タヴィストック流「大衆洗脳テクニック」 by ジョン・コールマン

また、タヴィストックに戻ってみましょう。

リース大佐が作り上げたタヴィストック流「大衆洗脳テクニック」 ジョン・コールマン

c0139575_12203983.jpg

わたしが「初めて」、ということの証明された記録は数多いが、このタヴィストック研究所についての文章も、陰の大組織をあつかったシリーズのひとつとして、また新たな「初めて」となるだろう。この秘密組織の下に外交問題評議会(CFR)、三極委員会をはじめ、今では広く知られるようになった数々の組織があり、個人がいることになる。

タヴィストックは米国をコントロールする「最重要神経中枢」で、米国での活動を開始した一九三八年以来、米国民の生活のあらゆる面を毒し、徐々に悪い方向に変えてきている。正式名称を「タヴィストック人間関係研究所」といい、所在地はイギリスのロンドンだ。また、サセックス大学の研究施設とも共同で活動していて、こちらもイギリスにある。

この機関はこれまで、米国の政策形成や世界的事件の数々で重要な役割を果たしてきており、今も果たしている、まさに世界のマインドコンディショニングおよび洗脳機関の母体だ。米国でタヴィストックが日々の活動に大きく関与しているシンクタンクをあげると、

スタンフォード・リサーチ
エサレン
ペンシルヴァニア大学ウォートン校
マサチューセッツ工科大学
ハドソン研究所
ヘリテージ財団
ジョージタウン大学

などであり、国務省の要職はすべてジョージタウン大学出身者で占められている。今あげたシンクタンクや組織が、米国の(ということになっている)内外政策を計画・コントロールしているのだが、それもすべて、タヴィストックからの指示を受けてのことだ。

タヴィストックはひとつの研究センターで、黒い貴族およびワン・ワールド政府というアイデアを推進する狂信者のための活動に専念している(ワン・ワールド政府というアイデアは、アダム・ヴァイスハウプトイルミナティに端を発する)。

c0139575_12222815.jpg


タヴィストックの研究は、ローマクラブCFR三極委員会ドイツ・マーシャル基金モンペルラン協会ディッチレー・グループ、クウェイター・コロナーティ・ロッジ、国際決済銀行などで使われており、旧ソヴィエト連邦のための文書を作ったりもしていた。

情報機関や英米の心理学協会関係者以外には、タヴィストックのことはほとんど知られていない。わたしが文章にするまでは、誰も、ひと言も触れなかったし、米国内の印刷物で目にすることもなかった。

タヴィストックのことを考えようとすれば、一九二一年にこれを創立したジョン・ローリングス・リース[John Rawlings Rees]少佐のことが頭に浮かぶ。リースがタヴィストッグを創ったのは特殊情報部(SIS)のためだった。SISはイギリス情報部の超エリート機関で、小説『ジェームズ・ボンド』シリーズのモデルになった組織だ。

c0139575_12232184.jpg


リースこそは「タヴィストック流大衆洗脳テクニック」を作り上げた人物だ。米国人は「洗脳」と聞くと、たぶんソヴィエト連邦、朝鮮、ベトナム、あるいはその他の東洋人種を思い浮かべるだろうが、朝鮮戦争時に米兵に広く使用された古典的な方法を開発したのは、タヴィストックだ。「洗脳」に合衆国の大衆の注意を向けさせるには、多大な時間と労力が費やされた。今日まで続く「洗脳」キャンペーンを始めたのもリースなら、ソヴィエト連邦、朝鮮、ベトナムにそれを教えたのもリースだ。リースは、個人ないし大衆をいかに「洗脳」するか、そのすべてを教え込んだのだ。

リースの親友で腹心の友としては、故マーガレット・ミード[Margaret Mead, 1901-78]とその夫のグレゴリー・べートソン[ベイトソン:Gregory Bateson, 1904-80]がいる。
c0139575_1224333.jpg

ふたりが大きな役割を果たして米国で作り上げた諸機関が、後に政府政策を作成することになる。リースの友人にはクルト・レヴィン[Kurt Lewin, 1890-1947]もいる。

c0139575_12242938.jpg


レヴィンはドイツ出身のユダヤ難民で、ヒトラーのナチス党による支配が明らかとなったとき、ドイツを離れた。レヴィンは一九三二年にタヴィストックの所長となり、米国の第二次世界大戦参戦に向けて、中心的かつ決定的な役割を演じた。おそらくは人類史上最大の政治宣伝機構を組織して、それをドイツおよび米国民に対して活用し、ドイツに対する異常なまでの憎悪をかきたてた。

