1919年のインフルエンザ大流行はワクチンによって引き起こされた。 ジョン・ラッポポート記


「スペイン風邪」の現場証言
http://www.asyura2.com/0510/health11/msg/158.html
投稿者 縞 日時 2005 年 11 月 24 日 18:34:39: 0VsXfrsMPtJ9g

11/24: ・「太田龍の時事寸評」 平成十七年(二〇〇五年)十月十四日(金) (第一千四百六十二回) に曰く。
 
○ジョン・ラッポポート。このひとは、米国のいわゆる反陰謀陣営、反NWO陣営の論客の一人である。

○「ワクチンによって作り出された一九一九年のインフルエンザの大流行」という彼の論説が、二〇〇五年十月十一日付けのヘンリー・メイコウのニューズレターで、紹介されて居る。

○これは、約二十五年前に書かれた、エレノア・マクビーンの著作(『ワクチン接種の犯罪を告発する』)の中の一節である。

○エレノア・マクビーンの文章を、以下に要約する。

 (1)私(エレノア・マクビーン)は、一九一八年のインフルエンザの大流行の現場に居て、その現実を見た。

 (2)インフルエンザは二年間続いた。

 (3)二千万人が死んだ、とされる。

 (4)しかし、死者の殆んどは、ワクチン接種による。つまり、ワクチンを接種されたものが、ワクチンによって殺害されたのである。

 (5)私はワクチンを避けた。そのために私は殺されなかった。

 (6)ワクチンを接種せずにインフルエンザの病人を治癒させた医者も存在した。

○このエレノア・マクビーンの一文(英文)は、末尾に参考資料として引用する。

(中略)

【縞蘇鉄による試訳】

1919年のインフルエンザ大流行はワクチンによって引き起こされた。 ジョン・ラッポポート[Jon Rappoport]記。


2005年10月11日 http://www.savethemales.ca (引用注:今はここには見あたらないです。下記リンク参照)

エリノア・マクビーン[Eleanor McBean]によって、ほぼ25年ほどまえになされたもうひとつの分析がある。以下の引用は彼女の著書「糾弾されたワクチン接種」(Vaccination Condemned)の第2章からのものだが、全く違った観察が示されている。

c0139575_21243383.jpg


私は1918年のインフルエンザ流行の現場をこの目で見た

1918年のスペイン風邪の流行を体験した医者や人々のだれもが、あれは世界的にも前例の無い恐ろしい病気だったと言います。ある日心身ともに強健だった人が次の日には死んでいるかもしれませんでした。

その病は、腸チフス、ジフテリア、肺炎、天然痘、小児麻痺といった、第一次世界大戦直後に人々がワクチンとして接種されることになった諸病に加えて、黒死病(ぺスト)の特徴をそなえていました。事実上全ての人が、1ダースかそれ以上の病気や毒性血清を「種としたもの」を注射されました。そのようにして医者が作った病気が一斉に発生しだしたとき、それは悲惨なものでした。

c0139575_22161344.jpg


流行は2年間続きましたが、その勢いは、症状を抑えようとして医師たちがさらに投与した薬の毒性によって保たれました。

私が見いだしたかぎりでは、インフルエンザはワクチン接種を受けた人だけを襲いました。

注射を拒絶した人たちはインフルエンザを免れました。私の家族はワクチン接種を全て拒絶していましたので、流行期間中も無事にすごすことができました。私たちは、グラハム、トレイル、チルデン、その他の人の健康法から、毒性のあるもので身体を汚染すればそれはかならずや病気につながっていくということを知っていたのです。

