊的であった。もし彼らが次の十秒で気化する運命にあるなら、学び、結婚し、子供を持つ、あるいは着実な仕事の準備をすることにほとんど理由がないように思えた。 核兵器プログラムを通じてのこの士気喪失は、公衆道徳の減退の明かされていない理由である。」


それをカルマと呼ぶのか?

今や、子供のようなアメリカ人たちは、日本人の運命への無関心と、もう一度それを実行しようと準備しているその加害者たちを罰し得なかったことへの代償を払うことになるかもしれない。

今回は、その犠牲者たちは何千マイルも離れている見知らぬ見かけの人々ではないだろう。

9.11は、弓の向こう側の(目と鼻の先の)ショットだった。 地球上で最も特権のある人々、アメリカ人たちは、殺害され、真っ昼間に屈辱を与えられた。 何人も、このことが起こることを許可した責任を負わされなかった。これは彼ら自身の「指導者たち」が共謀していたという確かなサインである。

アメリカ人たちは、廃嫡され破壊されようとしているのだろうか?

彼らとイラクの反政府運動家たちとの違い:イラク人たちは 、彼らが異国人と悪の力によって侵略されていると知っている。

------------------------- -------------------------

Related: My " Tales of Mind Control and World Tyranny "
http://www.savethemales.ca/060103.html

See also "Leland Lehrman's "Israel, Mossad, Iran and a Nuclear False Flag Operation"
http://www.physics911.net/nuclearfalseflagdraft

元記事は

Hiroshima Nebraska, Nagasaki Florida By Henry Makow, Ph.D. August 6, 2005
http://www.henrymakow.com/001082.html


特別参照

植草一秀氏の無実を確信する法曹A氏が、刑務所事情を語った! 
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2009/08/a-876b.html

根は同じ処にある。

懺悔します。そして闘います。 投稿者:同じ釜の飯 投稿日:2009年 8月 6日(木)22時24分42秒
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs?&OF=0#CID3188


参考・参照

上記リンクにもありますが

THE SECRET HISTORY OF THE ATOMIC BOMB WHY HIROSHIMA WAS DESTROYED The Untold Story by Eustace C. Mullins June 1998
http://www.whale.to/b/mullins8.html

これを読めば、マリンズさんを右翼の人種差別主義者と呼ぶのは、いつもの汚れた手だとわかります。

Why Hiroshima Was Bombed: The 'Utopians' Duped a Nation by William Jones
http://www.larouchepub.com/other/2002/reviews/2943hiroshima.html

ロスチャイルドのベルギー・コネクション--ランベール家 by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/8640230

闇の奥の奥 by 藤永 茂
http://satehate.exblog.jp/8255438/

慈善事業を隠れ蓑にするペテン財団の全犯歴より フーヴァー 1 by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/8298933/

世界権力構造の秘密 Eustace Mullins 4 タヴィストック研究所:ホロコースト→洗脳と大衆心理操作
http://satehate.exblog.jp/7627172/

誰が何のために原爆をつくったのか by 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/10383405/

白洲次郎のプリンシプルとは? by 鬼塚英昭 原爆ホロコーストへの道
http://satehate.exblog.jp/9332877/

冶金つながり?五月・六月の広島からの疎開。世界連邦? & 湯川秀樹 by 鬼塚英昭他
http://satehate.exblog.jp/9770031

原爆投下は予告されていた by 黒木雄司
http://satehate.exblog.jp/9358512/

アメリカ兵捕虜の予告 「八月六日、ヒロシマは焼け野原になる」
http://satehate.exblog.jp/9365812/

東京ローズがささやいた「テニアンの秘密」 by 鬼塚英昭 1
http://satehate.exblog.jp/9373582/

東京ローズがささやいた「テニアンの秘密」 by 鬼塚英昭 2
http://satehate.exblog.jp/9379355/

原爆ホロコースト:広島
http://satehate.exblog.jp/9381417/

八月六日(月)晴 by 黒木雄司
http://satehate.exblog.jp/9387059/

八月七日(火)晴 長崎原爆投下予告 by 黒木雄司
http://satehate.exblog.jp/9389254/

八月八日(水)晴 ソ連参戦 by 黒木雄司
http://satehate.exblog.jp/9397048/

原爆ホロコースト:長崎
http://satehate.exblog.jp/9404672/

お札でわかる911と世界人間牧場
http://satehate.exblog.jp/6942545/


原文

Hiroshima Nebraska, Nagasaki Florida August 6, 2005  By Henry Makow, Ph.D.