リースの発見は、病気の人間を治療するのに使うのと同じ心理療法のテクニックを、健康な大衆に適用して、病気にしてしまうことが可能だというものだ。一九三〇年代には、イギリス陸軍の兵士を実験台に使って長期間にわたる実験をおこなった。リースはそこからすすめて「タヴィストック流大衆洗脳テクニック」を開発し、後にはターゲットとなった国に適用して、変化を起こすのに利用した。

米国は、当時も今もタヴィストック最大のターゲット国だ。わたしたちは米国にいて、行動修正攻撃を過去五〇年あまりにわたって受けてきている。これは、わたしがカルト運動に関する著作で明らかにしたとおりなのだが、この深刻な危険に気づいている者はほとんどいない

リースはタヴィストックにイギリス陸軍心理戦争局を設立した。さらに一九三八年のチャーチルルーズベルト秘密合意(チャーチルが首相になる前だ!)により、イギリス特殊作戦執行部(SOE:Special Operations Executive)に、民間ルートを通じて米国軍の政策(=合衆国政府の政策)をあやつる方法を教えた。

この取り決めは今日もそのままだ。国を愛する米国人には受け入れ難いことだろうが、嘘偽りのない事実だ。この取り決めに気づいたことがきっかけで、アイゼンハワーは(タヴィストックにお払い箱にされてからだが)「軍産複合体」が手にしようとしている権力について、あの歴史的警告を発した。タヴィストックは現在、アイゼンハワーが大統領だったころよりもはるかに巨大な、米国への脅威となっている。(引用注:もちろん、日本もさんざんなめに)

ジョン・コールマン 300人委員会 凶事の予兆 第5章 タヴィストック研究所 世界をあやつる最重要神経中枢 p210-213 より

c0139575_1225643.jpg


参考

静かなる戦争のための沈黙の兵器
http://www.asyura.com/data002.htm


静かなる戦争は一九五四年、国際的なエリートによって宣戦布告された


認知的不協和・・・世界を理解するためのキーワード  デーヴィッド・アイク
http://www.davidicke.jp/blog/nl0128/
 より抜粋
c0139575_1226044.jpg

前略

認知的不協和」などというと小難しく感じるだろうし、知識人だけが理解する専門語のぼんやりした世界の産物だと思われるかもしれない。しかし、実はとても簡単なことなのだ。基本的には、相矛盾する二つの「思考」を同時に抱えることを意味する。

多くの場合、何か信じていることが、経験・情報・行動によって裏切られるという形をとる。認知(知識、自覚)の不協和(不一致)とは、円を四角にすることで矛盾を解消しようとする心の乱れから来る精神的/感情的な状態である。

多くの場合、これは自分自身に嘘をつくことによってなされる。あるいは、自己欺瞞と言ってもよいだろう。

つまり、「認知的不協和」は、信じていることと、行動や目の前の事実が、合致しないことから発生する内面のストレス状態である。この短い一文の中に、私は人類についての大部分と何故世界はこのような現状のままなのかという理由を語り尽くしている。人間は、慢性的な認知的不協和状態にあり、我々をコントロールしたいと思っている者は無情なまでにこれを利用している。

「もう聞きたくないから黙れ!」というのは、認知的不協和の一表現であり、認知的不協和を避けるための努力である。凝り固まった信念が自らの現実と矛盾する情報に直面したときに、何度も耳にする言葉である。

こうした言葉は、信じていることや理解していることが脅かされたときに、心の中で起きていることを表している。それはあまり良い気分ではなく、この不協和音こそが「認知的不協和」と言われるものである。この不協和とストレスを取り除くために、普通の人は、(1)それ以上調べることはやめて、矛盾する情報は間違っていることにして払いのけるか、(2)行動や信念を別の方法で正当化することになる。

認知的不協和の一般的な定義は次のような感じである。

「同時に保有している二つの認知に一貫性がないとき、認知的不協和の状態が発生することになる。不一致な経験をすることは不愉快なものであるので、人は自分の信念を変えることで(または、その信念を正当化する理由を変えることによって)不愉快さを減衰させるよう努める」

「認知的不協和は、信じていることや当然と思っていることが間違っていることを示す証拠を提示されたときに人々が経験する精神的葛藤である」

「同時に保有している二つの認知や心構えに一貫性がないとき、または、信念と表の行動に矛盾があるときに、形成される感情の状態である。この葛藤の解決は、態度に変化をもたらす根拠として役立つものと考えられる。思考様式が行動と合致する方向に徐々に修正されていくのである」

