「ほっ」と。キャンペーン

神の約束:イスラエル中心派の大イスラエルへの「聖書のシナリオ」

神の約束:イスラエル中心派の大イスラエルへの「聖書のシナリオ」


この話は、小石泉牧師の「悪魔最後の陰謀」 5章 米ソに変わりイスラエルが軍事大国に の記述にに基づいています。《彼ら》の作戦は、基本的に聖書に基づいているので、やはり聖書研究家の指摘も重要です。ちょうど前回の「世界統一教」と繋がると思いますのでここで載せます。


18:創世記 / 15章 18節

その日、主はアブラムと契約を結んで言われた。 「あなたの子孫にこの土地を与える。エジプトの川から大河ユーフラテスに至るまで、

19:創世記 / 15章 19節

カイン人、ケナズ人、カドモニ人、

20:創世記 / 15章 20節

ヘト人、ペリジ人、レファイム人、

21:創世記 / 15章 21節

アモリ人、カナン人、ギルガシ人、エブス人の土地を与える。」




27:出エジプト記 / 23章 27節

わたしは、あなたの前にわたしの恐れを送り、あなたが入って行く土地の民をすべて混乱に陥れ、あなたの敵をすべて敗走させる。

28:出エジプト記 / 23章 28節

わたしはまた、あなたの前に恐怖を送り、あなたの前からヒビ人、カナン人、ヘト人を追い出す。

29:出エジプト記 / 23章 29節

しかし、一年間は彼らをあなたの前から追い出さない。さもないと、国土は荒れ果て、野獣の数が増し、あなたに向かって来る。

30:出エジプト記 / 23章 30節

わたしは彼らをあなたの前から徐々に追い出すので、あなたは子を産み、国土を受け継ぐに至る。

31:出エジプト記 / 23章 31節

わたしは葦の海からペリシテ人の海まで、また荒れ野から大河までをあなたの領地と定める。 わたしはその土地の住民をあなたたちの手に渡すから、あなたは彼らを自分の前から追い出す。

32:出エジプト記 / 23章 32節

あなたは彼らおよび彼らの神々と契約を結んではならない。

33:出エジプト記 / 23章 33節

彼らはあなたの国に住むことはできない。彼らがあなたに、わたしに対する罪を犯させないためである。さもないと、あなたは彼らの神々を拝み、それは、あなたにとって罠となるからである。


創世記のエジプトの川とはシナイ半島の荒れ野のwadi(涸れ川、涸れ谷)のことだそうです。出エジプト記の「荒れ野」でだいたいわかりますが。

c0139575_2052491.jpg


c0139575_20594511.jpg


c0139575_210633.jpg


c0139575_2133793.jpg


c0139575_2173243.jpg


c0139575_2110411.jpg



以下、本文抜粋

読者は全くとんでもない覇権主義だと悲憤慷慨するかも知れないが、神がもともと世界をつくったのであり、全ては神のもので、自分たちはその選民だと思っている民族にはそんなことは通じない。要するに基準となるものさしが違うのだから、話が通じるはずがないのである。

読者はこれを単なるユダヤ人の夢物語と思うだろう。ところがそんななまやさしい問題ではない。以下の写真と地図を見てほしい。

c0139575_21131914.jpg


これは現在イスラエルで使用されているコインである。日本なら10円に当たるもっとも使用枚数の多い10アグロット(10分の1シェケル)硬貨である。この中の奇妙な模様が最近になって暴露された。それは彼らユダヤ人の理想の国土、アブラハムとモーセに約束された土地(エレーツ・イスラエルという)の全体像だったのである。よく御覧いただきたい。

c0139575_21125261.jpg


レバノン、シリアはもとよりイラク、ヨルダン、サウヂアラビアまでを含む広大な国土、大イスラエルが刻まれているのだ。
何と言うあつかましさ、何と言う執念、何と言う信仰であろうか。これがシオニズムであり、それゆえアラブは怒り狂うのである。 (以下は略)  p82-84より


ゴグの戦乱によって与えられるのだそうです。

参考

荒野の声 NO.40 ゴグの戦乱はいつ起こるのか
http://www.ne.jp/asahi/petros/izumi/arano/arano070804.html

黙示録

20:7 千年の期間が終ると、サタンはその獄から解放される。

20:8 そして、出て行き、地の四方にいる諸国民、すなわちゴグ、マゴグを惑わし、彼らを戦いのために召集する。その数は、海の砂のように多い。

20:9 彼らは地上の広い所に上ってきて、聖徒たちの陣営と愛されていた都とを包囲した。すると、天から火が下ってきて、彼らを焼き尽した。

20:10 そして、彼らを惑わした悪魔は、火と硫黄との池に投げ込まれた。そこには、獣もにせ預言者もいて、彼らは世々限りなく日夜、苦しめられるのである。


小石泉 「悪魔最後の陰謀」 は1993年6月15日 第1刷 出版 昔の本もなかなか役立ちます。

c0139575_21485325.jpg

この頃には《彼ら》は、もう9.11の準備を始めていたんでしたね。

++
9.11で「ネオコン」がスタートさせようとした第三次世界大戦の主目的が見えてきませんか?他の国はゴイム奴隷管理国家に変えながらね。

本作戦は、(マケインではなくオバマになっても)まだ継続中だと思いますが、どうでしょう?

やはり、バラクは「イスラエルの子らの前につまずきとなるものを置き」、イスラエル超極右政権の暴発を誘導しているのだろうか?

c0139575_211477.jpg



この大イスラエルを目指すシオニスト(+シオン化「キリスト教徒」?)と、反撃するイスラムを激突させて大戦乱に持ち込むというのが、イルミナティ中核の基本計画でしたが。
[PR]

by oninomae | 2009-04-08 21:16 | イルミナティ  

<< サタンの子分 世界統一支配への執念 by 馬... >>