デボラとバラク

デボラとバラク

1:士師記 / 4章 1節

エフドの死後、イスラエルの人々はまたも主の目に悪とされることを行い、

2:士師記 / 4章 2節

主はハツォルで王位についていたカナンの王ヤビンの手に、彼らを売り渡された。ヤビンの将軍はシセラであって、ハロシェト・ハゴイムに住んでいた。

3:士師記 / 4章 3節

イスラエルの人々は、主に助けを求めて叫んだ。ヤビンは鉄の戦車九百両を有し、二十年にわたってイスラエルの人々を、力ずくで押さえつけたからである。

4:士師記 / 4章 4節

ラピドトの妻、女預言者デボラが、士師としてイスラエルを裁くようになったのはそのころである。

c0139575_13393423.jpg

c0139575_13505425.jpg


5:士師記 / 4章 5節

彼女は、エフライム山地のラマとベテルの間にあるデボラのなつめやしの木の下に座を定め、イスラエルの人々はその彼女に裁きを求めて上ることにしていた。

c0139575_1423959.jpg


6:士師記 / 4章 6節

さて、彼女は人を遣わして、ナフタリのケデシュからアビノアムの子バラクを呼び寄せて言った。「イスラエルの神、主がお命じになったではありませんか。『行け、ナフタリ人とゼブルン人一万を動員し、タボル山に集結させよ。

c0139575_13175452.jpg


7:士師記 / 4章 7節

わたしはヤビンの将軍シセラとその戦車、軍勢をお前に対してキション川に集結させる。わたしは彼をお前の手に渡す』と。」

8:士師記 / 4章 8節

バラクはデボラに言った。「あなたが共に来てくださるなら、行きます。もし来てくださらないなら、わたしは行きません。」

c0139575_1341509.jpg


9:士師記 / 4章 9節

デボラは、「わたしも一緒に行きます。ただし今回の出陣で、あなたは栄誉を自分のものとすることはできません。主は女の手にシセラを売り渡されるからです」と答え、直ちにバラクと共にケデシュに向かった。

10:士師記 / 4章 10節

バラクはゼブルンとナフタリをケデシュに召集した。一万人が彼に従って上り、彼と共にデボラも上った。

c0139575_1495547.jpg

c0139575_1493631.jpg


11:士師記 / 4章 11節

カイン人のヘベルがモーセのしゅうとホバブの人々、カインから離れて、ケデシュに近いエロン・ベツァアナニムの辺りに天幕を張っていた。

12:士師記 / 4章 12節

c0139575_14151753.jpg

シセラはアビノアムの子バラクがタボル山に上ったとの知らせを受けると、

13:士師記 / 4章 13節

すべての戦車、すなわち九百両に及ぶ鉄の戦車に加えて自分に属するすべての軍隊を召集し、ハロシェト・ハゴイムからキション川に向かわせた。

14:士師記 / 4章 14節

デボラはバラクに言った。「立ちなさい。主が、シセラをあなたの手にお渡しになる日が来ました。主が、あなたに先立って出て行かれたではありませんか。」バラクは一万の兵を従え、タボル山を下った。

15:士師記 / 4章 15節

主は、シセラとそのすべての戦車、すべての軍勢をバラクの前で混乱させられた。シセラは車を降り、走って逃げた。

16:士師記 / 4章 16節

バラクは、敵の戦車と軍勢をハロシェト・ハゴイムまで追いつめた。シセラの軍勢はすべて剣に倒れ、一人も残らなかった。

17:士師記 / 4章 17節

シセラは、カイン人ヘベルの妻ヤエルの天幕に走って逃げて来た。ハツォルの王ヤビンと、カイン人ヘベル一族との間は友好的であったからである。

18:士師記 / 4章 18節

ヤエルが出て来てシセラを迎え、「どうぞこちらに。わたしの主君よ、こちらにお入りください。御心配には及びません」と言うと、彼は彼女に近づいて天幕に入った。彼女は布で彼を覆った。