The rationale behind the destruction of Hiroshima and Nagasaki 60 years ago is driving the anticipated nuclear strike on an American city by "Muslim terrorists."

The occult international banking cartel is behind these attacks, past and future. The purpose is to inspire fear and justify repression, war, debt and "world government."

A half million Japanese civilians were irradiated not to save American lives or impress Soviet Russia. They were slaughtered to force humanity to accept the Cold War, a nuclear arms race that cost five trillion dollars and accomplished nothing. Now that the Cold War has run its course, the bankers have to establish the new "War on Terror" potentially by nuking Americans.

There must always be an external enemy so people don't realize they are being fleeced by the bankers who appoint the leaders, control the media and create the money.


THE COLD WAR

With World War Two winding down, the bankers needed the "Cold War."

The bankers ignored Japanese attempts to surrender because they needed to demonstrate the devastating effect of the atomic bomb. "Our entire postwar program depends on terrifying the world with the atomic bomb," Secretary of State, Edward Stettinius Jr., the son of a JP Morgan partner, said. "We are hoping for a million [dead] tally in Japan. But if they surrender, we won't have anything."

My source here is Eustace Mullin's excellent on line essay, "The Secret History of the Atomic Bomb." Mullins, a former Library of Congress researcher, is one of a handful of courageous historians the bankers don't own. I urge you to read his 14-page essay in full.

According to Mullins, President Truman, whose only real job before Senator had been Masonic organizer in Missouri, did not make the fatal decision alone. A committee led by James F. Byrnes, Bernard Baruch's puppet, instructed him. Baruch was the Rothschild's principal agent in the USA and a Presidential "advisor" spanning the era from Woodrow Wilson to JFK.

Baruch, who was chairman of the Atomic Energy Commission, spearheaded the "Manhattan Project" named for Baruch's home turf. He chose life-long Communist Robert Oppenheimer to be Research Director. It was very much the bankers' bomb.

On August 6, 1945, an uranium bomb 3-235, 20 kilotons yield, was exploded 1850 feet in the air above Hiroshima, for maximum explosive effect. It devastated four square miles, and killed 140,000 of the 255,000 inhabitants.

Mullins quotes a Japanese doctor: "My eyes were ready to overflow with tears. I spoke to myself and bit my lip so that I would not cry. If I had cried, I would have lost my courage to keep standing and working, treating dying victims of Hiroshima."

When the Air Force dropped the atomic bomb on Nagasaki, the principal target was a Catholic church: "The roof and masonry of the Catholic cathedral fell on the kneeling worshippers. All of them died."

Back in the United States the news of the bombing of Hiroshima was greeted with a mixture of relief, pride, joy, shock and sadness. Oppenheimer's colleague remembers the shouts of joy: "Hiroshima has been destroyed! Many of my friends were rushing to the telephone to book tables at the La Fonda Hotel in Santa Fe in order to celebrate. Oppenheimer walked around like a prize-fighter, clasping his hands together above his head as he came to the podium."

The bankers serve a diabolical power whose goal is to thwart and enslave humanity. The Cold War served to brutalize a whole generation.

Mullins writes: "In the United States, the schools held daily bomb drills, with the children hiding under their desks. No one told them that thousands of schools children in Hiroshima had been incinerated in their classrooms; the desks offered no protection against nuclear weapons. The moral effect on the children was devastating. If they were to be vaporized in the next ten seconds, there seemed little reason to study, marry and have children, or prepare for a steady job. This demoralization through the nuclear weapons program is the undisclosed reason for the decline in public morality."


CALL IT KARMA?

Now child-like Americans may pay the price for their indifference to the fate of the Japanese and failure to punish the perpetrators who may be preparing to do it all over again. This time, the victims won't be strange-looking people thousands of miles away.

Sept 11 was the shot across the bow. The most privileged people on earth, Americans were murdered and humiliated in broad daylight. No one was held responsible for allowing this to happen, a sure sign that their own "leaders" were complicit.

Are Americans going to be disinherited and destroyed? The difference between them and Iraqi insurgents: the Iraqis know they have been invaded by an alien and evil power.
[PR]

by oninomae | 2009-08-06 03:24 | 放射能・ラジオハザード  

<< 「冷戦」: 五兆ドルのイルミ... 1919年のインフルエンザ大流... >>