金融インターナショナルは革命の参謀本部だ by ラコフスキー + 666

まあ、もうあたりまえのことですが、最重要点を分かり易くしておくことも重要なので、執念深く載せておきます。

コミンテルンと金融インターナショナル by ラコフスキー
http://satehate.exblog.jp/10962156/
 の続きの部分です。

金融インターナショナルは革命の参謀本部だ

G:取調官ガブリエル・ガブリロウィッチ・クジミン
R:クリスチャン・ゲオルギェウィッチ・ラコフスキー

c0139575_20332494.jpg


R-お望みなら、素晴しいと言っても結構だが、これはパラドックスではない。君が微笑っているのでわかるのだが、国家は今でも硬貨を作ったり、王の胸像や国章入りの貨幣を作っている。それがどうだというのだ? 

国家的富を代表する大事業のための通貨の大半、すなわち金銭は、私が示唆した人々によって発行されているのである。私有権、数字、小切手、為替、値引き、予算、数字と際限もなく、まるで滝のように国に氾濫する。すべてこれを硬貨や紙幣と比較できるだろうか? この硬貨、紙幣は金融力の増大していく洪水を前にしては、無力な極小のものに見える。

金融家たちは、微細な心理学者であり、何の困難もなく、自分の金融勢力を強大にしていく。それも大衆に理解力が欠如しているからである。金融力の色々な形態に加えて、彼らは《クレジット》マネーをつくり出し、その価値を際限なく高騰させようと目論んでいる。そしてもしこれに音速を加えると、これは抽象、思想、数字、数となる。信用と信仰になる。

さて、君はこれが理解できるか?

欺瞞である。偽造貨幣だ。

君にわかり易くするために、別の用語を用いれば、合法化された貨幣である。銀行、取引所、一切の世界金融システムは、アリストテレスの言のごとく、反自然的スキャンダルをつくり出すための巨大な機械である。すなわち金銭を殖すために、金銭を利用する。これは正に経済的犯罪、刑法の侵犯つまり高利貸しである。彼らは法定利子を受取っていると言うが、どうしてこれを正当化したり、説明したり、また公表できるのか、わからない。仮にこのような説明を容認し、事実を認めても、高利貸しはやっぱり高利貸しだし、それに彼が受取る利子がたとえ法定のものであったとしても、その高利貸しは、実在もしていない資本を捏造し、偽造していることにかわりはない 

銀行は生産に一定の金額を投資する。その金額は彼らが実際有っている硬貨、紙幣の額よりも、十倍も百倍も多い。 《クレジット》マネーつまり偽造貨幣、捏造貨幣が、クレジットから支払われる実在資本より多い場合のことを言っているのではない。法定利子が実在資本に対してでなく、実在もしていない資本により計算される時は、その利子は実在資本からの利子を越える割合いだけ非合法的だと見なさなければならぬ 私が君に詳細に説明しているこのシステムは、偽造貨幣を利用している連中の間の量も隠されたものの一つであることに注意してほしい。 

彼らの持っている富のお陰で、無限の権力を持っている人々の少数のグループを、できたら想像したまえ。彼らは取引所の絶対独裁者、生産、分配、労働、消費の独裁者であることを、納得できるだろう。君にもし十分な想像力があれば、すべてこれを世界的ファクターに加乗すれば、彼の無政府的、道徳的、社会的影響力つまりは革命的影響力がわかるだろう。わかるか?

c0139575_2250547.jpg


G-すこしはネ。

R-奇蹟を理解するのが困難なことは当然だ。

G-奇蹟だって?

R-そう、奇蹟だ。ちゃちな木製ベンチを寺院(引用注:神殿のほうがよいかも)に変えてしまうことが奇蹟でなくて何だ? ところがこのような奇蹟を世間の人は、この一世紀の間に何千回となく見ている。これは、高利貸しが腰をおろし、そこで金銭を商売にしていたその汚いベンチを、現代の都市の一角を荘厳に飾立てた現代寺院に変えてしまった例外的な奇蹟である。

c0139575_20284093.jpg

この現代都市は豪華な円柱と群衆を持っている。(ここは誤訳、最低「現代都市」を「現代寺院」とすべき) この群衆は天の神々からは何も受取らないのに、金銭の神に自分の犠牲を捧げ、持物一切をその神に与える。ところがその神は銀行の鋼鉄の金庫の中で暮しており、その神聖な使命によって、彼らの富を形而上学的無限にまでに増殖することを約束していると、彼らは考えているのである。

c0139575_21213185.jpg


G-これは堕落したブルジョアの新しい宗教だネ?