19:士師記 / 4章 19節

シセラが彼女に、「喉が渇いた。水を少し飲ませてくれ」と言うので、彼女は革袋を開けてミルクを飲ませ、彼を覆った。

20:士師記 / 4章 20節

シセラは彼女に、「天幕の入り口に立っているように。人が来て、ここに誰かいるかと尋ねれば、だれもいないと答えてほしい」と言った。

21:士師記 / 4章 21節

だが、ヘベルの妻ヤエルは天幕の釘を取り、槌を手にして彼のそばに忍び寄り、こめかみに釘を打ち込んだ。釘は地まで突き刺さった。疲れきって熟睡していた彼は、こうして死んだ。

c0139575_144159100.jpg


22:士師記 / 4章 22節

そこへバラクがシセラを追ってやって来た。ヤエルは出て来て彼を迎え、「おいでください。捜しておられる人をお目にかけましょう」と言ったので、彼は天幕に入った。そこにはシセラが倒れて死んでおり、そのこめかみには釘が刺さっていた。

c0139575_14443688.jpg


c0139575_14453021.jpg

c0139575_14455283.jpg

c0139575_144671.jpg


23:士師記 / 4章 23節

神はその日、カナンの王ヤビンをイスラエルの人々の前で屈服させてくださった。

24:士師記 / 4章 24節

イスラエルの人々の手は、次第にカナンの王ヤビンを圧するようになり、ついにカナンの王ヤビンを滅ぼすに至った。


デボラの歌

1:士師記 / 5章 1節

デボラとアビノアムの子バラクは、その日次のように歌った。

2:士師記 / 5章 2節

イスラエルにおいて民が髪を伸ばし/進んで身をささげるとき/主をほめたたえよ。

3:士師記 / 5章 3節

もろもろの王よ、聞け/君主らよ、耳を傾けよ。わたしは主に向かって歌う。イスラエルの神、主に向かって/わたしは賛美の歌をうたう。

4:士師記 / 5章 4節

主よ、あなたがセイルを出で立ち/エドムの野から進み行かれるとき/地は震え/天もまた滴らせた。雲が水を滴らせた。

5:士師記 / 5章 5節

山々は、シナイにいます神、主の御前に/イスラエルの神、主の御前に溶け去った。

6:士師記 / 5章 6節

アナトの子シャムガルの時代/ヤエルの時代に/隊商は絶え/旅する者は脇道を行き

7:士師記 / 5章 7節

村々は絶えた。イスラエルにこれらは絶えた。わたしデボラはついに立ち上がった。イスラエルの母なるわたしは/ついに立ち上がった。

8:士師記 / 5章 8節

新しい神々を選び取ったので/城門に戦いが迫ったが/イスラエルの四万人の中に/盾も、槍も見えたであろうか。

9:士師記 / 5章 9節

わが心はイスラエルの指揮する者らと共に/この民の進んで身をささげる者と共にある。主をほめたたえよ。

10:士師記 / 5章 10節

栗毛の雌ろばに乗り/敷物を置いてその背に座り/道を行く者よ、歌え。

11:士師記 / 5章 11節

水くみ場で水を分ける者らの声にのせて/主の救いを語り告げよ。イスラエルの村々の救いを。そのときこそ、主の民は/城門に向かって下って行く。

12:士師記 / 5章 12節

奮い立て、奮い立て、デボラよ/奮い立て、奮い立て、ほめ歌をうたえ。立ち上がれ、バラクよ/敵をとりこにせよ、アビノアムの子よ。

13:士師記 / 5章 13節

そのとき、残った者は堂々と下って行く/主の民は勇ましくわたしと共に下って行く。

14:士師記 / 5章 14節

エフライムからは/アマレクにその根のある者が下り/ベニヤミンは/あなたの同族の者と共にあなたに続き/マキルからは指揮する者らが/ゼブルンからは指図の杖を持って率いる者らが/下って行く。