私としては、ここが一番重要なところである。「思考様式が行動と合致する方向に徐々に修正されていく」

別の言葉にすれば、自己正当化である。これから理由を述べるが、この問題を理解する上で極めて重要である。


「認知的不協和」という言葉を考えたのは、ユダヤ系アメリカ人の社会心理学者レオン・フェスティンガー(1989年没)のようである。

c0139575_12263416.jpg


フェスティンガーと認知的不協和を理解するためには、もっと広い文脈で考えることが大事である。彼は、「社会心理学」の創始者として有名なドイツ生まれのユダヤ人心理学者クルト・レヴィンと密接に連携しながら研究をしたことを強調しておきたい。むしろ、社会心理学というよりは、「社会工学」もしくは大衆心理操作と言うべきだろう。レヴィンはフェスティンガーの指南役であった。

c0139575_1227449.jpg


レヴィンは、ロンドンのタビストック人間関係研究所に主要な貢献をした人物である。この研究所は、地球上で最も高度な個人心理・大衆心理操作の研究・開発活動を行っており、その「哲学」は、オーストリアのユダヤ人ジークムント・フロイトの業績に多大に拠っている。

c0139575_12272979.jpg


タビストック研究所は公式には1947年に設立されたが、その研究は実際には他の名目でもっと昔から行われていた。この設立資金はロックフェラー基金によって提供された。その設立メンバーには、イギリス陸軍の心理戦争局の司令官ジョン・ローリングス‐リースがいた。優れた心理操作術を持ち、過去50年で最も活躍したイルミナティのエージェントであるヘンリー・キッシンジャーは、ローリングス‐リースの弟子である。

c0139575_1228090.jpg


タビストックは私が過去20年にわたって著作の中で光を当ててきた円卓会議ネットワークの心理操作部隊である。最近のニューズレターでもシャーミ・シャクラバティのような人物との関連で取り上げたところである。シャクラバティは市民的自由のための全国協議会「自由(Liberty)」の総裁であり、イギリスの市民権の公式な守護者である。彼女は円卓会議とタビストック研究所の両方とつながっているディッチリー基金の役員も勤めている。

シャクラバティが「共通の目的」という組織に貢献していることを今週知ったが、私には驚くほどのことではなかった。この組織は、政府機関、産業、「教育」、法の執行機関などの「リーダー」を養成している。その手法は、典型的なタビストック方式である。

タビストックは大衆心理操作組織であり、地球規模の「社会工学」の中心的存在である。その蜘蛛の巣は巨大であり、スタンフォード研究所、マサチューセッツ工科大学(MIT)、国際応用行動科学研究所、ハドソン研究所、ヘリテージ財団、戦略国際問題研究所、ランド研究所といったアメリカの研究機関ともつながっている。

現在では非常に発展しているが、この計画には、エリートの代理で社会を運営する役に立つバカを洗脳して育てる「研修と多様性」の組織の大規模ネットワークを構築する目的がある。「共通の目的」と同様に、政府機関、産業、「教育」、法の執行機関などに関係する人を養成するのである。

この計画のもう一つの目的に大衆に対する「社会工学」(心理操作)がある。両方の目的に共通なのは、認知的不協和の知見が、個人および集団心理的に常に利用されていることである。

認知的不協和原理の公式な創始者であるレオン・フェスティンガーが、地球規模の社会心理技師であるクルト・レヴィンと親密であったことは驚くに値しない。フェスティンガーは、レヴィンの下で研究し、レヴィンが1947年に死去した2年前に設立されたマサチューセッツ工科大学(MIT)の集団力学研究センターで助教授になった。

師である当時最新鋭の社会工学者クルト・レヴィンとの緊密で重要な経験によって、レオン・フェスティンガーは心理操作の原理について十分に理解していたはずであり、後に彼が公式な発見者として有名になる認知的不協和のこともずっと前から理解していたはずである。

続きはとりあえずこちら元記事

c0139575_12291774.jpg

c0139575_12293336.jpg

c0139575_12294734.jpg


c0139575_1230783.jpg

c0139575_12302174.jpg


おまけ
c0139575_123043100.jpg

c0139575_1231430.jpg

Neurotic Jews: Priests For A New World Order  Real Jew News
http://www.realjewnews.com/?p=166


参照

今日も元気か?プロザック
http://satehate.exblog.jp/7084981/


c0139575_12324143.jpg

            当面でも、6660ならぬ6000か?


そろそろ日本人も頑張らないと、買い占められて奴隷かもしれません。





c0139575_1233533.jpg

                       ↓                        
c0139575_1233328.jpg

                こうなるめもあるのだが。
[PR]

by oninomae | 2008-10-27 23:22 | イルミナティ  

<< タヴィストック:「世の中は変わ... 為替レートの混乱はキャッシュレ... >>