インフルエンザの最盛期には、学校は勿論、全ての店が扉を閉ざしていましたし、ばかげたことに病院までもが、医師や看護婦もまたワクチン接種をうけていたのでインフルエンザで倒れて、閉鎖されるというありさまでした。そんな訳で、医者もいない中、私たちの両親は、少しでも病人の世話が出来ればと家々をまわっていました。もしも細菌、バクテリア、ヴィールスやバチルスといったものが病気の原因になることができるのなら、私たちの両親は一日に何時間も病人と同室していたのですから、感染する機会はいくらでも有ったわけです。しかし、彼らはインフルエンザに罹ることはありませんでしたし、また、病原菌を持ち込んで私たち子供にうつすということもなく、何も引き起こしはしませんでした。私たちの家族は、深い雪の積もるその冬の間中、誰一人としてインフルエンザはおろか鼻風邪にさえかかる者もありませんでした。

1918年のインフルエンザ大流行は世界中で2,000万人もの人を殺したと言われています。しかし、実際には、医師たちがいいかげんで致死的な処置と薬によって殺したのです。これは厳しい告発ですがそれでも、薬品を用いない医者と、そうでない一般の医者と、どちらが成功したかという比較で判定すれば、それが真実なのです

「メディカルな」人々や病院が、診ていたインフルエンザ患者の33%を死なせていた一方で、BATTLE CREEK, KELLOGGそしてMACFADDEN'S HEALTH-RESTORIUM といった「メディカルでない」病院ではほとんど100%の治癒をえていたのですが、彼らが用いた治療法はといえば、注意深く計画された自然食の食事療法に続いて、水療法、水浴、浣腸、その他、そして、断食その他いくつかの単純な治療法を施すというものでした。ある「ヘルスドクター」は8年の間一人も患者を失いませんでした。このように一人の患者も失わなかった「薬を用いない医師」たちの一人による健康治療のめざましい成功例は、少し後で出版される、この本の他の部分(タイトルはVACCINATION CONDEMNED)で示されるでありましょう。

もしも「メディカルな」医師たちが「薬を用いない医師」たちと同じくらい高度であったならば、そのような2千万もの「メディカルな」インフルエンザ治療による死は無かったことでしょう。

ワクチン接種を受けた兵士たちの間には、それを受けなかった市民の間でよりも、7倍の病気がありました。しかもそれらの病気はその予防としてワクチン接種されたものだったのです。

1912年に海外から引き上げてきたある兵士は私に、陸軍病院は小児麻痺患者でいっぱいで、大の大人がなんで子供の病気に罹らなくちゃならないんだと思った、と話してくれました。

今では私たちは、麻痺はワクチンの毒性による後遺症であることを知っています。家にいる者たちが麻痺に罹ることは、1918年にワクチン接種の世界的なキャンペーンがおこなわれる前にはなかったことです。

引用終わり。

c0139575_22112090.jpg



JON RAPPOPORT  www.nomorefakenews.com
http://www.nomorefakenews.com/archives/archiveview.php?key=1851

http://nomorefakenews.com/index.php
http://www.nomorefakenews.com/archives/archivelist.php

See also

The poisoned needle - suppressed facts about vaccination by Eleanor McBean
http://www.whale.to/a/mcbean.html


以下にもあります。

Vaccination Condemned: Observations of 1918 Flu Outbreak
http://forums.cedarcity.com/index.php?topic=1325.0


ここも参照

http://blue.ap.teacup.com/97096856/2730.html




c0139575_21382493.gif


c0139575_21404789.jpg


c0139575_21483255.jpg


c0139575_21492442.jpg


c0139575_22481474.jpg


c0139575_22483040.jpg


c0139575_2255520.jpg

子供が大勢死ぬ。有色人種の他、白人でユダヤ人でもキリスト教徒は死ぬ。といっている。
c0139575_22484772.jpg


c0139575_22491664.jpg


c0139575_22245100.jpg


c0139575_223795.jpg



c0139575_21431067.jpg


c0139575_227494.jpg



c0139575_2245326.gif


c0139575_22455079.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-08-04 21:50 | バイオハザード・ワクチン  

<< 広島 ネブラスカ、長崎 フロリ... シオニズム:ユダヤ人に対する陰... >>