R-そう。宗教だ。権力の宗教だ。

c0139575_22224115.jpg


G-君は経済の本当の詩人だ。

R-お望みならば、芸術の対象として、あらゆる時代の最大の革命として、天才達がつくり出した金融を描写するために詩が必要だ。

G-それは間違った見解だよ。マルクス、特にエンゲルスがいっている金融(ファイナンス)とは、資本主義の生産制度によって規定されるものだ。

R-全くそのとおりだが、それは正反対なんだ。

c0139575_20513976.jpg


資本主義制度が金融によって規定されるのさ

エンゲルスが別の定義を与え、それを弁護することに努めているのは正しい。しかし、彼はそうすることによって金融がブルジョア生産を支配していることを立証しているのだ。

金融こそ革命の最強の手段であり、コミンテルンは彼らの手の中にある玩具に過ぎない。これは過去もそうだったし、マルクスやエンゲルス以前でもそうであった。しかしマルクスもエンゲルスもこれを説明しなかった。というより反対に、自分の学者的才能をフルに利用し、革命のために、真実を糊塗したのだった。二人ともこれに従っている。  

G-それは新しい話ではない。これで私は、トロッキーが前に書いたことを思い出した。

c0139575_20484417.jpg


R-話してほしい。

G-コミンテルンはニューヨーク取引所に比較すれば、保守的組織だと彼は言って、革命の発明家として、大銀行を指摘しているのだ。

R-そう、彼はこのことを小冊子で書いている。その中で英国の没落を予言している。そう彼はこのことを述べた後、こう付言している。「英国を革命の道に押してやる者は誰か?」「モスクワではなくて、ニューヨークだ」と答えている。

G-しかしニューヨーク金融家たちが革命を起したとしても、彼らはこれを無意識にやったのだと彼は主張していることを、思い出してほしい。

R-なぜマルクスとエンゲルスが真実を隠していたか、君にわかって貰いたいために行った私の説明は、レフ・トロッキーに関しても同じ事なのだ。 

G-私がトロツキーを評価するのは、昔から分っていたが、彼が文学的形式で、かつて知った事実について、意見を述べたことに対してだけである。これらの銀行家は皆、「彼らの革命的使命を遂行してはいるが、抵抗もなく、かつ無意識のうちに行っている」と、トロツキー自身が全く正しく主張している。

R-そしてトロツキーが、このことを公表した事実があるにも拘わらず、彼らは自分の使命を遂行していたとでも言うのか? これはすこぶる奇妙な事じゃないか。なぜ彼らは自分の行動を改めなかったのか?

G-金融家たちが無意識的革命家だというのは、客観的にそう見えるのだ。それは彼らには終局的結果を見る知的能力がないという結果である。

R-君は本当にそんなことを信じているのか? これらの天才達の間に、無意識的に行動しているものがいると君は考えているのか? 今、全世界を支配している連中を、馬鹿だとでも思っているのか だとすると、これはひどく馬鹿々々しい矛盾だ。

G-それはどういう意味か?

R-彼らは客観的にも、主観的にも全く意識的な革命家だと、私は言っているだけだ。

G-銀行家たちが? 君は正に狂人だよ。

R-否、私は・・・では君はどうか? ちょっと考えて見たまえ。

この連中は、君や私と同じ人間だ。彼らは自分で金銭を作っているので、際限もなく金銭を自由にしている。しかしだからといって、われわれは彼らの持っている自己顕示欲の限度をこの位でよいと決めることはできない。自己顕示は、人間に完全な満足を与える唯一のものだ。そして、権力は人間の意志に満足感を与える。この銀行家たちが権力欲をなぜ持ってはならないだろうか? 同じ欲望が、私にも、君にもあるじゃないか?

G-しかし、彼らはすでに全世界を支配する権力を奪取していると、君は言っている。私もそう思う。だとしたら、この上彼らはそれ以外のどんな権力が必要だろう?

R-私はもう君に言っている。完全な権力だ。スターリンの持っているのと同じ権力である。ただし、それは全世界を支配する権力である

c0139575_20572541.jpg


G-スターリン的権力だが、反対の目的を持っているのかネ?

