世界統一政府樹立という長期的な戦略 by 菊川征司

話としては繰り返しになりますが、何度でも繰り返す意味はあるし、菊川さんの解説はコンパクトにまとまっているので、引き続き御紹介しておきます。


レーニン「中央銀行を設立すれば共産化は9割完了!」

世界統一政府樹立という長期的な戦略に基づいて多くの事件が起こされてきました。その根底にある基本的な考えを説明します。

①[中央銀行を支配]

まず第一に行ったことは世界中の国々に自分たちがコントロールする中央銀行を設立することでした。

ビスマルク[Otto Eduard Leopold von Bismarck-Schönhausen, 1815-98]が指摘しているように、経済的にも金融的にも独立性を勝ち取る国が現れることは、彼らの目指す世界支配の邪魔になるのです各国が経済と金融の両面において独立できないように、それぞれの国に"私立"の中央銀行を作ることなのです。

c0139575_22174471.jpg


私立の中央銀行の一番最初は、通称リクスバンンクと呼称されるスウェーデン中央銀行でした。設立は1688年のことでした。

次が1769年のイギリス銀行(イングランド銀行)、1803年のフランス銀行と続きます。

日銀は1882年で、アメリカ連銀は1913年のことです。

そして東欧諸国には、1991年ののソ連崩壊後の'90年代に続々と設立されて、アフガニスタンには侵攻翌年の2002年、イラクには侵攻の年2003年に設立されています。

21世紀の現在、アメリカが"ならず者国家"と呼ぶ国以外のすべての独立国に中央銀行がありますから、このプロジェクトはほとんど終了の段階に入っています。

日銀も含めて先進諸国の中央銀行は例外なく私企業です。明確な資料はありませんがその他の発展途上国も同じ形態といって間違いないと思います。そして私企業ながらまったく政府の干渉を受けないので、いわば治外法権に守られたような特殊な存在なのです。

中央銀行はその国の公定歩合を決定する他に通貨も発行します。

中央銀行は国の造幣局が指示して印刷した紙幣を、額面の金額に拘わらず印刷代だけで買い取って、それを額面の金額で政府に貸し出すのです。政府はそれに対して利子をつけて返さなくてはいけないのですから、政府の支出は巨額ですが、中央銀行には大変な利益が出ます

ところで中央銀行の私企業化には、利益の他に闇の世界金融の重要な目的があります

それは国の財政上の借金を増やして、首が回らなくすることです。

日本が現在、貿易が黒字なのに国家予算の10倍の財政赤字の大部分は、日銀のこのシステムが大きく関係していると思われます。 そして赤字が増えてきて国が身動きが取れなくなってきたら、登場してくるのは国際通貨基金(IMF)や世界銀行(ワールドバンク)なのです。

融資の条件として難題を吹っかけます。IMFの関心はその国を救うための景気回復ではありません。むしろ欧米の投資家が土地を購入し、企業に投資しやすくし、銀行その他の重要産業を買収しやすいように、法令を改正させるのです。

つまりIMFは「グローバリゼーション」という仮面をかぶせていますが、実態は闇の世界金融による経済上の覇権主義で世界中を制覇するために、その尖兵を務めている組織なのです。

中央銀行がある限り財政は赤字になり、完済などできるはずがありません。IMFなどから、いったん借りたら最後、気がついた時には独立国としての自主性はなくなっているか、担保に出した国有地などが取り上げられる羽目になるのです。

ブラジルの2回に及ぶ債務の支払い不履行によって、アマゾンの大密林は世界銀行が所有権を持っているといわれています。

ところでこの中央銀行という資本主義体制内で私たちが当たり前に思っている組織は、レーニンが「中央銀行を設立すれば、その国の共産化は90%達成できている」といったことから分かるように、共産主義体制の根幹に位置するもっとも重要なシステムだということを忘れてはならないのです。

c0139575_21414287.jpg


c0139575_21422179.jpg


c0139575_21424863.jpg



統制経済、社会主義化する資本主義国家

②[世界をブロック化]


次に世界各地をいくつかの地域に分けて、その地域内の経済と政治を統一します。

物資の流れを自由化->地域の統一通貨を導入->人の流れを自由化->地域の憲法と議会を導入(例:EU、アメリカ連合、東アジア連合、アフリカ連合)。

c0139575_23405426.jpg

c0139575_23411353.jpg


c0139575_043223.jpg


地域が統一されたら、次はそれをまとめる段階となり世界統一が完成します。

c0139575_21471761.jpg


③[統制経済への移行]

その統一された地域を、杜会主義的な資本主義体制へと移行させます。

この2つの矛盾する体制を実行しているのが現在の中国なのは、皆さんもよくご存知と思いますが、新生ロシアもこの体制を採用しているのです。

最近モスクワに在住しているという人から話を伺う機会がありました。現在のロシアの政治体制は基本的には旧ソ連を引き継いでいるようで、そこに資本主義体制下の企業を養成しているのですから、中国とほぽ同じといえます