15:士師記 / 5章 15節

イサカルの将軍らは、デボラと共にいた。イサカルはバラクと同様/その歩兵らと共に平野に送られた。ルベンの諸支族には/大いに心に期するものがあった。

16:士師記 / 5章 16節

なぜ、あなたは二つの鞍袋の間に座して/羊の群れに吹く笛を聞くのか。ルベンの諸支族には/大いに心に究めるものがあった。

17:士師記 / 5章 17節

ギレアドはヨルダンの向こうにとどまった。ダンは、なぜ舟に宿るのか。アシェルは海辺に座し/舟着き場にとどまった。

18:士師記 / 5章 18節

ゼブルンは死ぬことをいとわぬ民/ナフタリも野の高い所に陣取った。

19:士師記 / 5章 19節

王たちはやって来て、戦った。カナンの王たちは戦った/メギドの流れのほとり、タナクで。だが、銀を奪い取ることはできなかった。

20:士師記 / 5章 20節

もろもろの星は天から戦いに加わり/その軌道から、シセラと戦った。

21:士師記 / 5章 21節

キション川は彼らを押し流した/太古の川、キション川が。わが魂よ、力強く進め。

22:士師記 / 5章 22節

そのとき、馬のひづめは地を踏み鳴らす。駿馬の一隊が突き進む。

23:士師記 / 5章 23節

主の御使いは言った。「メロズを呪え、その住民を激しく呪え。彼らは主を助けに来なかった。勇士と共に主を助けに来なかった。」

24:士師記 / 5章 24節

女たちの中で最も祝福されるのは/カイン人ヘベルの妻ヤエル。天幕にいる女たちの中で/最も祝福されるのは彼女。

25:士師記 / 5章 25節

水を求められて/ヤエルはミルクを与えた。貴人にふさわしい器で凝乳を差し出した。

26:士師記 / 5章 26節

彼女は手を伸ばして釘を取り/職人の槌を右手に握り/シセラの頭に打ち込んで砕いた。こめかみを打ち、刺し貫いた。

27:士師記 / 5章 27節

彼女の足もとに、シセラは/かがみこみ、倒れ、伏した。彼女の足もとに、彼は/かがみこみ、倒れた。かがみこみ、そこに倒れて息絶えた。

28:士師記 / 5章 28節

シセラの母は窓から外を見て/格子を通して嘆いた。「どうして彼の車は遅れているのか。どうして馬のひづめの音は遅いのか。」

c0139575_13204214.jpg


29:士師記 / 5章 29節

賢い女官たちは答えた。母も同じ言葉を自分に何度も言い聞かせた。

30:士師記 / 5章 30節

「戦利品を得て、分けているのでしょう/兵士それぞれに一人か二人の女を。シセラには/染めた布が戦利品、染めた布が戦利品/刺しゅうした布、染めた布/その首には刺しゅうした布二枚/これが戦利品。」

c0139575_13195711.jpg


31:士師記 / 5章 31節

このように、主よ、あなたの敵がことごとく滅び、主を愛する者が日の出の勢いを得ますように。国は四十年にわたって平穏であった。

c0139575_148170.jpg


c0139575_1482126.jpg


c0139575_148515.jpg


c0139575_1471827.jpg


11:ヨハネの黙示録 / 13章 11節

わたしはまた、もう一匹の獣が地中から上って来るのを見た。この獣は、小羊の角に似た二本の角があって、竜のようにものを言っていた。

12:ヨハネの黙示録 / 13章 12節

この獣は、先の獣が持っていたすべての権力をその獣の前で振るい、地とそこに住む人々に、致命的な傷が治ったあの先の獣を拝ませた。

13:ヨハネの黙示録 / 13章 13節

そして、大きなしるしを行って、人々の前で天から地上へ火を降らせた。

14:ヨハネの黙示録 / 13章 14節

更に、先の獣の前で行うことを許されたしるしによって、地上に住む人々を惑わせ、また、剣で傷を負ったがなお生きている先の獣の像を造るように、地上に住む人に命じた。

15:ヨハネの黙示録 / 13章 15節

第二の獣は、獣の像に息を吹き込むことを許されて、獣の像がものを言うことさえできるようにし、獣の像を拝もうとしない者があれば、皆殺しにさせた。

16:ヨハネの黙示録 / 13章 16節

また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。

c0139575_13411541.jpg


17:ヨハネの黙示録 / 13章 17節

そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。

18:ヨハネの黙示録 / 13章 18節

ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。


c0139575_1464615.jpg


Millennium Endgame OUT OF EDEN
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/338.html


ゴルバチョフは現在1ドルで買ったもう一つのAREA51を拠点としている。ロシア製のMicroNuke水素爆弾数百発はそこで管理されている。米国の7~24の州が吹っ飛ばされる日も近いが同時に国連ビル地下に備え付けられた水爆は大統領はじめ世界の首脳が集まったある日に突然爆発し本番が始まるであろう。世界は阿鼻叫喚の地獄絵巻になる。これは本物の元イルミナティ最高幹部から聞いた話でもある。国連ビルは元々豚の屠殺場跡地でロックフェラーの寄付で造られた。

c0139575_19452760.jpg


c0139575_20294039.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-03-07 13:28 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

<< 「シオン長老の議定書」によって... 異民族[ゴイム](異邦人)はど... >>