「ほっ」と。キャンペーン

アメリ力はソ連の助産婦といわれるのは何故か by モルデカイ・モーゼ

アメリ力はソ連の助産婦といわれるのは何故か

ロシア政変の成功はアメリカの援助に負うところが真に大きいのである。

第二次大戦後の米ソ関係しかしらない人は驚かれるだろう。もっとものことかも知れない。現在(1979)のアメリカとウイルソン時代[1913-21、第一次世界大戦担当]からルーズベルト時代[1933-45、第二次世界大戦担当]までのアメリカは根本的にちがうといえるかも知れない。一言でいえば、当時のアメリカはユダヤ勢力が非常に強かったのである。ジュー・エス・エイといわれたものである。日本では隷猶国といっていたそうだが。 (引用注:そして今は、第三次世界大戦に向けてリレー中?)

c0139575_20263092.jpg

c0139575_20265870.jpg

c0139575_20324275.jpg


ユダヤ人ではないが親ユダヤ主義者のウイルソン[Thomas Woodrow Wilson, 1856.12.28-1924.2.3]が、ロシア政変には非常な努力を惜しまなかったのであった。

財界の巨頭クーン・ロエブ商会[Kuhn Loeb & Co.]ヤコブ・シフ[Jacob Henry Schiff, 1847.1.10-1920.9.25]は、トロツキー[Лев Давидович Троцкий, Lev Davidovich Trotsky, 本名Lev Davidovich Bronstein, 1879.10.26-1940.8.21]等を通じて当時の金で千二百万ドルという巨費を出している。

c0139575_20371028.jpg

c0139575_19324094.jpg

c0139575_19371229.jpg


シフが日露戦争の時日本に貸したのも目的は同じである。

c0139575_1956585.jpg

c0139575_203483.jpg


またアメリカ政府は個々の革命家にも便宜を与えたのである。ツアーの弾圧の激しかった当時、ロシアでのユダヤ人革命家はいろいろと行動を制限されていたのは当然である。そこでアメリカ政府はこれらロシアのユダヤ人革命家を一旦アメリカに入国させ、アメリカの市民権を与えて再びロシアヘ送り返すという手の込んだことをしでかしたのであった。 これらアメリカ市民権をもったユダヤ人革命家は、当時国際関係において弱かったツアーのロシアでは治外法権をもったものの如くふるまえたのであった。 

c0139575_026224.jpg

c0139575_0265843.jpg


これと同じようなことはまだ外にもある。


米軍のシベリア出兵の真の意味

日本がシベリア出兵[Siberian Intervention]を決議した翌日、ウイルソンは米軍の派遣を発表している。これはボルシェヴィキ、つまりユダヤ権力の擁護が真のねらいだったのだ。それともう一つは、日本の極東地域での伸長を妨害することであった。 これはユダヤ民族がナショナルホーム建設候補地として満州を狙っていたことに対する側面援助に外ならない。

c0139575_20183618.jpg


ビロービジャンにユダヤ人入植地をつくったのも、マクロに考えれば満州へのユダヤ人進出に対する橋頭塗であり、ミクロに考えればアメリカとの接点をつくることであった。

この米軍には奇妙な米兵が半分以上いた。英語を話せない米兵である。何故か。彼等はポーランド出身のユダヤ人だったのである。 彼等もまたいったんアメリカヘ入国し、アメリカ市民権をもらい、米軍の服を着てシベリアヘ馳せ参じたのである。 この意味でも、アメリカはまさにソ連の助産婦といえよう。

ロシア革命がこのような外的協力によって成されたものであることはお分かりいただけたと思うが、内的には、先ほどのレヴィーのマルクスヘの虚構仮設の発注書にある通り実行されたものであることは、普通のマルクス主義の建前論にもとずいた教科書でも分る通りである。


モルデカイ・モーゼ(久保田政男訳) あるユダヤ人の懺悔 日本人に謝りたい[1979.12] 5 マルクス主義はユダヤ民族解放の虚構仮設 pp.158-159 より

c0139575_19154127.jpg



参考・参照

Jewish Murderers Of The Russian Revolution  Real Jew News
http://www.realjewnews.com/?p=62


c0139575_0501397.jpg


「日露戦争」と「日米対立」と「日中戦争」の舞台裏
http://hexagon.inri.client.jp/floorA6F_he/a6fhe150.html


ハリマン覚書~日支闘争計画~ メモ
http://satehate.exblog.jp/9459945


西部に控える、邪悪な魔女 デーヴィッド・アイク
http://www.davidicke.jp/blog/%e8%a5%bf%e9%83%a8%e3%81%ab%e6%8e%a7%e3%81%88%e3%82%8b%e3%80%81%e9%82%aa%e6%82%aa%e3%81%aa%e9%ad%94%e5%a5%b3/


親中のクリントン国務長官で、台湾が中国に侵攻されても動かないだろう  株式日記と経済展望
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/a344eadf37773a072c4f12185ef59c04


c0139575_042568.jpg


c0139575_1371134.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-01-22 20:22 | イルミナティ  

<< 彼らが通貨を操っている by ... 「帝国主義論」はユダヤ民族主義... >>