中国もロシアも現在のところは自由主義経済体制で、同じ産業に多くの企業を競争させています。しかし国際金融資本家が将来的に目指すのは基本的には1業種には3杜以下とし、多くても5社までしか存続を許しません。杜会主義においては、競争は罪悪なのです

c0139575_2149522.jpg


現在世界中の先進国で、企業の寡占化が進んでいます。自由競争を促進する目的で、世界100カ国で制定されている独占禁止法という企業の寡占化を防止する法律がありますが、大企業の合併が頻繁な昨今はこの法律は有名無実になっています。

GMとクライスラーの合併が推進されたり、デルタ航空とノースウエスト航空が合併交渉を終えたことが、金融危機後に報道されました。石油会杜の合併のように、以前に分割された会社が再び合併するという、独禁法の精神に反する動きが活発化しているのが現状です。

アメリカの自動車業界はつい30年ほど前までは何社もあったのですが、倒産と統合によって残るのは2008年にはたった3杜になっていて、GMとクライスラーが合併すれば2社になってしまいます。

アメリカのマスコミが3杜までに減るかどうかはこれからですが、今は5つの系統にまとめられています。

アメリカの大手メディア、トリビューンが12月8日、日本の民事再生法にあたる米連邦破産法11条の適用を申請したという報道がありました。

トリビューンは名門紙『シカゴ・トリビューン』、『ロサンジェルス・タイムズ』の他に放送局などを抱え、新聞発行部数では全米第3位の大手です。

2003年にアメリカ連邦通信委員会が規則を緩和したことによって、一つの都市における新聞、テレビ、ラジオ、ケーブルテレビの提供を、同じ会社が占有できるようになっています。この通信法の規制緩和によって、情報が一元化されて報道が偏ってしまうのはもちろんですが、マスコミの数も少なくて済むようになってしまったのです

この法律は、報道業界の寡占化へ向けての下準備と考えられます(連邦通信委員会の規制緩和を伝えるニュース http:www.pbs.org/newshour/bb/media/jan-june03/powell_6-2.html)。

そして近年になって活発化したのが、金融業界の再編成の動きです。2008年の金融危機においては、アメリカを代表する大手証券会社がいくつもの大銀行に吸収合併されました。結果的にはアメリカ5大証券のすべてが、倒産と吸収合併によって消えてしまいました。

今度の金融危機でJPモルガンは支店総数が5400行になり、総資産規模でシティを抜いてトップになることは確実です。そのシティはサブプライム関連の大きな損失が長期にわたって続いていますから、株価が下降を続けていて身売りの話も出ています。

三菱UFJがモルガン・スタンレーに、自社本体の資本増強に踏み切る必要があるほどの巨額の融資を行いました。これは、やがて到来する地球規模の金融再編成に向けて生き残りを図った長期プランのーつだったのでしょうか。

現在のアメリカの3大金融グループは、JPモルガン・チェースとシティグループと、バンク・オブ・アメリカです。

今回の金融危機で、この3大銀行の優先株を国が買い取って公的資金が注入されました。ということはこの3社は、半分国営になったのです。アメリカ最大の保険会社AIGにも、住宅ローン会杜のフレディ・マックにもファニー・メイにも既に税金が入っています。

このうえもし自動車3社にも税金が入ることになったら、アメリカの多くの大企業が国営企業になってしまうことになるのですが、これって社会主義経済と呼ばなくて何と呼ぶのでしょうか。

アメリカの場合は、連銀がフレディ・マック(連邦住宅貸付抵当公社)とファニー・メイ(連邦住宅抵当金庫)の不良債権を担保にして資金を貸しただけでした。一方、3大銀行も含め日本とヨーロッパを始めとして世界中のほとんどの国の銀行は、政府が銀行の優先株を買い取って大株主になっています

こうしたことから2008年という年は世界中の資本主義体制の国が名実ともに杜会主義制度に移行した年として、世界史に特筆されることになるのは確実だと思います。

c0139575_2237875.jpg


c0139575_22362589.jpg


こうした世界制覇のための基本的概念とその過程や、過去のロスチャイルド家の商法を脳裏に刻んでください。そうすれば次の章で紹介する、アメリカにおけるロスチャイルド家の代理人たちが、アメリカで引き起こした数々の事件の手法と目的がより理解しやすくなるはずです。


菊川征司 世界恐慌という仕組みを操るロックフェラー 第1章 歴史編:ロスチャイルド  p124-132より

c0139575_2115826.jpg



次の第2章「彼らはこうしてアメリカを食い物にしてきた」は本を買って読んで下さいね。




c0139575_22253545.jpg


c0139575_2226102.jpg



c0139575_2239047.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-04-21 22:00 | イルミナティ  

<< イルミナティの実態 続編 by... ゲイリー・アレンの警鐘、超国家... >>