R-権力は、もしそれが実際に絶対のものであるのなら、唯一つである。絶対という観念は複数を排除する。だからこそ、本質的に同次元のものであるコミンテルンと金融インターナショナルが志向する権力は、政治において絶対、唯一無二のものでなくてはならない。絶対権力は自己目的的である。でなければその権力は絶対となり得ない。

したがって今日まで共産主義国家以外に、全体主義的力を持つ別の組織が考案されなかったのである。資本主義的ブルジョア権力は、最高段階に立つものであっても、高々シーザーの権力、制限された権力である。なぜなら理論的に見て、これは古代におけるファラオやシーザーの人格の神化であり、当時の原始時代の経済条件や技術的開発が不完全だったので人々は常に若干の個人的自由を持っていた

ところが、すでに部分的ではあっても、国家や世界的国家を支配している連中は、世界的権力を要求する権利を持っているのだ。これはわかるか? 彼らがまだ達成できない唯一のものが、これである。

G-これは興味あることだ。とうとう狂気の沙汰だ。

R-勿論、狂気ではあるが、レーニンはスイスの屋根裏の部屋で、全世界に対する権力を夢見ていた。スターリンは流刑中シベリアの農家で同じことを夢見た。

c0139575_2175423.jpg

c0139575_2157364.jpg

c0139575_2158366.jpg


この程度の夢ならニューヨークの摩天楼に住んでいる金持ちのほうがもっと似つかわしいと思うよ。

c0139575_21582982.jpg

c0139575_22274055.jpg


G-結論を出したまえ。 《彼ら》とは誰なのだ?


ゲイリー・アレン(高橋良典訳) 見えざる世界政府 ロックフェラー帝国の陰謀 PART-1 巻末特別資料 世界革命の元凶は《OHU(彼ら)》だった ラコフスキー調書(永淵一郎訳) p172-176より

c0139575_20315845.jpg




参照

中央銀行家たちは全体主義権力を追い求める By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10977502/
 上記は、この話の元の部分です。

c0139575_2103485.jpg


c0139575_2144527.jpg


カバリスティック 9.11
http://satehate.exblog.jp/9680666/




世界統一通貨などと言うものではない。電子的IDカードを、強制的に一人づつ携帯させることが問題の本質である。 太田龍  更新 平成21年03月25日23時44分 平成二十一年(二〇〇九年)三月二十五日(水) (第二千七百三十六回)

〇イルミナティサタニスト権力の世界通貨発行の焦点がキャッシュレス(現金なし)システムへの強行突入であることについて。

〇コールマン博士は、過去「凶事の予兆」において、キャッシュレス社会は、原始的奴隷制度である。と述べている。

イルミナティのアジェンダは、地球の人類一人一人すべてについて、電子的IDカードを強制的に持たせることである。この電子的IDカードには、個人のすべての情報が、電子的に記録されることになる

c0139575_11899.jpg

c0139575_1183116.jpg

c0139575_11124924.jpg

c0139575_1184689.jpg

c0139575_2116083.jpg

c0139575_1173449.jpg

c0139575_11104826.jpg

c0139575_11972.jpg

c0139575_11213216.jpg

c0139575_13163984.jpg

REAL ID CARD? A JEWISH SPY CARD!
http://www.realjewnews.com/?p=121


c0139575_13545542.jpg

c0139575_13472216.jpg

c0139575_13554165.jpg


〇そしてこの電子的データーは、ニューワールドオーダーの管理する中央コンピューターに接続される

c0139575_2205549.gif

c0139575_2211787.jpg


問題の焦点はここにある

〇つまり、この電子的IDカードは、
  ドルでもなければ、
  ポンドでもなければ、
  ユーロでもなければ、
  ドイツマルクでもなく、
  円でもなければ
  中国元でもなければ、
  いかなる国の通貨単位でもない。

〇つまりこの、電子的IDカードは、

〇二百前後の地球上のすべての国家、民族を超越した、世界国家、ニューワールドオーダー、超世界政府の、世界通貨を超えた存在、 のようなものなのだ。

〇このことは、すでに、ジョン・コールマン博士が、「300人委員会」(成甲書房刊、上下二巻)の中で詳細に説明している。

〇三百人委員会は、このシステムを実現するために、

〇全世界に、

  革命と、
  戦争と、
  世界金融経済大恐慌と、
  地球上の人類の八〇パーセントを殺処分するアジェンダと、
  生物兵器戦争と、
  大パンデミックと、
  食糧飢饉と、
  水飢饉と、
  などなどを用意している。

c0139575_2117075.jpg


〇このようにして人類を脅迫して、

〇全人類に一個ずつ電子的IDカードを所有させようとしているのである。

〇これが問題の本質である。

(了)

c0139575_22165965.jpg

c0139575_2116205.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-03-26 21:09 | イルミナティ  

<< 国際的な銀行家によって支援され... 「自民の資金団体はダミー」 b... >>